やまゆりファーム見学会(希望の牧場)

あたしの大好きな久子ちゃん
彼女はやまゆりファームの代表です
毎日片道2時間かけて牧場に向かい牛たちの世話をしているんだよ


            69891_230240530449315_1308679473_n.jpg


            63188_230239990449369_57442272_n.jpg


            482690_230240983782603_1435989030_n.jpg


               525418_230240873782614_188207741_n.jpg


全くの素人
牛の事なんてなんにも判らなかった彼女たち
その彼女たちがどうしていまあるか 
何が彼女達をこんなに駆り立てているのか 

それはね
大きくて優しい牛の目にきっと魅入られてしまったから
彼らの命の叫びを聞いてしまったから

無垢な動物たち
彼らにはなんの罪もない
今日を 今1分1秒を真摯に必死で生きている彼ら

どうぞ 応援して下さい
無残にも処分されてしまった数えられないほど多い命の分まで彼らの叫びに耳を貸して下さい

敬ちゃん 久子ちゃん
生くんに宍戸くん
頑張って 頑張って下さい
(宍戸君監督撮影のドキュメンタリー 犬と猫と人間と part 2 に関しては後日詳しく紹介します

今回 のこされた動物たち 待ちつづける動物たち の著者 太田カメラマンがこんな企画を立てて下さいました
明後日です みなさんどうぞ宜しくお願い致します 

希望の牧場見学会
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11489957273.html

やまゆりファーム
http://ameblo.jp/yamayurifarm/

「やまゆりファーム」は、政府の指示により強制された警戒区域内の牛の殺処分を認めない畜産農家と、動物のいのちを守りたいと願う個人の有志が協力し合い運 営していた福島県楢葉町の「旧ファーム・アルカディア」を、67頭の牛たちと共に引き継ぎ、2012年7月に発足した団体で、食肉に戻すことを目的とする のではなく、終生飼養・経過観察をはじめとして、区域内に生きる動物たちを保護していくことを目指しています。

経過といたしましては、旧ファームアルカディアの畜主であった根本氏が病に倒れられ、リーダーとして牛たちの飼養が困難になりました。同時に、楢葉町役場から2012年6月20日までに牛の殺処分に同意か否かの回答を求められました。
多くのサポーター様からの激励のメッセージに支えられ、根本氏は牛の殺処分に反対。
しかし、根本氏はリーダーの立場を辞退せざるを得ず、牛の保護先探しが難航していたころ、『希望の牧場』吉沢氏から、エム牧場内の一角を貸してくださると のお申し出を頂いたため、やまゆりファームが独立して運営できる土地を見つけるまでの一定期間、希望の牧場さんの敷地内をお借りしながらの活動が可能にな り、現在約75頭の牛の飼育観察が実現しております。


まだ福島寒いです
防寒と長靴必須です
食いしん坊の可愛いガガちゃんが歓待してくれるかな




今日知人が来院
美味しそうなおせんべいを持ってきてくれる(餌付けしないでこれ以上w
じーっとあたしの顔を見てなにかと思いきや徐に・・・
「顔が顎から歪んでる 整体行ってきた方がいいよ」


                      031525hyogo2.jpg


うががが
自分じゃ全然気がつかなかった

院長にあたしの顔歪んでる?って聞いたら即答 (顔も見ず吐き捨てるように
そんなのわからん

ちょ・・・
整体なんて行ったことない・・でも痛いのはもうイヤッ!! ブツブツ


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年03月11日(Tue)12:55 [EDIT]


Re: タイトルなし

e-251鍵コメさん
温かいお言葉ありがとうございます
やまゆりファーム 今は2手に別れて活動しています
どちらにしても良い方向へ進んでいってもらいたい
本当にオリンピックどころじゃないんです この日本・・・

管理室 | URL | 2014年07月04日(Fri)09:49 [EDIT]