FC2ブログ

現実逃避 2 トリチウム水


先ずトリチウムという物質の説明
小出先生がわかりやすく解説してくれたものから紹介します


     1_20181117000232592.jpg


     2_20181117000233ffb.jpg


水素と重水素は天然に存在しておりどちらも放射能を持たないけれど、3重水素は天然(自然界)には存在しておらず、放射能を持つ (核分裂により生み出され、原発の事故で大気に放出されたもの)

水と重水、そしてトリチウム水を詳しく観てみる


     3_2018111700023492b.jpg


トリチウム水の化学挙動は普通の水と全く同じ
どんなに頑張ってどんな方法をとって水処理を行っても、トリチウム水は水そのものであるため、決して放射能を除去して安全な水に戻せない所以である

原子力利用は必然的にトリチウム汚染を引き起こす

なぜならウランを核分裂箚せれば必ずトリチウムが生まれてしまうから

フクシマの事故で溶け落ちた燃料は約200トン、それに含まれているトリチウムの量は、全量で約3.4ペタベクレル

     4_201811170009400c4.jpg


一方、日本では原発の使用済み燃料はすべて再処理すると決められているそうだ
再処理とは使用済み核燃料を高温・高濃度の濃硝酸に溶かして、プルトニウムを分離する作業である (もう聞いただけで恐ろしくて身が縮こまる)
この過程でトリチウムは全量が水に移ってしまい環境に放出されてしまう
世にも恐ろしい六ケ所村に計画されている再処理工場がもし運転を始めれば、1年間になんと800トンもの使用済み核燃料を処理する計画だって!!
この施設、1993年から始まって未だに竣工できずにいるわけ
建設費用も当初発表されていた7600億円だったものが、2011年2月で2兆1,930億円2017年7月で約2兆9,500億円と膨れ上がっている
みーんなあたしたちの血税だよ

でもこの六ケ所村の施設・・・原発より恐ろしい代物
万が一ここで破局的な事故(地震)が起こったら・・・カニ味噌頭では具体的な起こりうる惨劇を説明すること叶わず 本当にとんでもない施設だということは間違いないので叫んでおく




この施設、もし運転が行われるようになった場合、平常運転として毎年18ペタベクレルのトリチウムを環境に(高~い煙突みたいので)放出しまくりオッケー牧場ってことで許可されてるんだってー  おいっ
風向きによっては北海道だってかなりの汚染を被ることになるでしょう

「ALPSで対象とされた62核種の事故後7年8ヶ月間の減衰」 と 「トリチウム水中に含まれる他の核種のデータ」も観てね  画面をクリックすると大きくなるよ


5_20181117000236cab.jpg

6_20181117000248227.jpg



何度も言うけど、たかだかお湯を沸かしてその蒸気でタービンを回し発電するのにどうしてこんな恐ろしいもの、人間の手ではどうしようもないものを使わなくちゃならないわけ 
無限のエネルギー? 経済的? 安全?  まっかなまっかな 大嘘 じゃん
ただただプルトニウムが取り出せる 核兵器がいつでも作れる そこだよ そこ 

小出先生はこう仰っている

水を汚せば生きられない
日本でも世界でもたくさんの公害が起き、今でも起きている
水俣病もイタイイタイ病も、新潟水俣病も、多くの公害は水を汚したことに起因する
人間の身体の6割から8割は水であり、水を汚してしまえば、生きることができない
放射能を消す力を人間はもっていないし、トリチウムはどんな手段をとっても自ら除去できない
遠くない将来トリチウムを含んだ汚染水を海に放出すると東京電力が言い出す
究極の環境汚染である


そう まさしくその通り 
みんなはきれいな水がいつだってどこだって蛇口からじゃんじゃん出てきて、漏れなくその水が飲めて、不自由しない それが当たり前に思っている 日本人
日本は水の国 きれいな水の国 
その尊き水の恩恵に浸りすぎてありがたさが判らなくなっているとしか言いようがない
こんなに汚してしまって一体どうするの 

本当に本当に取り返しがつかないということ
もっと真剣に国民が、そう 国民のひとりひとりが考えないでどうする 


          sono3.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する