昨日に続く なんだかなー

その1
今日もね
来たのね
スルメ検査


その2
去勢オペに連れてこられた小型犬

飼い主
「故あって途中から来た子なんですが咬むんです」

去勢とともに犬歯の先も研磨することに相成る
歯石も着いていたから研磨の前に処置するため開口器をかけようとしたら・・・

いっっっっっっっっったああああああああああああああい!!

ガッツリ咬まれた・・・


               P2009_1223_010936.jpg


院長
「何やってんの? 咬んだら放さないって言ってたジャン 飼い主さん」

放してもらって良かった
穴開かなくて良かった
でも今も腫れてるは痛いは指の先に心臓の一部が移動したみたい
ずっきんずっきん 


その3
カヤ真友Mちゃん来院

Mちゃん
「ゆこさん、なんか外に変なモノありますよ」

なんだこれ?

あたし
「・・・なっ生ゴミ?」

ちっちっちがう
これ
芋だよ 芋 


その4
夜試験切開のオペ終わってから友達と会う
その名もアリス

不思議の国から来た妖精みたいだからあたしが命名

アリスは本当に動物のことを真摯に考える人で・・
動物愛護活動私の先輩でもある Special Lady なわけ

車にて待ち合わせ場所まで移動中に電話

アリス
「たいへーん デニーズがなくなってるの!!」

っつーわけでその近くの他のファミレスに急遽変更
そー言えばデニーズの前はこのファミレスでよく会ってたよね

当時の話(かなり前
ドリンクバーは今と異なりそれ専用の容器をお店側から用意されてた

だのに水を入れる小さなコップに何やらジュースを何度も入れてくるアリス

あたし
「ちょ・・・あのさ、ドリンクバー頼んでないでしょ?」

アリス
「??? だってドリンクバーでしょ? おかわり自由でしょ?」

そーいう問題じゃなくて・・・

タダで飲んで良いと思い込んでいたアリス
ただ美しく可愛くお伽の国に生きる妖精のような風貌からそう呼ばれているわけじゃあないわけだ

そんなアリス
色々愛誤なオバチャンたちにいいように利用されてるような話を聞いて・・・


その5
上記試験切開
患畜は無茶苦茶良い子 可愛い猫
ちょっと前から急に痩せだしたと来院
触診にて腹部に何やら異なものを確認
摘出できるものだったらと期待をかけたが・・・
麻酔かけて開腹そしてチャック 時間にして10分程度
その異なものはリンパの腫瘍で腸間膜全域に数え切れない程沢山小さな腫瘍が転移していた

対処療法で残された時間を有意義に過ごしてもらうしか術がない
大学とかに紹介したらきっと喜ばれるだろう
珍しいケースだから(実験材料になるってこと
でもとても勧められないしきちんと説明したら望まないだろう@飼い主さん

アリスと別れて帰ったらもう全然元気になってご飯まで食べてウンチもチッコも沢山しててご機嫌だったよ
いつまでこんな風かな


            122321DSC_2428.jpg


悲しい
無性に悲しい
助けてあげられなくてゴメンね
優しくすり寄ってくる彼をずっと撫でていたら涙出た


                     122321hyogo.jpg

                

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する