大切な人に伝えて下さい

何故か理由がわからねどあたしはDちゃんと2人で川越街道を自転車で走っていた
左手遙か遠くが急にパッと明るく光った
自転車を止めその明るい方向をみるとドドーンという音がして真っ黒なとてつもなく大きいキノコ雲が見えた
ついにメルトダウンして爆発したか・・・

あたし
「Dちゃんまずい 逃げないと!」
とDちゃんを振り返るとDちゃんの髪の毛が1本もなくなっているではないか
愕然とするあたしをDちゃんが指さし
「ゆこちゃん頭がっ!」
え?
もっと酷いことになっていた あたしのあたま 

ひいいいいいいいいいいいいっ

その叫び声で目が醒めた

原子力の研究者が原発に反対するわけ
長い動画ですが絶対見て下さい
画像をクリックすると youtube に飛びます 


            040423WS000000.jpg


あたしが気になったところをちょっとピックアップ

広島原爆に使われたウランの量800g
1年間100万キロワットの電力をつくるため使われるウランの量 1トン=1000キロ=1000000g

異常に巨大な天災地変又は社会的動乱災
東電
はじめから免責
つまり地震が起きて原発が破局的自己を起こしたとしても電力会社は責任を問われない

原子力推進派がとった対策
原発を都会にはつくらないことにした
原子炉立地審査指針
1.原子炉の周囲は、原子炉からある距離の範囲内は非居住区域であること
2.原子炉からある距離の範囲内であって、非居住区域の外側の地帯は低人口地帯であること
3.原子炉敷地は、人口密集地帯からある距離だけ離れていること

電力会社が原発を進める理由(電気事業法が利潤を決める)
原発は建設費が高く建設期間が長く核燃料を備蓄すればそれも資産となり、研究開発などの特定投資も巨額でそれら全てが利潤を膨れ上がらせる


                 0404231.jpg


2000年度の「原子力安全白書」
多くの原子力関係者が「原子力は絶対に安全」などという考えを実際には有していないにもかかわらず、こうした誤った「安全神話」が何故つくられたのだろうか?
その理由としては以下のような要因が考えられる

1.外の分野に比べて人名に関わる事故が発生しなかった安全の実績に対する過信
2.過去の事故経験の風化
3.原子力施設立地促進のためのPA(パブリックアクセプタンス=講習による需要)活動のわかりやすさの追求
一般ピープル騙しやすいと言うこと
4.絶対的安全への願望


                 0404232.jpg


おい
この大嘘つきで腹黒い金の亡者
そう 原発推進者達 よ
この世の中絶対なんて


                        040423hyogo.jpg


                  0404233.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

下の文は、昨日の朝日新聞の「声」欄のフリーライター佐々木さんの投稿です。

「大丈夫?」って聞くと、「大丈夫」って言う。「安心していい?」って聞くと、「安心していい」って言う。「心配ない?」って言うと、「心配ない」っていう。それでも不安になって「安全なの?」って聞くと、「安全だ」と答える。聞き間違いでしょうか?。いいえ昔から。

公共広告機構(AC)の金子みすずの詩「こだまでしょうか」を東京電力の場合に置き換えると、あまりの空虚さに憤りを覚える。いま必要なのは、正確で正直な情報を余すところなく公表することだ。経営責任より優先事項は住民の安全確保だ。「心」は見えないけれど、「下心」は見える。「思い」は見えないけれど、「思い上がり」は誰にでも見えるのである。

今の私の気持ちを代弁してくれているように思いました。

はな | URL | 2011年04月05日(Tue)14:03 [EDIT]


http://blog.zaq.ne.jp/achikochitei/article/2180/

「熊取六人衆」といわれる反原発のドキュメント放送です。

はな | URL | 2011年04月06日(Wed)10:53 [EDIT]


e-250はなさん
今日の日記にあげさせて頂きました
いつも色々教えて下さってありがとう

管理室 | URL | 2011年04月06日(Wed)22:46 [EDIT]