優侍の飛天


              12_20141209224509820.jpg



優しい侍 優侍 と書いて ゆうま と読む


            120926DSC_2675.jpg


            120926DSC_2684.jpg


ゆうまは今日日ダウンサイジング化した小振りラブとは異なり威風堂々たるラブラドール♂
今から10年以上前にあたしが多摩支所からレスキューした子
詳細はこちらをどうぞ 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-680.html

ラブちゃんを亡くし憔悴するスカーレットに 一時預かりのボランティアしない? って押しつけたのがゆうまだった

ラブちゃんのお話はこちらをどうぞ 

スカーレットの話1~完結編
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-245.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-248.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-253.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-254.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-256.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-260.html

つらつら今思い出す
当初ゆうまは預かり保護犬だった
大人しくて良い子だった先代ラブちゃんと同じ犬種とは到底思えない悪悪ゆうま
そもそも熟考すればスカーレットに預かりのボラなんて出来ようはずもなかったわけでー
数件浮上したオファーを断り続け当時あたしが所属していた団体の代表と大揉めし結局はスカーレット家の一員となったわけにゃーす

昨年耳に肥満細胞腫が出来たのを発端にリンパ転移、この1年闘病の日々を送ってきた
もうダメか もうダメかと思っても復活 
こんだけ大きい子の看病(介護でもある)は本当に大変
スカーレットは頑張りました
抗がん剤、インタードッグありとあらゆる良かれと思われる治療は全てしたし、ビックリする程高額なサプリ、食べるかもしれないという期待を込めて色んなフードおやつを次から次へと手に入れ与え・・ まぁこれぞ犬冥利に尽きるってもんでしょ

「なんだか こうなってやっと私を信頼してくれたような 私の犬になったような感じです。」

ウンチが手についても全然厭わず、寧ろ愛おしむように世話をするスカーレットをみて ああ この人は心底優しい慈愛に満ちた人なんだって再確認したよ
半ば呆れる位手厚い介護 

『ゆうまは世界1 いや 宇宙1 幸せな犬だね』 

あたしが送ったそんなメールの返事は

『私が幸せ者なのよ ゆうまを下さって ゆこちゃんに感謝 家の子になってくれて 沢山幸せにしてくれて ゆうまに有難うと思います。さつき ゆうまに もう頑張らなくていい 私の事は心配いらないからと言い聞かせました。この言葉は父親の臨終の時に言ったのよ。ゆこちゃんがコールに言ったように 潔く逝け とは言わなかったけれどね。凍てつく夜気に月がきれい…おやすみなさい。』

死ぬところを見たくない 子ども達にも見せたくない
平然とそんな理由でセンターに今にも亡くなりそうな老犬を放棄しに来る外道飼い主がちらと脳裏を掠めたよ

あんまり苦しむようだったら とある理由があって入院していた院長が退院してくるから楽に眠らせようと思っていたけどそんな心配をかけず、院長の退院を待ってかのようにゆうまはお空に上りました

ゆうま 
おまえをセンターから出したその日 
嬉しくて発狂してはちゃめちゃに暴れるお前を制しきれずあたしは自分の手の皮がリードで剥けちゃって・・めっちゃ痛かったよ
言うことをきかないおまえを蹴ったりぶったりしちゃったけどゆうま おまえが大好きでした

ありがとう ゆうま
コールも凡もジャイもみーんな待ってくれてたでしょ?
お空からスカーレットとパパちゃまをこれからずっと守っておくれ


            unnamed_20141209224510bc5.jpg


スカーレットにとってこの1年は本当に本当に辛い年だった
よくぞ耐えて乗り越えてくれたと涙出る
自分の命より大事だって聞かさ続けた猫たちがあれよあれよと立て続けに亡くなって・・・挙げ句にゆうままで逝ってしまった
ゆうまの直手うんちもそーだけど、猫の鼻水直吸い見たときは仰け反りもんだった
どんなに好きでもあたしには不可能だってばさ、あれ 


お別れがあるのは必至
でもなにもこんなに沢山のお別れたった1年の内に強いなくてもいーじゃありませんか
神さまあなたは無慈悲です
全国津々浦々、スカーレットファンのみなさま どうぞスカーレットにエールを送ってあげてね 

スカーレット でもでも そーして誰もいなくなっても


                    120926hyogo2.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スカーレット様

心を込めて送りだしてあげていただいて
ありがとうございました。

最近フーチが子犬のような目をすることがあって辛いです。
私、これからくるであろう日に勇気をいただきました。

パピ | URL | 2014年12月10日(Wed)13:17 [EDIT]


スカーレット様

先日、ゆこさんと貴女の話をしてたばかりです。
我が家にも先日14歳になったビーグルがいます。
心臓が悪く、最近発作の回数が増えました。
もうそろそろかなあと思い始めてます。
自分含む家族全員、その時までしっかり彼と過ごしたいと思います。

ゆうま君のご冥福を心よりお祈りします。

Rie@ジャンゴの姉 | URL | 2014年12月10日(Wed)18:50 [EDIT]


e-250パピさん
勇気役立ちましたか?
今頃天国でみんな仲良く戯れている そう信じましょう

e-250Rie@ジャンゴの姉さん
有難うございます
お陰様で納骨も済みました~!
Jさまはまだまだ大丈夫 頑張ってね♪

管理室 | URL | 2015年06月22日(Mon)18:23 [EDIT]