インフルエンザ

巷ではインフルエンザが流行っているようだ
みなさん気を付けて下さいね



今からウン十年前インフルエンザで入院した
入院なんてしたくなかった
生憎休日に高熱が出てしまい母が心配して身内に(リアル医師)電話で相談
大袈裟杉
腎盂炎だと困るから救急車を呼べと・・・


弟の汚いシミだらけの寝間着の上に腹巻きときたもんだ
焦って着替えようとオロオロしてると・・
ドカドカ救急隊員が・・・
「患者さんはどちらですか?」
早すぎます到着がっ


ピーポーポッポで救急病院搬入
アセアセで汗かいてたおかげで熱を計ると平熱に・・・

父と母は笑いながら速効退場

そっそっそんな・・・一緒に連れて帰って下さい!

おきまりの点滴が始まる

「おトイレは大丈夫?3本します。途中で取ってあげますけどね」

既に尿意は催していたものの取ってくれるんだったら途中で取って頂きましょう

がしかし・・・

取ってあげる点滴を取って(外して)トイレに行かせてくれる
取ってあげるその場で溲瓶にて尿を取る

01193342_s.jpg


500ccの点滴1本に1時間半
単純計算で4時間半

南無 

「溲瓶ですか・・・遠慮しておきましょう。我慢します。できます。いいえ我慢させて下さい」
「そう?大丈夫?我慢できなくなったら遠慮なく言ってね、お熱計りましょう・・・あ やっぱり上がってきてるわ、解熱剤しましょうね」

遠慮?・・・いいえ
もうあなたの声は聞こえていません

悶々といかに戦い抜くか思案中、突然布団がめくられ、戦闘態勢(膀胱を刺激しないようにくの字になっていたところ)の私のパジャマとパンツがズリ下ろされる

(((((つ´д`)つ アルェー

GSK900E.jpg


あっあなた!
お尻の穴触るのやめて下さい
ましてそんなもの入れるなんてひひっひっどい!!
(つд・)いたた・・・


この世の終わりだ・・・
茫然自失


ええい
こうなったら泣くぞ
泣いて泣いて泣きまくって水分をここからなんとか・・・

隣に入院中のご婦人が、そんな私に同情し、持ってきてくれたものは・・・
その昔お世話になりました おまる

GSKF6F2.jpg


「誰も見てないわよ、しちゃいなさい」

って・・・そーいう問題じゃないって!

一応ご好意を無下にもできずしゃがんでみるが出るわけがない
もっと苦しい状況に・・・

「でないっす」
「あら・・・顔が青いわよ・・震えてるじゃない いいわ、点滴持ってあげるからトイレまで歩ける?」

「あっあっ歩けます




翌日の事

「隣の男の人の病室は大変、朝から可愛い子ちゃんが入ってきたって大騒ぎよ!」

ふむ
病院で芽生える恋とかいうのもありか



いいえ
内科病棟にありがちな光景

どーみても還暦どころか喜寿過ぎのじいさんばかりです
本当にありがとうございました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する