インプラント

患畜主Zさんとの質疑応答@電話

最初の話はワクチンの話
そして狂犬病の話になってこれで終わりかと思ったら・・・

患Z
「避妊手術のことなんですが・・手術じゃなくて避妊できますよね?」

あたし
「ああ インプラントのことかな? うちではしたことありませんしこれから先することもないです」

患Z
「何故ですか?」

あたし
「避妊手術は子供ができないと言うことだけではなく犬の健康を考慮してするべきだと思っているからですよ インプラントは単なるその言葉通りの避妊 受胎しないように黄体ホルモン製剤を皮下に埋め込むわけです 却ってホルモンバランスが崩れて子宮蓄膿症などを誘発する可能性が高くなるんです 本来その疾病にならぬためにする手術ですから・・・インプラントはしません 」

簡単に言えば、インプラント避妊法は病気の予防には壊滅的になり得ないと言うこと
卵巣の機能異常が誘発する疾病(子宮内膜炎、蓄膿症、卵巣腫瘍、膿腫、乳腺腫瘍などなど)根絶の効果は全くないっつーこと

患Z
「でも・・・避妊手術は2匹に1匹は死んじゃうそうです 麻酔も怖いらしいですね?
そんなかけみたいなことはできないんです!!」

( ´,_ゝ`)プッ
って誰が言ったの?
ありえねーだろー!!


あたし
「そうですね 絶対ということはありませんからね でもですねぇ 開業以来当院では1回も1頭もそんなことありませんから・・・何方が言ったのかわかりませんけどそんなことはありませんよ 」 


やばい 

おパンツの中にノミが迷入した悪寒・・・
吸血された模様 


                       08242121hyogo.jpg

はぁ
仕事終わった
これからカヤっ子のお嫁入り搬送遠方まで行ってきます@お尻掻きながら・・・
お疲れさま あたし


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する