FC2ブログ

チャトとツクシの物語 完

         
         12_20171207161017b51.jpg


長らくお待たせ致しました 
色々忙しかったのです  
10月初っぱなから11月終わりまでまた3年ぶりにイスラエルから友達が来ておりました
そのお話はまたゆっくりと・・・

ざけんなよこのアフォ  ってお怒りのあなたも そうよね 色々あったのね いいのよいいの  って心寛大なあなたも いよいよこのシリーズ最終話であります 

チャトが亡くなり、そしてM子さんも鬼籍入り
数ヶ月があっという間に経ってしまった
そんなとある日スカーレットからお願いのメール 

スカーレット
「ゆこちゃん、悪いんだけど一緒に行って欲しいところがあるの ランチご一緒しましょう!」

なに  どこ  なにしにいくの  なに なあに 

行く先はM子さんが毎日通い詰めていた某猫カフェ
何故に  今更  なんでまた 

スカーレット
「きっとね つくしが淋しがっている筈なの だって毎日M子さん行っていたのですもの・・
ちゃんと、つくしに もうM子さんはあなたに会いに来られないのって伝えないと! それがケジメっていうものだわ」

うん 相手が話して判る人間だったらそうだよね
でも・・・つくし  猫でしょ猫 

んで 猫カフェっ初体験
うーむ
猫は好きだけど はっきり言って猫カフェは好きになれません
帝国ホテルもさぞかし香しいだろうが(慣れっこになっているけどね)あの独特の匂い つーか 臭い
とてもじゃないけどあそこでなんか食するなんてあたしには無理
そーいう物理的な事は二の次三の次で、なんかねー 動物園だって大嫌いなんだもの
同じ路線で好きになれないってこと

さてつくし君
スカーレットが徐に話しかけ写真を見せたら・・・


            P1010112.jpg


スカーレット
「つくし、判る  M子さんよ 云々かんぬんにゃんたるちあさんたるちあ・・・」
その話にジッと耳を傾け、その上、なななんと摩訶不思議
ジーッと写真に見入ってました 

スカーレットの猫語が理解できたのだろうか・・・

M子さん かなりの資産家
没後可哀想な動物たちにその寄付するらしいと小耳に・・ 
どうしよう CAJAの会にびっくらするくらい寄付頂いちゃったら・・・
うげーーーーーーーーっ ドキドキ ハラハラ


            SCN_0001_20171207161020b3e.jpg


全額 国境なき医師団と某国立の施設へ寄付されたそーです はい
盲導犬関連に行かなくてヨカッタヨカッタ


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017年12月12日(Tue)11:35 [EDIT]