FC2ブログ

怒 悲 怒 涙

このやりきれない気持ち
嗚呼 どう消化したらいいんだろう



午前の診察時間にエプロンに紫色ゴムの長手袋をした男が入ってきた

「犬が危篤なんです」


診察代の上に乗せられた犬は・・

既に意識は朦朧、いや・・ないに等しく横たわったまま動かない
便が絡みついて固まった尾
腰の部分にできた褥瘡にはお決まりの蠢く蛆虫
身体全体を覆う泥のような物体がポロポロ診察台や床に落ちた

目を疑うおぞましさ

ダニだ
何百?とんでもない・・・何千というダニ ダニ ダニ
大きいものは1cm、小さいものは1mmにも満たないダニが身体の至る所鈴なりについている


院長
「こっこれは・・・酷いな 酷すぎる・・・」

その男・・・何を言っているのかさっぱり判らない
困っているのか笑っているのかもわからない
そんなだらしない顔でシャンプーがどーたら危篤だのなんたらかんたら・・・

怒りでワナワナ震えながら犬の身体からダニを落とし薬匙でつぶすが、つぶしてもつぶしてもつぶしきれない
無駄だと判っても院長に制されても一心不乱にダニをつぶし続けた


院長
「もう意識もないじゃないか・・・可哀想に・・・」

ゴム長手袋にエプロン姿の男は決して若くはない
わたしより年上かもしれない
だが院長が自宅の電話を聞いて親らしき相手と色々話していた

この地獄のような苦しみから解放してやれる術はただひとつ
多分そうなるだろうと判っていた

許される許されない可能か不可能かは別とし、この男をぶっ飛ばし、わたしが引き取ったとしても、どんな手厚い治療を施したとしても助からない事は火を見るよりも明らかだった

風前の灯火
痩せこけた身体
蛆が沸きダニだらけの身体
ドロドロで素材が一体何だったのか想像もつかない首輪
係留してある錆びた鎖に脱着不可能に固定された悲しすぎる首輪

それがこの子の全てだった

グリニーズも ビスカルも
アキレスジャーキーも カルボーンも
ささみふりかけだってきっとこの子は見たこともないだろう

ドッグカフェ、ドッグラン、一緒にお泊まりができるレジャーリゾート
お日様のにおいがするブランケット、エアコンが効いて心地好い部屋
河原での水遊び、毎日色んな発見しながらする散歩
ボール投げ、歯磨きロープのひっぱりっこ・・・・

この子の記憶の中に、たったひとつでもこんなことがあっただろうか?




あたしは滅多に患畜主の前で泣いたりしない

でも今日はこみ上げる涙を堪えきれなかった


全身から お前が嫌いだ オーラを出すことは多々あっても面と向かって怒鳴ったりはしない

でも今日は院長の制止を振り切って
あんたに犬なんて飼う資格はない!もう2度と飼わないで下さい!

そうこれ以上低い声は出ないほど低く叫んだ


正に息絶えるとき、男は手袋をしたままの手でこの子を触った
ごめんよごめんよ
涙を流しながらそう言った

思いっきり グーパンチ で殴りたかった

その衝動と戦いながらあたしは首輪をハサミで切った
この子が生きている間中繋がれ続けた、そう・・ずっとずっと強いられてきた呪縛からせめてこの瞬間解き放ってやりたかった


眠らせたことが悲しくて泣いたんじゃあない
この子が今までどんな思いで生きてきたのかそれを考え泣けたのだ



この子の不憫さより病院が汚染されたことに怒りを抑え切れない院長を横目で見ながらお互い何も話さず院内の掃除に没頭
床にフロントラインも撒きながら、とってもとってもそこここに現れるダニをボーッと腫れた目で見ていた


この気持ちどうやって消化したらいいのか判らない

神様 教えて下さい





半開いたままだったけど・・・
とても可愛い目だったよ
思いっきり抱きしめてやりたかった


            912DSC_0172.jpg
                       912hyogo.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あぁ・・・・
もうなんと言っていいか 分かりません
なんのために生まれてきたのか・・・
悲しすぎます

虎ママ | URL | 2008年09月13日(Sat)11:04 [EDIT]


虎ママさんと同じで、言葉が出てきません。
生き地獄・・・

今度はうちに生まれておいで。一緒に幸せに暮らそう。

べりぃママ | URL | 2008年09月13日(Sat)14:36 [EDIT]


苦しくて悲しくて涙が止まりません
痛くて辛くて鳴きとおした日々もあったのでしょう
極限に置かれても狂うことすら許されず
それを横目に普通の生活が出来た人間を憎みます
最後の最後に病院に運び込む行為は
正気の人間のできることなのでしょうか?

柚子七味 | URL | 2008年09月13日(Sat)22:29 [EDIT]


言葉が言えたなら何と言っただろうか・・・
でも、こんな目にあっていても恨み事は言わないだろうね。
愛情の欠片もない飼い主にでも尻尾を振り喜びを表そうとする、それが犬です。

自分で飼い主を選べないとはいえ、君は不運な生涯だったね・・・
飼殺しの意味を、君の飼い主だった人に伝えたい。

花恋姉 | URL | 2008年09月15日(Mon)20:54 [EDIT]


e-250虎ママ
大声張り上げて泣きたかったよ

e-250べりぃママ
楽しいことをきっと知らなかったんでしょう
優しい顔をした子でした 号泣
今度は絶対べりぃママんちの子に生まれますよう

e-250柚子七味さん
考えると殴りたくなるので考えないことにしてます
本当に酷い
最後に病院に連れてきたと言うことが犬の為じゃなくて自分たちの為だったような気がして情状酌量の余地なんてサラサラありません
因果応報 そう言うことだと思います
でもね
きっとこの子にとってはクズみたいな人間でも最愛の飼い主だったんですよ
それがたまらないんです

e-250花恋姉
正にその通り
辛いよね

遊子@管理室 | URL | 2008年09月18日(Thu)11:23 [EDIT]


はじめまして。
いつもブログを拝見させていただいています。
ちょっと日が経ってしましましたが、気になったので書き込みさせてください。

飼い主がエプロンとゴムの手袋をしていたとありますが、魚屋さんとか、何か職業的にそういう格好をしていて、そのままワンコを連れて来たのでしょうか?
もしかして、もしかしてですが、犬を運ぶのに自分が直接触れないようにするためですか?

前にペット葬儀社の方に「自分のところの犬が犬小屋の中で亡くなっていて、火葬するのに小屋から出さないといけない状況で”私さわりたくないから、葬儀屋さんやってね”と言う人がいた」という話を聞いたことがありまして・・・
もしかして、今回の飼い主もその手かなと思ったのですが・・・もしそうだったらゲッソリするなと・・・・

フク姉 | URL | 2008年09月18日(Thu)18:21 [EDIT]