FC2ブログ

Z の旅立ち

スカーレットの Z は昨夜天使になった

早かったな
2日はもつと思ってた

できる限りの治療を施し、夜連れて行く車の中、ずっと抱っこしていたんだけどまだまだ生気を感じたからこんなに急に逝くとは思わなかった

独立している息子達も急遽駆けつけ、家族全員に看取られ天国へ召された

スカーレットは 私たちのおかげだっていうけど そーじゃない
Z がそうしたんだと思う

朝、電話で症状を聞いて懸念したとおりの病気
大動脈栓塞
オペは今まで3頭したけど助かった子はゼロ
猫の大動脈を切開して栓塞物を出すんだから無茶苦茶細かいオペ
切開した血管を縫いつけるのがまた至難の業
プレッシャー強いからどんなにしっかり縫合したつもりでもピューピュー血が出る
そんな苦労して栓塞している部位をなんとか修復させても栓塞させるものすべて取り除かない限りまたすぐ詰まる
多くは心内膜が剥がれ落ちたモノみたい
オペしてそのまま亡くなるより残された時間をまったり過ごす方がよいともう何年も前に決めた

この病気、そう多くはないんだけど・・・
まさかそんなに珍しい病気にかかるとはね

普段からもっと体重管理をしておけば・・・なんてのは後の祭りで全然建設的でないから言わない


徹夜続きで昨夜はZをずっと抱いて仮通夜をしました。
穏やかな良い顔しています。
母猫Nが二日目に産んだ二匹のうち一匹は死産 残ったZも小さくて 弱々しく 何度もNはZをくわえ部屋の隅に捨ててしまうのを 先生が母猫のオシッコを体中に付けなさいと教えて下さりやっとお乳を飲ませてもらえました。
 ←初耳

手足の指が一本づつ多くて 欧州では幸せを呼ぶ猫と言われてるそうだけど 先生に切って頂きました。 ←更に初耳

あんなにおデブになるなんて思ってもいませんでした。
甘い物好きで甘納豆の箱の中に入って食べていた事もありました。
可愛くて 楽しくて沢山笑わせてくれて 幸せをいっぱいくれたZに ありがとうの言葉しかありません。
一緒に暮らせて幸せでした。



Z は逝ってしまったけど、代わりに 赤丸ねずみ が帰ってきたそうな・・・orz

                              0303hyogo.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する