FC2ブログ

真実を求めて

 
                 522黒ラブ

1.そろそろ蚊が出始じまりそうだ。早速フィラリア薬を飲ませなければならないな!
 
薬の効力は薬を飲ませてから1ヶ月あるのではありません。
今日飲ませたら今日までの1ヶ月間前から体内に入ってきた感染子虫をまとめて死滅させる薬です。厳密に言えば蚊が出始まったなと認められた1ヶ月後から投薬をはじめることでよいわけです。


2.フィラリアなんて怖くない、たいしたことないや。
 
フィラリア症は以前犬の致死率NO.1の恐ろしい疾病でした。
現在は予防薬の普及に伴いおそれるに足らないように思えますが、東京をのぞく関東近県ではその普及率も低く3夏を越すと30%程度の感染率が認められまだまだ恐ろしい病気です。


3.コリー種には選択しないフィラリア予防薬がある。

イベルメクチンという薬剤はコリー種に対し使用しません。
(カルドメックなど・・)

4.まだ蚊がいるみたいだけど、二十日前に飲ませたからもう今年は要らないな!
 
これも1に同じくです。
蚊の姿を見終わってから1ヶ月先の投薬が肝心です。


5.隣のフィラリア症に感染している○○ちゃんに咬まれちゃった!フィラリアがうつっちゃう!大変!!
 
フィラリアは咬傷事故では移りません。
あくまでも蚊が媒体になって感染します。


6.フィラリアにかかってしまった。もう死ぬしかない!
 
特別な例以外罹ったからと言ってすぐ死んでしまうことはありません。
心臓内の親虫の寿命は3~5年と言われています。
きちんとした予防薬を投薬することによって現状を維持し悪くしない(感染子虫を死滅させ親虫を増やさない)ことが肝心です。
20年前はヒ素を注射して成虫を殺したりしていましたが今はそのような治療は危険度が高すぎるのでしません。


7.うちの犬は大型犬だからちょっとくらい心臓に虫がいても大丈夫!
 
小さい犬は心臓も小さいです。
人間のように200キロある相撲取りと40キロのモデルさんがそう変わらない大きさの心臓でも犬の場合はセントバーナードとチワワでは心臓の大きさが全然異なります。
確かに大きな心臓に1匹成虫が入るのはたいしたことなくてもチワワの心臓に入れば重篤です。
が大型犬だからといって予防を怠ることはおすすめしません。


8.室内犬だから蚊に刺されないもの予防薬は要らないわ!
 
確かに室内犬に関しての罹患率は低いです。
でも万が一ということがあります。
フィラリア予防薬は飲ませて副作用があるわけではないのでその万が一を想定して予防は必ずしましょうね。


9.大変! 蚊に刺されてしまった! 蚊に刺されたら絶対にフィラリアになってしまう!
 
蚊のすべてが感染子虫を持っているわけではありません。
フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が危険なのです。
蚊の行動範囲は直径10~50mだと言われています。
その範囲内に感染している犬がいない場合は心配ないのですがね♪


10. 薬を飲ませていても心配、蚊取り線香は年がら年中焚いておきましょう!
 
薬は100%フィラリア症を予防します。
蚊に刺されるのが可哀想なのであれば仕方ありませんが却って鼻のいい彼らにはあの煙は酷かもしれませんね。
犬が蚊に刺される場所は目の縁、鼻の周り など毛のないところまたは薄いところです。
起きて動いているときには滅多に刺されません。
寝ているとき、ジッとしているときに刺されるようです。
感染している犬は結局自分で自分にどんどん蚊を媒体にして感染を酷くしていくという原理です。




            1522NEC_0020


            あ
            おはよう
            前の畑のもんじろう君


            2522NEC_0028.jpg


            3522NEC_0019.jpg


            4522NEC_0022.jpg


            5522NEC_0017.jpg


            6522NEC_0018.jpg


            7522NEC_0025.jpg


            8522NEC_0023.jpg


            9522NEC_0027.jpg


            10NEC_0026.jpg


            11522NEC_0024.jpg


            12522NEC_0021.jpg


            13522NEC_0029.jpg


                         522hyogo.jpg


                        

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

( ・ω・)∩ ハイ先生。
オナカの肉が象皮症みたいですが、フィラリア類が原因でしょうか?

ちょく | URL | 2008年05月23日(Fri)07:21 [EDIT]


いいなぁ、、、
コール君猫達と仲良くできて

フィラリアの薬については私も赤顔な経験が、、、v-15
フィラリアにかかった子にはず~~~っと年間通じて
お薬投薬と某獣医さんの言うとおりフーチに飲ませてました
遊子さんに教えてもらって助かりました。
その節は有難うございました。v-22

実家の御近所にゴールデンがいるんですが
全く御医者に連れていかず
散歩も殆んど無し
それでも可愛がっているつもりの人々
蚊取り線香焚いているから大丈夫派です。

とても賢い子で
私が毎週木曜日に散歩して(泣き落としでさせてもらってます)ついでに、フィラリアの薬を飲ませています。

私、思うのですが、獣医さんがフィラリアの薬を薦められるように法律を変えて、宣伝して欲しいもんです
せめてペツトフードの10分の1でいいから
そんで、もう少し値段下がらないかなぁ、、




パピ | URL | 2008年05月23日(Fri)23:30 [EDIT]


v-259ちょくたん
玉のはいった袋じゃなければ心配ありません
どーしても心配だったらモキシデックだと高くてもったいないので大動物牛馬豚用の注射を打ちますから遠慮なく言ってね♪

v-259パピさん
パピさん、きっと貴女の後には数多くの動物達が侍っていてパピさんのこと守ってるんだろうなって思います
値段はねえ
独禁法があって協定料金にならないのがみそだよね・・・

遊子@管理室 | URL | 2008年05月26日(Mon)10:26 [EDIT]