やっぱり盲導犬反対


今日は大暑だってさ 暑かったね


            072326DSC_0643.jpg


            072326DSC_0644.jpg



ただただ反対だって騒いでいても建設的ではござらん
何故反対なのか色々検証する必要あり

で今回同胞真友なかーまYちゃんのレポート紹介します

 要点 
日本での目の不自由な人は約30万人強
その殆どが白杖歩行か、それに加えて介助者(家族やガイドヘルパー、ボランティア等)を使っている
盲導犬の使用者は約1000人、0.3%以下



全文はこちら  必読 

☆盲学校では白杖歩行が基本☆

〇月×日 都立八王子盲学校の学校公開に行ってきました。
うちの市報に公開の記事が小さく出たのがきっかけです。
私は初参加ですが、この公開は学校にとっては大きな年中行事のひとつのようで、雨にもかかわらず100名以上の来場者がいました。
生徒の家族、民生委員など福祉関係者、看護学校の学生なども大勢見受けられました。

私は、視覚障害者の歩行ガイドが必要な場合は、人間がするべきであり、それが最善と考えますが、学校現場ではどうなのか、少しでも知ることが出来ればと思いました。

公開の内容は、講堂での学校の概要説明とパネルによる学校紹介、授業の自由な参観、具体的な教育相談などで、先生方も忙しそうに立ち回っていました。当日は土曜日でしたが、公開用の授業ではなく、普段の授業が行われていました。

八王子盲学校は、都立4盲学校中、幼稚部から高等部専攻科まである唯一の総合校で、今年度は69名の児童・生徒が在籍。
寄宿舎もあり、32名が利用しているそうです(一時利用も含む)。

授業はマンツーマン形式が多く、多くても生徒が4人に先生が1人という構成でした。全盲の生徒は、各自卓上に点字のタイプライターを置いています。
盲学校などの特別支援学校では先生1人に生徒は6人以下と決まっているそうです。また担任は2名制です。

一通り参観した後、「教育支援コーディネーター」のS先生(40才くらいの女性)に、短時間ですが話を聞くことができました。
この先生は、最初に講堂で、校長、副校長に続いて説明をした方です。
S先生によると、歩行の基本はまず白杖歩行。小学部では週1回、45分の歩行訓練授業(校外で)があり、6年生までにひとりで通学できるようになることを目指している。それまでは殆ど生徒の家族が、通学に同伴している。
当校はJR中央線の西八王子駅から徒歩約15分ですが、途中横断歩道も複数あり、歩道の狭い箇所も見受けました。

また当校は家族の負担軽減のため、昨年「八盲サポーターズ制度」を立ち上げ、生徒の通学に同伴してくれるボランティアを募っています。ボランティアは現在6名ですが、非常に不足しているそうです。
ボランティアは週1回、生徒の登校か下校に同伴します。同伴開始前に、当校で簡単な講習を受ければよい、特に資格は不要。
当校の生徒は、年少でも非常に歩くのが「上手」なので、登下校に同伴するのは、未経験でもそれほど困難ではないとのことでした。

また、市町村でやっている、いわゆる「ガイドヘルパー制度」は、不定期の外出時のみ、という決まりで、通学には使えないそうです。
なので、「下校後に学童クラブに寄る」などと申請して、なんとかガイドヘルパー使用を許可されるケースもあるそうです。

また中途失明者(当校の高等部理療科には、中年以上の生徒も在籍)や弱視者は、とかく白杖使用を嫌がる傾向があるが、周囲からの安全認知という点でも、学校としては白杖使用を強く勧めているとのことでした。
なお、中途失明者の白杖歩行訓練については、リハビリセンターのような訓練施設が数カ所あるとのことです。

盲導犬については、18才以上でないと受給できないこともありますが、全く視野の外、という印象でした。
S先生は、「自分のことも出来ないのに、犬の世話は出来ませんよね。現在、八王子盲学校の関係者で、盲導犬を使っている人はいません。」と言われました。
(授業参観でも見かけましたが、この学校の先生にも視覚障害を持つ方が何人かおられるようです)。


現在、視覚障害者は30万5000人といわれ、その殆どが白杖歩行か、それに加えて介助者(家族やガイドヘルパー、ボランティア等)を使っています。盲導犬の使用者は約1000人、0.3%以下です。

以前NHKの首都圏ニュース番組中に、埼玉県立盲学校「塙保己一学園」の高等部で、白杖歩行訓練に尽力しているE先生に関する報道がありました。
E先生は、鉄道会社の協力を得て、生徒達にホームから転落した場合の身の処し方なども体験させていました。

なお歩行訓練の費用に充てるのか、駅前で生徒や父兄達と募金活動も行っていました。
このように盲学校が白杖歩行に重点を置き、(将来的な)盲導犬の使用を選択肢としていないとなると、盲導犬団体はいかにして需要を掘り起こしているのか、非常に気になりました。


            072326DSC_0690.jpg


盲導犬を取り巻く利権 それって原発を取り巻く利権 原子力ムラのミニミニ版だからな
可愛いわんこを利用すんじゃないっ!!
これからも盲導犬大嫌い記事は続いていくのだ

                      072326hyogo2.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本人は知らない人に声をかけるのが苦手なようで、目の見えない人に外で出会っても誰も手を貸そうとしませんね。私は通勤時に駅のホームで何度か介助しましたが、話を聞くと皆さんとても恐い思いをしているそうです。線路に堕ちた事もあるとか。そういう時つくづく思うのですが、朝の通勤途中に自分の目的地と反対方向に行く人を助ける事は困難。自分が可能な範囲を超えたら周囲の人とリレー式に次々に介助者に引き継いでいけるような社会環境を作ることが重要では?気軽に声をかけ、頼まれたら自分が行ける所まで手伝い、また次の人に声をかける。難しい事ではないと思うけど。

mimitan | URL | 2014年07月27日(Sun)09:10 [EDIT]


e-254mimitanさん
だよね 全然難しくないよね
犬の訓練するより全然簡単だ 

管理室 | URL | 2014年09月16日(Tue)20:58 [EDIT]