アレクセイと泉

是非みなさんに観て頂きたい
画像をクリックすると動画に飛びます 


            imgArekusei.jpg


ロシア連邦、ベラルーシにある小さな村
そのブジシチェ村は地図から消された村だ
1986年に起きた不幸、レベル7、チェルノブイリ原発事故による放射能汚染のため集団移住を強いられた町である

村人600人余り、その中55人の老人と1人の若者アレクセイが町に残った
「キノコを食べると医者が身体に悪いって云うんだ」 
そんな説明漠然としすぎ
彼らにとっては放射能汚染がどういうものでどんな影響がありそれがどう恐ろしいのか知る由も必要もないからだと思った

ずっと長い間彼らの生活を支え続ける泉、彼らの全てであると云っても過言ではない泉
その泉の水を汲むアレクセイ
ドキュメンタリーの始まる場面も終わる場面も同じくその姿が映る

語り部は唯一若者のアレクセイ
慎ましやかに堅実に優しく温かく力をあわせ助け合い暮らしている村人達の毎日
四季を通しゆっくり過ぎていく時間が魔法をかけたようなテンションで語り綴られていく
目を閉じれば直ぐそこに彼らの生活が感じられる錯覚に陥ってしまう
ただ淡々と 淡々と・・・ 
そんな不思議なノンフィクションドラマ

生活に必要な食材を始め村の至る所から検出される高濃度放射能
何をとっても検出される放射能がなぜか泉からは全くみつからない
命の水は蕩蕩と沸き村人やアレクセイを生かし続けていく
今日も明日もそしてこの先ずっとずっとアレクセイは泉の水を汲み続ける

馬、豚、ガチョウ、鶏、犬、猫そしてカエル
彼らは単なる家畜ではなく大事な家族の一員
彼らに敬意を払うアレクセイが神々しかった
アレクセイが愛する彼らの命もキラキラ眩しいほど輝いていた

アレクセイ
あなたの心根の優しさを半分で良いからみんながもてたら・・・
きっとこの世界から戦争そして核兵器はなくなることでしょう


あたし達の生活は電気が溢れガスもあり勿論水道もある
不便なことなど何1つない
不便がなくてもいつも不満だらけ

心の豊かさはどうだろう
アレクセイの100分の1も満ち足りてないような気がしてならない

白銀の原野の中、犬と無邪気に戯れるアレクセイ
雪車を引く馬がその光景をジッと眺めている

あたし 
胸が込み上げて抑えても抑えても涙がいっぱい出ちゃってて止まらなかったよ

アレクセイ
あなたの心はこの雪原のように真っ白

アレクセイ
放射能でさえ寄せ付けぬそんな汚れなき泉
あなたはきっとこの不思議な泉の化身なのでしょう

                         050423hyogo.jpg


上記ドキュメンタリーは日本の作品
この作品が出来て10年足らず
日本はチェルノブイリと同レベルの事故を起こしてしまった


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する