静注達人

うちの院長は静脈注射が上手い
その道の達人であると自負しても吝かではない

犬は 保定さえ出来れば 100%可能
大暴れして保定不可能なヤツは無理だけどごくごく少数のみ キッパリ

                1006c1cce320054574b3af16f9ba0913.jpg

シャイな猫は(飼い主が抑えられないシャーシャー猫パンチの君)ちと無理だけど大概は静脈注射完璧
勿論毛なんて刈らないし駆血帯もしない 
まず失敗しない ホント

どんなに細い血管でもフィーリングで不可能を可能にする院長 @本人談

ホントにね
見てるとすごく簡単にするわけだ



車で何時間もかかるほど遠くから血液検査にくる猫の患畜主Kさん
定期的に検査の必要があるため

引っ越した先7件動物病院を巡り採血出来たところが1件もないそうだ 
ホントカ?

いちいち麻酔をかけたり直視できない方法で抑える病院もあったらしい
血液を採るのにかける麻酔で猫が飛び上がり失禁脱糞という事も・・・・・
タイヘンダ!!

患Kさん
「あれはまさしく拷問です  可哀想で見ていられません !」

預かって採血という病院もありその場合は入院費もかかるしそれよりなによりどんな風に採られるのか恐ろしくて預けられないって・・・
ダロウネェ・・・・

患Kさん
「こんなに 簡単に 血をとってくれるのは先生だけです 
1日がかりでも来ますよ この子のためだ 


院長
「簡単って・・・いいや 簡単じゃあない んだ 大体これは技術の問題! あんだらかんだらうんぬんかんぬん・・」

んな話聞いてませって>患畜主@全般
話スダケ無駄w


                      hyogo_20090721191714.jpg


ナルちゃん 画像借りたよ 事後承諾でよろしく
友達が昨日教えてくれた>あたしの記事
グラマーに描いてくれてありがとうw



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

少数派の飼い主です。
いつも、ご迷惑おかけしてます。

>あたしの記事
… gooブログの頃でしょうか?
しかも、たぶん今のように親しくしてもらう前の記事ですよね。(スンゴク初期の頃)
どんな内容でしたっけ…?

yati | URL | 2009年07月21日(Tue)22:21 [EDIT]


e-250yatiたん
少数派・・・つーより極少数だにゃ

以下参照の事

そうそう!
先日、3k日記のリンクから、ダルメシアンのナルちゃんのブログ見ててうーんと古い日記に優子さんの出現を確認しました。
しかも日付が2006年6月6日と、666のダミアン君を思い出す日。(笑)
日記の後半に、遊子さんの絵が描かれていて、思わず笑いました!

http://blog.goo.ne.jp/yati_1972/e/7546bc573addbdb757af3581cb9e3366

遊子@管理室 | URL | 2009年07月29日(Wed)10:54 [EDIT]