原発輸出大反対!

               

                    april.jpg


悲しいかな 今日の午後 トルコとアラブ首長国連邦(UAE)に原子力発電所を輸出できるようにする原子力協定承認案が衆院本会議で自民、公明、民主各党の賛成多数で可決、参院に送られてしまった 

何度も言うようだけどもう絶対反対
もう遅いってことはないのでこちらから皆さんも反対の意を表して下さい 
日本と同じ位の地震国 トルコに原発は要りません  画像クリックで賛同ページへGO 


            トルコ


河野太郎さんのごまめの歯ぎしりも併せてご覧下さい 


            unnamed.jpg


自民党の放射性廃棄物処分に関する小委員会での議論。
小委員会は中間とりまとめ案を提示した。

木村太郎
青森県は最終処分場にならないという約束を明記してほしい。

河野太郎
最終処分場の問題は大切だが、直近の課題は使用済み核燃料の暫定保管のほうだ。 まず、それに関してきちんと対応して、同時に最終処分場を確立するのでなければならない。
減容化が強調されすぎている。 これはできるかどうかもわからないもので、とてもすぐに産業になどなるものではないし、基礎研究としてやるのは良いが、国が「全力で」「強力に」やるべきものではない。
使用済み核燃料はすべて再処理すると定めた法律がバックエンドをおかしくしているので、この法律の改正は大前提だ。
NUMOは廃止して、経産省が直接やるべきだ。
そもそも原子力は最終処分のコストを入れても最も安い電源だと言い続けてきたのは経産省と電力会社であり、「国は最終処分を財政支援も含めて責任を持って」という記述はおかしい。 電力会社が自らの利益でやるべきものだ。
高レベル放射性廃棄物の議論の次は、「低レベル」というような原子力ムラの定義ではなく、国際的な「中レベル」「低レベル」という区分での議論をするべき。

柴山昌彦
「地層処分」と「可逆性回・収可能性」というのは不整合ではないか。
全量再処理は破綻している。 政策転換が必要だ。
もんじゅも増殖はしないということをはっきりさせるべき。
立地自治体との約束も、必要ならば見直しがあってしかるべき。

江渡聡徳 
立地自治体との約束は見直しはできない。
中国、インド、ロシアは高速増殖炉を新しい知見でやろうとしている。

細田健一 
良いとりまとめだ。
核燃料サイクルは強化するべきだし、もんじゅも増殖を含め、研究計画を完遂するべき。

菅家一郎
福島も中間貯蔵の問題を抱えている。
しっかりとしたとりまとめに期待する。

三原朝彦小委員長
立地自治体との約束はきちんと守る。
減容化は前向きにやるべきだ。
使用済み核燃料は新しいエネルギー基本計画が出てから。
NUMOの組織の見直しは必要だ。
処理費用については河野さんとは意見の違いがある。

山本拓調査会長
NUMOは法律の見直しからの議論が必要。 人も総入れ替えすべき。 国の方針が出たら、それを議論する。

秋本真利
エネルギー基本計画が出てから議論するのではなく、ここでの議論を計画に反映すべきではないか。
記述にブレがある。 地層処分と可逆性は整合が取れない。
NUMOは解体を視野に。 経産省が責任を直接持つべき。
費用負担は国でというのはおかしい。

河野太郎
可逆性・回収可能性を持って地下に貯蔵するという意図ではないのか。
減容化を基礎研究としてやることに反対しているのではない。 ただ、すぐにでもできる、産業になるというのはおかしい。
いまだに経産省も電力会社も原発は最終処分を含めてもコストが安いと言っていながら、最終処分のコストを国が負担するというのはあり得ない。

山本拓調査会長
減容化はできる。 フランスはアストリッド計画をずっと進めてきた。 できないわけではない。
立地自治体は使用済み核燃料を資源として預かっている。 再処理しないならば、持ち出してほしい。
NUMOは政府の方針を議論する。

北村誠吾
旧産炭地域だ。 人が住まない島の地底に埋めたらどうか。

河野太郎
全量再処理という前提をつくった法律の改正はきちんとやらなければならない。
暫定保管できる場所を確保しなければ、青森県をはじめ約束があるので再処理中止とエネルギー基本計画に書けず、表立った議論もできない。 これが議論をおかしくしている。
まず、使用済み核燃料を前提なしに暫定保管できる場所を探すのが最も大事だ。
減容化を基礎研究でやるのはよいが、すぐにでもできるというのはミスリーディングだ。

菅家一郎
最終処分地をはっきりさせなければ何事も進まない。 例えば南鳥島はどうか。

泉原保二
最終処分地なしには処分はできない。 自分が使った電気のゴミなんだから、国民が自分のこととして考えなければ。

太田房江
とりまとめ案に賛成。
エネルギー基本計画を早く決めるべき。
これから原子力関係の人材が必要になってくる。

穴見陽一小委員会事務局長
今日の意見を入れた第二案を出すので、引き続きそれで議論を。

桜井宏
核種転換の可能性があるので、可逆性が大事だ。 とりあえずは暫定的な形で保管するのがよいのでは。

滝波宏文(参)
中間貯蔵や暫定保管というのは違いが分からない。 直接処分ではなく再処理して減容化するべき。

以上




とある日 去勢手術ちうの会話

院長
「こいつの玉はでかいな・・体の割にこんなにでかいぞ 大玉(おおだま)だな・・・」

あたし@それを鉗子で挟みながら
「・・・・なんかあったよね それ・・・おーだま・・・おーだましっとるけ ん 

院長
「・・・・違うだろ  それは・・・・」

あたし
「おーだましったるなんちゃら・・・」

院長
「それも違う・・・・・」

あたし
「うーん おーだましったるだ・・・」

院長@得意満面
「あっ  ゴーダマシッタルーダ 釈迦 のことだろ 


              040426DSC_0490.jpg


              040426DSC_0488.jpg


                   040426hyogo2.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する