FC2ブログ

真友 その2

          チャイ & インゼル 強化月間

             0332.gif     インゼルばなー


この世の中、ごくたまーに子犬は落ちている事があっても大人になった犬は早々拾えない

犬を飼う=子犬から

この方程式はごく一般的なものだと思う
行政が成犬を譲渡するシステム自体始めはなかった
行政に保護され飼い主が現れず引き取らなかった犬達は他の人に譲渡されるのではなく狂犬病予防法の下に処分される運命に決まっていたから・・・


世の中色々な人がいる
その色々な人たちはおのおの違った価値観をもっている
動物に対する価値観も千差万別


子犬から飼うメリットデメリット
成犬から飼うメリットデメリット
これも一概に こうだ と呈することは難しい

子犬の仕事、破壊、大騒ぎ、オシッコウンチタレ、も可愛くて可愛くてどんどんお互いの絆を深める理由になるケースもあれば・・・・捨てられてしまう理由になる場合もあるわけだからね

犬は野生動物ではなく人間の庇護のもとにしか生きられない
だから人間の勝手で犬の運命は決まってしまうと言っても過言ではないだろう


さて 昨日の続き

どう説明すればいいのか瞬時考え悩んだけど、ウソを言っても始まらないしウソはキライである
その日のその日だったから早く電話をせねばと受話器を取った

あたし
「へへへ ごめんねー!子犬って言ったけど違ったのだ。 だから今日はわざわざ来て頂かなくても結構です。そのうち絶対見つけるから気長にもちっと待って下さいね♪」

NさんちのK君(夫)
「どういうことですか?」

かくかくしかじか
経緯を話す

K君
「もうちょうど出ようと思ったところですから一応会いに行ってもいいですか?」


イイニキマッテイル!

そして実際に会いに来てくれた
千葉の彼女はかなり食い下がっていたけれど事情を掌握しているわたしは無理強いする気はサラサラなし

これからどうなるのか色々心配してくれたけどなんとかなるものだから全く気にしなくて良い旨説明し早々にお披露目会はお開き・・・


1時間後、Nさんから電話が来る
あー律儀な方だな
わざわざ断りの連絡なんて要らないのに・・・

あたし
「ごめんなさいね でも本当に大丈夫だから! 」

Nさん
「いや・・・あの・・・うちで良かったらって・・・」

あたし
「( ゚Д゚)ハァ?」

Nさん
「友達にも相談したんですよ そしたら
 『お前もらわないつもりだったらはなから行かないだろ普通、そりゃ運命ってもんだよ』 
そう言われましたし俺もそう思うんです」




どんな子でもいいんです

譲渡を希望する人ほとんどがそう仰る
どんな子でもいい
がそれは決して真実ではない

えーできれば若くて可愛くて・・・
お尻がきれいで一応の躾が入ってて・・・
吠えたりうるさくない子じゃないと・・・
生後5ヶ月までの子が希望です

とかね
全然 どんな子でもよくないんだろおおおおおおおお !!


隠しても隠しきれないお尻のハゲ
ボソボソの身体はガリガリで貧相この上なし

まさか子犬希望だったのに(それも子犬のために家を買ったのに)迎えてくれるとは思わなんだ

あ・・・Kくん
今更ながら無神経に ハゲハゲ って連呼した事どうかご容赦下さい 笑


幸運のチケットゲットのこのワンコ
虎徹と命名される(前から決めてたんだって


            1003001.jpg



こんな具合に虎徹が見違える程立派な家庭犬に変身した頃、とびっきりビックリ報告をNさん達から告られるあたし・・・・


                      1003hyogo.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する