Discovery

1年365日 束縛される日々 
あたしを束縛するのは・・・・ヤキモチ妬きの素敵な彼氏じゃあない 

帝国ホテル滞在者の散歩
院長が自ら行く事は先ずない
無賃滞在者に於いては絶対ない ない ありえない

朝寝坊も 丸1日なんも気にせず出かけられる日も まして旅行なんて夢の又夢 とほい目
あたしの行動時間はこいつらの散歩と散歩の間に限られる 

コールは誰にでも良い子だったから甥にも散歩を頼めたが・・・
それに自立してたからDちゃんちに行った当日からもうDちゃんちの子
8年間 あたしなりに愛情かけてきたのに 何らお構いなし 
「あなたは一体どなたでしたっけ?」 みたいな・・・

でもね
凡とはまだ4ヶ月少々の関係論だってのに
あたしは嫌いなのに
彼はあたしが大好きです 

外につないでおこうものなら あれ あれです
分離不安ってヤツ?
この上なく悲痛且つでかい声で吠たえるわけです
思ワズ蹴リカ首〆シタクナルヨーナ

あたしを呼んでるの
犬舎 帝国ホテルはまさに自分の憩いの場
ケージのドアがあいていても出てきませんから・・・

ちょい前どーしてもの用事があって院長に1回だけ凡の散歩を頼む
一応引き受けてくれた院長 あたしの帰宅、開口一番
「こいつ いやだ わし」

散歩の途中で生け垣に顔をつっこむ

頭にでかいナメクジがくっつく

焦って小枝を拾い頭のうえからナメクジを払い落とす(院長はナメクジが大嫌い)

落ちたナメクジを食べちまう


ナメクジ如きで驚いたらいかんよ
凡の食べ物に対する執着は表彰もの

前の畑、もんじろう君宅のゴン(ラブ)にフィラリアの薬を投薬中、繋いであった凡の姿が見当たらない
なんと積み上げてあった赤玉土と腐葉土のビニールを破って無我夢中で喰ってましたから・・・
口の周り土だらけにして・・・

センターへ引取に行ったとき、よろけながら覚束なく歩く後ろ姿を見て 
ふうむ

初日預けて洗ってもらった訓練士のI君もまじまじと凡を見て 「やばいっすねえ」
やっぱり

レントゲンの結果は重度の椎間板ヘルニア 米国だったら完全に安楽死対象と太鼓判
そっか

長くないかもって筈だった

がしかーし
数日前2ヶ月ぶりにシャンプーしてくれた訓練士I君
「いやーびっくりしましたよ 元気になって・・・運動場でスキップしてましたよ スキップ」

ス・・スキップ・・・
まじ?

そう言えば滑って転ぶほど小躍りしたり、毛並みもツヤツヤしてきたし・・・
まじ?



さてみなさん
ドライフード完食後、食器のヌメリにお困りではありませんか?
洗っても洗っても洗剤なしでは到底落ちないこのヌメリ・・・
あたしはいちいち閉口してます

がね
ご飯に対する執着度マックスの凡はドライフードそのままだとガツって必ずゲロるんです
ゲロ防止に試し出したのがこれ



            062921DSC_1305.jpg


            062921DSC_1313.jpg


ふやけないように与える寸前にひたひたのお水を入れます
スープだと尚良い
これでゲロらず咽せず食器もヌメらず 一挙三得


            062921DSC_1314.jpg


            062921DSC_1315.jpg


            062921DSC_1316.jpg


                         062921hyogo.jpg


            062921DSC_1304.jpg


            062921DSC_1303.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

凡ちゃん(ー。-)親戚にフーチって子がいるでしょ

ナメクジを喰う犬を始めて見たと思っていたのでしたが、、
そーか執着かv-11

パピ | URL | 2009年06月29日(Mon)22:51 [EDIT]