撃沈の日

先月 ワクチンを打った患畜が接種後3日経過してから体調が崩れたと来院
ワクチンを打ってすぐアレルギー反応が起きて具合が悪くなる場合が稀にある
が3日も経過してとのことなので直接ワクチンが原因だとは考えにくく一時的に体調を崩したのが重なったのかと治療処置
が一向に良くならない
血液検査の結果も異常がなかった

完全室内飼育で異物を飲んだ形跡もない

日に日に弱っていく

何故?

メーカーに問い合わせ相談しても勿論ワクチン=原因と確定できるはずもなく、力一杯の治療も空しく今朝未明亡くなってしまった

まだ若いのに・・・

こんなこと初めてだ

飼い主の方の身になればあまりにもあまり
ありえない
あたしが飼い主だったら絶対怒る
怒るっていうかもう大変になって収拾がつかない状態になると思う

ワクチンを打つまで元気だったのに突然こんなことになるなんて絶対納得がいかない
どんな説明をされたって納得できるわけない


ずうっときちんと健康管理怠らず可愛がり大事に大切にしてきた方達だよ
もうお詫びの言葉なんて見つからない

病気にならないように打ったワクチンの筈なのに・・・
兎に角今まで例がないからなんとも言いようがない
だからといってこういうケースがあるからワクチンは打たない方が良いかといえばそれは絶対にNOである

うーん
悲しい
辛い
苦しい
とても飼い主さんの顔を直視できない

荼毘に付した足で治療費の支払いに寄ると連絡が・・・

いないほうがいい
いいや
いるべきじゃない

退席が一番妥当 あたしの場合

良かれと思ったことがこんな最悪の結果
ミスがあったわけではないけどそんなこと理由にならない
尊く可愛く掛け替えなくそして大事な命がなくなってしまった理由になり得るわけがない


開業以来患畜主ともめたりしたことないけど今回はそうなるかもしれない
もしそうなっても真摯に受け止め謝罪し続けるしかない

徹底的に直接の死因を調べたい気持ちもある
けどとても提案できる状況ではなかった

結局院長が1人で対応

あたし 恐る恐る
「すごく憤慨されてたでしょ 憤慨より落胆だよね 当たり前だよね・・・何てお詫びしたの?」

院長
「健康を守ろうとして打ったワクチンなのに本当に申し訳ないことをしてしまったと話した
原因はわしもワクチンだと思うと言った」


流石院長だ
普通は原因がワクチンだなんて断定しないと思う
真意はわからないしメーカーだってこういったケースは絶対認めないと思う
誠意があるとかないとかの問題外だ

だのに・・・・
されど院長
だから院長だ

飼い主さんに於いてはどんな説明をされても無論納得なんていかないだろうし愛するものを失った悲しみがほんの少しでも癒えるわけもない
治療の甲斐無く為す術もなくただただ弱っていく愛しい子をみていたのは本当に艱難辛苦の想い・・察するに余りある
さぞかしお辛かっただろう

でも

これがこの子の運命だった 寿命だったと思い自分に言い聞かせます

そう言って下さった○○さんに心の底からお詫び申し上げるとともに○○ちゃんのご冥福をお祈りしています


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

患者サイドの…

我々だって、少しくらいはいつも覚悟した上で受診させてもらっていますよ。

院長「この歯も抜いたほうが良いけど、あごの骨が砕けるかもしれませんよ」

ゆこさん「まれに麻酔から覚めない場合があるから少なめにしておきますけど…」

僕「その歯は抜かないでおいて下さい、麻酔はお願いします」

こんな当たり前のやり取りの中でも、こんな弱っちい僕でも、いつも心の中では覚悟を決めて治療してもらっているんです。

予防接種によると思われる副作用で命を落とす例はヒトの社会でも新型インフルワクチンでも発生しています。

「このワクチン、やばそうだから販売中止にしたほうが…」なんてつい最近もありましたよね、被害者が出てから。

かといってワクチン接種率が低下するのも問題だから「天皇に接種してもらえ」みたいな手を使ってみたり。


みんな良かれと思って、ワンコのためにニャンコのために決断して受診しているし、いつも獣医さんも最善を尽くして下さっていると僕らは知っています。

勿論「ここの獣医は金もうけ主義だから」と忌避して、信頼できる獣医さんを選ぶことが僕らにはできます。

だから…「何があっても全てを受け入れよう」と覚悟して受診することができるんです。

で、言いたいことは「自分を責めないで」と。

ヤスノ保育園 | URL | 2009年12月01日(Tue)21:16 [EDIT]


人間界でもよくあることです。
親は、子どもを思い
飼い主は、我がわんこを思い
ワクチン接種の選択をします。
(犬はすべきだと思いますが人間はかなりの是非があると思います)
打つか・打たないか?
リスクについて、考える方とあんまり考えない方もいらっしゃるとは思いますが
打つ側で、患者の思いに寄り添って
そうやって思いやってくださる医者は少ないかと思います。
ゆこさんや院長のような
まっすぐで、患者に寄り添ってくれる病院は
とてもありがたいと思います。
悲しいと思います。
つらいと思います。
でも、どうぞずっとそのままのゆこさんと院長でいらしてくださいね。

ましゅ&まーじ | URL | 2009年12月02日(Wed)07:31 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年12月02日(Wed)09:24 [EDIT]


e-250園長
色々ご心配ありがとうございます
心にしみいるご助言感謝とともに享受
院長ですが、自分を褒めることだらけで自責の念なぞはなから彼の辞書にはありませんから心配ないと思いますw

e-250まーまーママ
温かいお言葉有り難うございます
そんなまーまーママに支えられてます♪

e-250鍵コメさん
貴重な情報ありがとうございました

遊子@管理室 | URL | 2009年12月14日(Mon)12:24 [EDIT]