FC2ブログ

不思議な最期

 
先月中過ぎ頃転院してきたDちゃん
(親友Dちゃんじゃなくて患畜ワンコのDちゃん)

うちで治療が始まって数日経過
たったの1回だったけどずっと下痢だったのに良いウンチが出たって喜びの報告をもらってちょっと安心したばかりだったのに・・・
容体急変、院長が夜往診に行った

ぐったりしていた筈のDちゃん
喜んで玄関まで院長を迎えてお部屋に誘い、布団の上に座った途端 ぱたんと横になって絶命した

驚いた
そんなことがあるんだ

今日飼い主さんがご丁寧に来院下さった

大好きな先生をお迎えして、大好きな自分のお布団の上で亡くなって・・・
Dは幸せでした


ハッと目を見張るまるで女優かモデル?みたいに美しいママ
キュートでパッチリした大きな目から涙が流れた

お力になれずに申し訳ありませんでした
それなのにそんな風に言っていただけて感無量です

Dちゃん
長い治療は辛かったね
毎日お腹が痛くて可哀想だったね
もっと早く診てあげられたら・・・
ごめんね
助けてあげられなくて

まだまだ生きられた若い命
あなたの笑顔は本当に可愛かった

優しいパパとママにこんなに愛されて幸せだったよね
捨てられっこばっかり見てるからそう思っちゃうよ

天国からどうそ家族のみんなを見守って下さい
Dちゃん 安らかに・・・

    Donna s


私の死を悼んで泣くのは止めてください
あなたの頬を伝う泪を今はもう舐めてあげられない私です

私の首輪を胸に抱き私を想い泣くのは止めてください
いつものようにその泪、舐めて拭うことのできない私です

私を優しく抱きしめキスしてくれたあなたの笑顔が大好きです
どうかそんな笑顔でいて下さい

私はいつもあなたと一緒です
あなたが何処にいてもすぐ横に私はいます

あなたが楽しくて笑う時、私も隣で笑っています

あなたが苦しみ悲しみに嘆く時、私も尾を垂れクンクン鼻を鳴らします

見えますか?
自由に天空を駆け巡る私の姿が・・・

聴こえますか?
あなたを呼ぶ私の甘ったれた鳴き声が・・・

私はいつもいます
あなたにピッタリ身体を寄せて・・

さぁ 私に微笑んでそして語りかけてください

あなたには見えるはずです
私はあなたのすぐ横でちぎれるほど尾を振っています
 

                                   読み人知らず じゃなくて あたし



スカーレットが  the one of her cats その名も Z の具合が悪いと早朝からタクシーで乗り付けた

そして入院>Z

大変な事態である
既往症なく突然
殺鼠剤を撒いたせいかと言うがそーじゃない
大動脈栓塞症
かなり厳しい状態につき その2~は暫くたってから掲載予定

彼女を自宅まで送ったら  ユウマ が笑っていた

          200803020859001.jpg

          200803020859000.jpg

                        
                         0302hyogo.jpg


          

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する