FC2ブログ

Unidentified Doggy Object (完結編)

患畜主Bさん
「ねえねえ うちの子可愛くなったでしょ うふふ」

あたし
「は? ・・・・かっ可愛いですね・・」
あたしの心の声
どーでもいいけど診察室で犬を放すなっ!!

患B
「きれいになったでしょ!すごいでしょ?わかる?」

あたし
「ほらほら、こっちにいらっしゃい 逃げない逃げない」
あたしの心の声
誰だかなんてさっぱり判んねーよ いいから早く捕まえろ!

ここでちょこまか動き回るちびっ子を御用
抱き上げようとしたら・・・

あ゛

涙のうれしょん・・
アタシノパンツニモクツニモクツシタニモー 


            010421DSC_2051.jpg


ちっちっちみはっ 


            052621DSC_1203.jpg

                     過去記事は画像をクリック 


ハゲハゲで汚らしくて気持ち悪いから捨てられたんだろうって・・
本当に可愛くなりました
性格も花丸
良かったね
もう痒くもないし心細いことも何もない
うれしょんの無礼は許してつかわそうぞ
それにしても  嬉しいなぁ  


               100421DSC_2052.jpg


                        100421hyogo.jpg




摩訶不思議な判決

(地裁、高裁の判事達は、2個以上の精巣があったと認定した)

提訴と裁判の経過

 平成15年7月3日、原告は、「被告獣医師が過去に行った去勢手術と停留精巣切除を実際に行っていなかったために、セルトリー細胞腫となって死亡した。として非異国獣医師に対して損害賠償を請求するために、東京地方裁判所に提訴しました。

 提訴された獣医師は、裁判が未経験のために所属獣医師会に相談し、弁護士を紹介されて公判が開始された。当初、大学が相手となるから絶対に負けるので、途中で和解に向けた方が良いと言われたために、被告の獣医師は落ち込み、ひたすら裁判が早く終わるのを願っていました。

 裁判は、数々の公判と大学動物病院の内科の獣医師と外科の獣医師の証人尋問、原告と被告本人による尋問があった。また裁判所の問いかけに対して、大学に外科手術によって摘出された腫瘍塊の全てが残存しているということから、それを鑑定することになりました。鑑定に先立ち、再三にわたってその現物を見せてくれるように依頼しましたが、その申し入れを裁判所は拒否しました。鑑定には、同じ大学の獣医病理学の教授と他の国立大学の病理学臨床系の教授が選任されて鑑定が行われ、平成17年9月1日付で鑑定書が提出されました。

 鑑定書は、両大学の両者が別々に鑑定したものではなく、一つの報告書に連名で署名されていました。その鑑定書には、残存していた腫瘍塊の肉眼的所見である形状、大きさ、重量、色調等の記載がなにもなく、手にとって精査した様子がありません。裁判号所に書証で使われた外科で撮影した摘出物の写真と組織検査から2個の腫瘍は、停留精巣(潜伏精巣)である可能性が高く、転移性の腫瘍性病巣ではない。と記されていました。

 この鑑定書について、某大学医学部の法医学部門の先生方に意見を求めましたところ、医学の常識では考えられないものである とのことでした。
 
 これらのことから、鑑定人二人の証人尋問を要求しましたが拒否され、鑑定からは一年後の平成18年9月8日に東京地方裁判所は、判決を下しました。

次回は 判決の主文


PageTop

仲良きことは良いことかな

ベンジャミンとわかちことごま塩です
詳細は上記ブログにて・・

            DSC05906.jpg


そしてこちらくるみ(カヤ卒業犬)とにゃんこ(新参)と今回譲渡決定のとろろ改めラムちゃん


                090930_2001~0001


本日のデブちーず 先ずは横綱


            100221DSC_2038.jpg        


こういう無駄な事ばかりしてますよ 


            100220DSC_2039.jpg


ある
大いにある!

そして比較的良い子にしている大関


            100221DSC_2041.jpg


二人ともオヤツの きうり が気に入ったようです




以下 皆さんに知ってもらいたいと思い5回に分けて掲載します
獣医師会の会員青木先生が2008年東獣ジャーナルに投稿された記事です(そのままコピペ)



摩訶不思議な判決
(地裁、高裁の判事達は、2個以上の精巣があったと認定した)


 平成19年9月26日、東京高等裁判所(控訴審)で判決があり、裁判官たちは、被告の獣医師が停留精巣(陰睾)も陰嚢内の睾丸も切除したと認定したにも関わらず過失があったとして、原告の約560万円の損害賠償請求に対し、約133万円の損害賠償金を支払えとする東京地方裁判所の判決をそのまま踏襲しました。この判決は、小動物臨床を行う獣医師にとって、今後大きな問題となり、災いの元凶となる可能性があるので、ご一考いただきたく報告させていただきます。

本事件の概要

 原告は、平成8年9月にラブラドールレトリバーの雄の子犬を購入し、他の動物病院でワクチン等の予防や診療を受けていました。その際、右睾丸が陰嚢内にあり、左側は腹腔内に停留していたと確認されました。

 平成12年1月28日、原告は被告の動物病院に3才半になったこのラブラドールレトリバーの睾丸摘出手術を依頼しました。依頼された獣医師は、陰嚢内の右睾丸を切除し、開腹手術により腹腔内に停留していた左の睾丸を摘出しました。その後、予防や検査等でそのまま被告の動物病院に継続的に通院していました。

 平成15年3月15日、患畜が1ヶ月前より体調不良となり食欲、元気がなくなった等で上診され、血液検査で激しい貧血(PCV12%)と低アルブミン(1.7g/dl) が認められたために、詳しい検査と処置が必要と判断したので、被告の獣医師は以前から時々依頼していた国立大学の動物病院を紹介しました。

 3月17日、原告は、患犬を大学動物病院に津rていき内科で診察と検査を受けました。その結果、激しい貧血のみならずWBCと血小板もごくわずかであり、更に腹腔内に2個の腫瘤が認められたために外科に転移された。

 3月19日、開腹手術によって腹腔内から直径10cm大の腫瘤と左側の尿管を巻き込んでいた腫瘤(5cm大)と左腎と一緒に摘出され、さらに腫大した腰椎リンパ節も切除された。同時に骨髄穿刺が行われRBC系、WBC系、巨核球系の全てにおいて低形成であり、リンパ球、プラズマ細胞がわずかで脂肪髄のような感じであったとカルテに記載。患犬は、輸血と手厚い治療で命を維持していたが、術後16日の4月4日に死亡しました。

 原告が、予約をしないで大学の動物病院に直接行ってしまったために、大学動物病院から被告の動物病院にクレーム電話があったのみで、紹介した患畜の検査結果とその後の病状や処置について一切の説明がなされなかった。原告が、被告動物病院に対して誹謗中傷をしているのを知った被告獣医師は、4月1日に大学に問い合わせをしたところ「両側性の陰睾丸の腫瘍で手術したが、今重篤な状態である」と告げられた。執刀した獣医師に説明を求めたところ「両側の停留していた睾丸がセルトリー細胞腫になったもの」とのことで他の説明は一切なされなかった。「去勢してある犬が何故二つのセルトリー細胞腫があるのか」、「紹介した患犬の検査結果、手術や治療経過等の説明がなかったのは何故か」との問いに対して「裁判に備えて何も話せない」と説明を拒否しました。


次回は 提訴と裁判の経過 /strong>

当ブログ参考前記事 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-207.html

停留睾丸ってよく 片睾丸 って言われる
大型犬で停留睾丸は多くないし、まして両側とも停留していた患畜なんて・・・あたしは

                         1003221hyogo.jpg


PageTop

3k昔話 東大の巻

むかーしむかしその昔
去年だったか一昨年だったか・・・それも忘れた
関連過去記事が探せない 笑

こーんな事件がありました
(未解決

天下の東大
正確な名前は(調べてみた
東京大学動物医療センター
東京大学大学院農学生命化学研究所 
まぁご立派な名前

そこのセンター長?佐々木氏執刀だといわれる避妊手術の術後経過芳しくないの相談を受けた事件

実際にその患畜診てみて・・・

嘘でしょ?
これオペしたことないインターンがしたんでしょ?

ソレニシテモヒドスギル!!

ぐらいすごいオペでした キッパリ 
素人のあたしがみても絶対おかしいって思う域

まず縫合痕(術口)が10cm以上もある
開腹部以外にも鼠径部、意味不明、シンメトリーに2箇所各3cm以上に及ぶ傷(切開痕と思われる
なにこれ?
執刀医曰く タオル鉗子をかけた痕 だと・・・ 
は? ひぃ? ふぅ? へぇえええ ほぅうううう?
タオル鉗子ってこんなのです 


               1-025.jpg


これ皮膚に傷がつかないように工夫されてできてるわけでこんな傷痕になるわけない
あたしの常識ではアリエナイ 


               092821DSC_0110.jpg


            092821DSC_0107.jpg


腹筋(正確に言うと腹膜と腹筋と筋膜)を縫合している糸が皮膚を突き破って穴が開いてるの
執刀医 これは吸収糸(溶けてなくなる糸)だと主張
使った糸の説明書が何とFAXで何十枚も患畜主に届く
それを患畜主から転送されて思わず途中でFAX止める 怒
トナーがもったいない!!

吸収糸だったらもう暫く様子見て待ちましょう
なくなる筈だから・・・
でも なくならない  いつまでもあって皮膚を突き破るから待っていられない
仕方がないので再手術です

開けてビックリ玉手箱
術後2ヶ月以上経ってるのに腹筋ついてない・・コワヒ

不妊手術は一般的に 健康な状態で受けるものであり術後は健康な状態で退院するのが基本 
でも これって手術で死ななくて良かった  悲しいかな、そーいうレベル


            092821DSC_0120.jpg


ねぇ東大の先生たち  あんたら一体この子達に何したの? 

全部抜糸して穴開いたところをきれいに処置して縫合し直す
普通の避妊手術の何倍も大変 

取り出した糸を東大が主張する この会社の糸だ! と指定したメーカーに送り鑑定してもらう
あのね 
違ったんですよ これが・・・笑

当社の製品(吸収糸)ではありません

更に詳しく調べてくれてポリプロピレン糸だと判明確定

待ってたって一生なくならないっつーの

もう1頭同じオペ受けた子も開腹 抜糸 縫合し直し・・・あんぐり

こんな酷いオペでその費用が莫大
それも最初の見積金額より全然高かったそうな・・・

縫合糸の不思議事件、この事実が判明し弁護士のもとよりどういう事なのか説明が欲しいと連絡すると費用負けるから払ってくれときらしい なにそれ???
それにしても何で判っちゃう嘘吐くわけ? バカ丸出しじゃん

訴訟になるのかならないのかハッキリするまで当院で行った手術費用は浮いたまま
なんかその後どうなってるんだろう 
もしかしてもしかするとこのままか   笑

この傷より小さい傷でまともに避妊手術はできない
この傷より小さい傷でできるのだったら見てみたい

そう言ったそうです>執刀医

いつでもいいから見に来い!
それから、その時はこの傷より大きいものを探す方がよほど難しい そう断言しました キッパリ

でもすごいの今日発見!

ここから今日の出来事 3k日記 

避妊手術に連れてこられた自由猫ちゃん
いざ手術とお腹を刈ったら・・・


            092821DSC_2003.jpg


            092821DSC_2004.jpg


            092821DSC_2009.jpg


避妊手術に限らず 
可能な限り傷は小さい方が文句なく良いに決まってます キッパリ

町医者はこうして日夜技術を磨き少しでも患畜に負担のないよう短時間で完璧な手術ができるよう頑張っているのだ

だのに大学ってなに?
独立採算制になって経営苦しいのは判るけどもっと前向きに何とかならないの?
プライドってないの?
不妊手術なんて基本中の基本でしょ?
痛み止めにモルヒネなんて使うなよ
ありえないっしょ 普通

ちゃんとした人も沢山いるんだとは思うけど(思うというかそう願いたい
一事が万事っていうよね
単なる避妊手術よ 避妊手術
これでこれだよ この顛末でしょ?
他の手術どーなってるの?
明らかにおかしいんだからおかしいって思ってる人いないのかな>東大の動物病院、外科の中で
思ってる人がいないんだったらすっごく怖い
あたしは自分ちの子をこんな病院でなんて絶対診て欲しくない

こんなことが罷り通ってるって通させてるほうも変くない?

兎に角ね
あたしは高度医療が必要と思われる患畜を今のところ東大には紹介しない 絶対しない

なんで東大受からねーんだよってくわがた王子に詰め寄ったけど、受からなくて良かったかも
あたしの中で・・・
                        092821hyogo.jpg


そうだ!
スカーレットのパパちゃんは東大医学部卒、人間の医師だった
今度この話してみよっと!!

PageTop

仰天判決 東大病院が変!!

事のあらまし

5年以上前、とある飼い主が飼った大型犬 ♂
当初罹っていた動物病院にて片睾丸(停留睾丸)だと診断される
             
それから数年後新たに罹った動物病院で去勢手術を行う
腹腔内に停留した睾丸も開腹手術にて摘出する>2コの睾丸
             
数年後具合が悪くなり、去勢手術をした同病院にて治療を行うが芳しくなく・・・
             
東大(東京大学動物医療センター)に転院
             
何故かセルトリー細胞腫と診断 開腹オペ 術後体調復帰せず死亡に至る
注:セルトリー細胞腫とは簡単に言うと睾丸が腫瘍化する疾病
             
去勢手術を行った獣医師を飼い主が告訴する
             

裁判の結果
告発された獣医師が 去勢手術を行ったことは認めるが(睾丸を2コ摘出したこと) セルトリー細胞腫だという東大の内科と外科結託して出した診断を支持
獣医師は敗訴 飼い主に対する慰謝料他支払いを命じられる

どうよ これ 
大問題じゃない 

多分去勢したって知らずにオペしたんだろうな
じゃなければ理由にならない
一度セルトリーだって明言しちゃった手前引くに引けなくなったんだろう

こんな裁判が罷り通って前例として残ってしまったらこれから先一体どうなっちゃうの?
何が問題ってこれ、睾丸が4つありましたってことですよ

そんな馬鹿な・・・
睾丸が4つって・・・そんな馬鹿な~っ!!
変すぎじゃねえ?

これから動物病院は去勢手術をするとき飼い主に

「睾丸が4つある場合があります。万全を期すなら通常のオペで睾丸を2コ摘出した後に開腹して腹腔に残っているもしかしたらあるかもしれない睾丸を探す必要があります。オペ代は通常の去勢費用+αで○○万円です。」

いちいち説明せんといかんわけ?

おかしいじゃん
じゃあセルトリー細胞腫で摘出した睾丸見せろ(証拠物件として提出当たり前)よ 
見せないんですこれが・・・一体何を取ったんですかぁああああ???


この夏のこと・・・
東大で飼い犬の避妊手術を受けたAさんに診察を依頼される
当初提示された金額を遙かに上回るオペ代
金額のことなどは二の次で、術後の回復があまりにも悪い状態を相談
傷口は内臓を全部探ったんですかと言うくらい大きなもの

何が悪いって腹筋を縫合した糸が皮膚を破って数カ所突出 んで化膿
東大の説明では吸収糸を使っている(溶ける糸)とのこと
口頭ではなく文章にて使った糸とメーカーを明言

いくらなんでも執刀医が提示してるんだからその通りなのだろうと信じてずっと溶けるのを待つが溶けない

仕方なく開腹して抜糸
2ヶ月近く経っているのにまだ傷がついてなかった 驚愕

縫合のし直し
その腹筋を縫合していた糸を直接メーカーに送り問い合わせる
メーカーも真摯に対応してくれ特別な検査機関に検査を依頼
その結果は以下の通り

「これはポリプロピレンで溶けません。当社の糸ではありません。」

これってどうよ?
どうですか???

あ り え な い

こちらも訴訟になりそうだけど、睾丸が4つあるなんてごり押しするような裁判官に当たったら、勝てるはずの裁判も危ういよねえ

うちでの避妊手術の術口は2cm
東大での術口10cm以上
んで
「この傷より小さい傷でちゃんと手術する獣医師がいたら見てみたい」
と文章にしてほざいてます
呆れて二の句が継げない
遠慮は全く要りません!いつでも見に来なさい

東大だよ
東大
天下の東大ですよ

みんな信じて診察受けるんだろうに・・・・・

                        1221hyogo.jpg




PageTop