FC2ブログ

昨日と今日のこと

後ろ足を引きづっているという猫が連れられてきた
飼い主はいない(一応)

明らかに骨折している
野良というけれどとてもきれいな猫だからきっと捨てられて間もない筈
交通事故だろう

取り敢えずレントゲンを撮ってピンニングのオペをするようになるだろうと思った

レントゲンの結果は・・・最悪
大腿骨多骨折、これだけだったら何とかできるけど、骨盤骨折そしてかなりずれてしまっている
うちではオペ無理
プレートも難しいし、これは骨盤のずれを修正して特殊な4点止めの器具を使って上から止める方法になるって・・
特殊な器具がありません

大学病院を紹介するしかない

電話で詳しく連れてきた人に説明する
一晩考えさせてくれって・・・


そーいうことになるでしょう

痛いだろうになぁ
でもご飯は食べてくれた

うちでできるオペだったらかなり大変なオペでもなーんてことないけど・・・
野良だしこういうケースは自分が拾ってしまったといつも思うようにしてるし・・・
でも・・・
大学でオペとなるといくら事情が事情と言えども治療費はかなりのものになるだろう

骨盤に何らかの後遺症が残る可能性も高いそうだ
そうすると便が出にくくなったり、それよりなにより、野良での生活は厳しいだろう


こういうときはもう考えるのをやめることにしている
じゃないと精神が持たない


そして今日
拾い主は何やら院長と暫く話し、しゃくり上げ泣きながら病院を後にした
そう・・帰って行ってしまった・・・

へ?
帰っちゃうわけ?
( ´・_ゝ・`)フーン
そーいうこった
嫌な役はいつもこっちかい

やだな
辛い
こういうのは本当に辛い
だからといって一時の感情に流されてもどーにかする力も時間もわたしにはない



私の腕の中でごめん
ホントは大好きな君のお母さんがよかったよね
暖かいね
苦しくないでしょ?
痛かったね
もう大丈夫だよ

今度生まれるときは・・・
そうだな
もっともっと楽しく生きられる所に生まれておいで


病院の庭に咲き誇る私の大好きなクリスマスローズ
沢山沢山入れましょう

写真のうpするほど無神経ではありません
でも動物病院ってこーいう事もあるんです

生きているだけが幸せか?
そうじゃないってこと目の当たりにする
自問自答の挙げ句叫びたくなる

きれいごとでもないし美談なんかでもない
ただひたすらにこれが現実

ほら
雨が降ってきた
きっと涙雨
君は私の子として荼毘に付したからね



昨日友達が
「ビリー頑張ってる?」
ってメールで・・・

どーみてもビリー所ではありません
完読ありがとうございました

200704111739000.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さっき病院に行ったけど、そんな事があったなんて全然気付きませんでした。
痛くて動けないまま外で死を待つより、湯子さんと院長に見守られて良かったと思います。
本当に、つらい事の多い職業だね・・v-406

とろ | URL | 2007年04月11日(Wed)18:57 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年04月12日(Thu)00:24 [EDIT]


自分がその女性の立場だったらどうするだろう。
1回ならいざしらず、2匹目、3匹目・・・
まだ答えが出せません。

マミー | URL | 2007年04月13日(Fri)12:01 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年04月14日(Sat)13:36 [EDIT]