FC2ブログ

いわば は嘘つく始まり


1月30日参議院予算委員会 共産党議員山添拓氏と自称立法府の長の質疑応答
ちょっと長いけど是非御覧ください 絶望と滑稽を同時に感じることができます
https://youtu.be/zMHt0snRh2E

要はぶっちゃけ1番短くまとめるとこーいうこと 

山添「名簿を公開される事もあるという文書が配られているが」
安倍「知らない」
大西「送ってるし趣旨も伝えてる」
安倍「公開の対象とは書いてるけど、公開されるとは書いてない
山添「ちょっと何言ってるかわからない」

出た! まただ!!
肝心のところは下記抜粋 


共産党山添拓議員 以下山添
参議院の自民党が改選議員宛に招待者の申込みを案内した文章です
「尚、行政機関の保有する情報の後悔に関する法律に基づいて名簿全体を公開されることもあります」総理、この文書はご存知ですか?

安倍
あの・・・これはあの 私はこれは存じ上げておりません

山添
内閣官房から、総理の事務所や官邸、自民党に同様の文書を送っていたのではありませんか?

大西内閣審議官 以下大西
総理、副総理、官房長官、副官房長官それぞれの先生方の事務所に推薦依頼をしておりますので・・・

山添
つまり伝えているんですよ  安倍事務所の推薦分についても開示請求の対象となり得る そのことが伝えられていた その認識おありですか?

安倍
今、大西さんが答弁したのはそれでは無いと思いますよ
いわば、いわばですね あのー趣旨に相応しい形を、おーこのおーえー・・・・募って下さいという意味で書いているということでありまして・・

山添
昨年11月20日の衆議院内閣委員会では官邸に対しても同様の趣旨を伝えたと答弁されています

大西
それぞれお伝えをしている所でございます

山添
つまり趣旨は伝わっているんですよ 総理如何ですか?

安倍
ですから趣旨、趣旨については伝わったという話を致しましたがこっこっこのですね、このいわば 参議院の・・・・が書いたいるですね 行政機関の保有する情報の公開に関する法律に基づいて名簿全体を公開されることもあります という事では来ていない、という事を申し上げた  わけであります  で、そもそもですね えーこの、この最初のないか・・・事務連絡で書いてある事もですね えー開示請求の「対象」とされる事もあります、とこう書いてあるわけでありまして 対象とされる事もありますという事と えーあんかいじゅーあん 名簿全体を公開されるという事とは えーこれ 請求の対象ですから対象とされたということでありますからそこが違うということだと思います

山添
ちょっとはっきり趣旨がわかりません・・


   WS000000_20200201182713d7c.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する