神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

(注 女たち だけではなく男子も大歓迎)

女たちは「いちばん」をのぞまない

「世界最高のキャパシティ」
「世界最高のホスピタリティ


そんなものが何になるのか、この放射能汚染にふるえる日本で。
いまもふるさとを追われさまよう15万人を置き去りにして。
仮設住宅で冬の訪れを待つ無口な人びとの前で。

「この国に世界の中心を作ろう」
「スポーツと文化の力で」
「世界で「いちばん」のものをつくろう」

私達が東京に欲しいのは「いちばん」の競技場ではない
神宮外苑の銀杏をすかして降り注ぐ柔らかな光だ。
その向こうの伸びやかな空だ。
休みの日に子どもと一緒にあそべる自転車練習場だ。

1964年、アジアで初めてのオリンピックが東京で開かれた。
それは戦争に負け320万人が死んだ日本、その復興を示すイベントだった。
植民地支配を脱したアジア・アフリカの参加国、その民族衣装の誇らしさ。
「世界史にその名を刻む」のなら、この競技場を残すべきだ。
灯火台をつくった日本の誇る職人技とともに。アベベや円谷の記憶とともに。

ベルリンでは1936年のナチス政権下のオリンピックスタジアムを今も使う。
それは同じ過ちを繰り返さないことを己が記憶に問うモニュメントでもある。
22年後、1958年築の国立競技場を残す道がないわけはない。
いまこそ「もったいない」の日本を世界につたえよう。

人口減、資源の枯渇、非正規雇用、食料自給率、そこから目をそらして
「世界一楽しい場所」なんてできるのか?資源の枯渇を前に。
”パンとサーカス”に浮かれたローマ帝国末期のようではないか。

女たちは「いちばん」をのぞまない。
子どもの時代に、健やかな地球が存続していることを願う。
「世界一楽しい場所」は私たちの近所につくりたい。

風と木と匂いのある町を。路地や居酒屋のある町を。
赤ちゃん、子ども、お年寄りを見守る町を。
若者が自由に仕事を作り、みんなで応援できる町を。
お金がなくても、助け合って暮らせる町を。
あたたかく、風通しのいい、つつましい町を。



2020年、縮小時代に舵を切るオリンピックに。

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会 共同代表 森まゆみさんのメッセージです

そこで3k日記を訪れて下さるみなさんへのお願い
こちらから是非賛同の署名を

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/

建設費3000億円もする新国立競技場
一体誰が望んでいるの?
これから都税と国費の割合がなんちゃらってことだけどあたしの納める税金でこんなもの作って欲しくない
オリンピックどころじゃないのだよ この国は・・・
せめてどうしても強行するなら今のこの国のおかれている状況に相応しいそんなものにしてくれ

今月未明、4号機使用済み核燃料が1年以上かかってうつされるのは何度も話している
今のところあたしの考えるその最悪のシナリオ
途中で燃料棒落っことして放射能が関東までいらっしゃって大汚染
大枚(税金)かけて作った全ての設備が藻屑の泡
勿論オリンピックなんて開催してもだーれも来ない 来るわけない
放射能に対する危機感が全くといってないような日本人とはみなさん違いますから・・・


細川元首相が小泉さんに続いて脱原発を謳っている
なんで遅いよって思うけど遅すぎることはないしこれからもどんどん本当にちゃんと物事考えられる人が声を大きくして核廃絶を訴えて欲しいと願うあたし

上記署名は17日が〆切りです
どんどん拡散して下さい!
もういい加減に目を覚ますべき
あたしたちの手で軌道修正しなくてどーすんの
今でしょ 今しかないでしょ 


                    hyogo1112252.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する