Blood urea nitrogen

世の中シルバーウィークっていうの?
連休ですねえ
ずっと○○動物病院はやってますが何か? 

院長
「どうせ休みにしても来る人がいるし、○○さんちの△△も××さんちの□■もちょっと心配だからいいんだ 別に何処も行かないでしょ?」


どこかに行くとか行かないとかの問題ではない
気持ちの問題なんだけど ま そーね そーいうこと
休みだろうが休みじゃなかろうがやること同じ1日だ

なんか前から思ってたけどそれって空しいのう・・


んで今日の午前の診察中・・・

他院から転院してきた猫
尿道閉塞の処置がまずかったようだ
既に尿素窒素値が100over 急性腎不全
人間だったらもう間違いなくお陀仏の値です

もうちょっと早く来てくれたらな
できるだけの処置をした
後は本猫の治癒力に期待するしかない
クリクリお目々の可愛い猫で、具合悪いだろうに撫でたら優しく目を細め喉を鳴らし頬擦りしてくれた
頑張れ!



うちは過剰な診療はしない
苦しみや痛みを緩和はする
だが、明らかに回復が望めない状態での延命、積極的治療は率先して勧めないし行わない


でもふと思い出す
病院ジプシーして大学病院に行き着き匙を投げられたペルシャ猫
尿道閉塞 治療不能 
既に会陰切開術を受けていたが(陰茎の先を切開し広げ♀の陰部のような形にする手術)手術部位が狭窄してもうどうしようもない状態に・・・(狭窄する可能性が高いからうちでは滅多にしないオペ)
暫く腹部から直接穿刺し尿を抜いていたらしい
無麻酔押さえつけて、毎日だよ 毎日
可哀想に・・・
挙げ句には安楽死を勧められたが絶対したくないっての

いくら院長が頑張れると言ってもこれどーしようもないでしょう


その意気込み未だかつてないくらい凄かった
どんなふうになっても生きていて欲しい
絶対助けて欲しい

そこで行った処置は以下の通り

まず尿道は諦めざるを得ない為、新しく作る!!

小腸を尿道にするため切り取る
それを膀胱に縫いつけ雑菌の侵入をなるべく避けるためループする形に固定し、腹部に陰部を形成し出すというすげー面倒くさい手術

手術は成功

無論 物理的に 垂れ流し になる 

だからぁ術後のケアとか考えると胸張ってヤッタ――――(・∀・)――――!!っていう手術じゃぁないよね・・
多分というかかなりの高確率でそう長生きはしないだろうなっていうか直ぐ死ぬかも・・せめて退院するまでは死なないでぇ~みたいな・・・
その時既に10才越えてたしねえ・・・

だ か ら・・・
吐き気がしてクラクラするほどの手術代・・・もと取れてるのって程 安くて
だって大学とか他の病院での処置費がすごくてサラ金から膨大な借金しているとサメザメ泣くんです 飼い主がっ!

でもその子それから4年以上生きました
一応の天寿全う ありえない
生命の不思議
垂れ流し覚悟の人口陰部は自然に回りの筋肉が発達し踏ん張って尿を出すという神業チックな状態まで復活
心配された感染症にもタダの1度もならなかった すごすぎる

それから同じ手術は犬で1件
陰部にできた腫瘍をとるのに尿道まで一緒に取られちゃったワンコ
ありか
この子の飼い主はワーワー号泣しながら何としても助けて下さいって病院始まって以来初めてみる土下座
困ります、床そこ汚いです、頭を上げて下さい って肩に手をかけたら抱きついてきて・・
鼻水と涙がはんぱなかった・・えーんえーん 汚いよ~
だから良く覚えているっ!!

小さな小さなワンコだった
術後マナーベルトが手放せなかったけどしっかり5年、こちらも天寿を全うされましたとさ 


                         092021hyogo.jpg


                    shoptop.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うわぁ~!
やっぱり“私の”主治医は院長にお願いします~♪

マミー | URL | 2009年09月20日(Sun)13:40 [EDIT]


命をことほぐと書いて 寿命 と読む

我が家の17才になるコタ爺さん
肝臓の数値メチャ悪いし
時々 眼震起こしてヒックリ返り
獣医さんから あと何ヶ月 って云われてから
辛いであろう治療も止め
好きな物何でも食べさせて
抱っこで階段昇り降りの時
一時は18㌔もあったのに
あまりの軽さに涙 涙 

それから 一年八ヶ月
脚はままならないけど
元気 元気 
いまでは
余りの重さに 涙 涙

もちろん 完治している訳も無く
でも 自然に
お迎えが来るのを
これまた
自然に待つ事にしてます

ガン・こママ | URL | 2009年09月20日(Sun)17:19 [EDIT]


すごいですね...

動物の生命力! 人間のようにくよくよ考えないから
という説もあるようですね!?
毎回こちらの病院は破格のボランティア料金のようですが
それに加えて保護犬を預かっているというのは
心の大きい・広い院長先生なんですね?
動物病院の料金は自由診療という点で請求金額も制限なし。
幸い我が家のかかりつけ医も良心的で助かっています。

専業主婦 | URL | 2009年09月20日(Sun)20:39 [EDIT]


e-250マミー
言っておきます 院長に 笑

e-250ガン・こママ
本当にそうですね
命って不思議
お迎えが来るまでコタ爺がんばれ!

e-250専業主婦さん
病院の設備がすごくて人を沢山雇えば必然治療費もそれなりになります
これ当たり前
ただ技術が伴って欲しい
そう思います
良い主治医と巡り会えるって何か今の御時世稀有みたいだからラッキーですね!

遊子@管理室 | URL | 2009年09月30日(Wed)00:40 [EDIT]