社会の窓

猫の尿道閉塞が来た
この病気は一刻を争う病気で、猫では(♂)致死率かなり高い疾病である

くどくど病気のことに関して書いてもここは犬飼の人が多く見ていらっしゃるようだから割愛する

一応閉塞した尿道をなんとか通し膀胱内に溜まったマグネシウムの結晶をできる限り洗い流す
酷い場合はカテーテルを尿道にいれたまま1週間程度尿を出しっぱなしにする処置をとることもあるが、今日の子はそこまでの必要は今の所なかったので入院なし

がしかし、これは体質が強く関与し引きおこす疾病なのでこれからの注意点など事細かに飼い主に話した
処方食しか与えられないことなども含めて懇切丁寧に話すわけだ

飼い主はミドルエイジの女性(判りやすく言うと おばちゃん ね)

こっちが真剣に説明してるのに・・・何故か下を向いて笑いを堪えている・・・
悲しくて泣いてるのでは決してないようだ・・・

ううむ

「あのですね、簡単だと思わないで下さいね。この病気は致死率高いんですよ?」

「はい・・・」

「おたくの猫もあと半日様子見して処置できなかったら危なかったっていうことです。」

「はい・・・くっくっく」

おい
何が可笑しーんだよっ!!
あたい頭に饅頭でも乗っかってるってかい

「危ないっていうのは、死んじゃうっていうことですよ?判ってます??」

「はい・・・くっく」

「あのね、なんか可笑しいですか?」

「あのう・・・」

「(゜Д゜)ハァ?」

「開いてます・・・開いてますよ」

??( ̄_J ̄)ん?
何が開いてるの?

って・・・
がああああああああああああああああああああ!!

またやってしまいましたっ

(以前温泉で土産物屋のおやぢに大指摘されたっけよう)

パンティーまで見えちゃって・・・
社会の窓がどん開きです!

どーみてもおバカさんです
本当にありがとうございました

GSK7E10.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する