ハチ

               20131.jpg


年が明けました
今年はもーちっと頻度高く更新ができるように頑張りたい 
お約束、ハチ君からの嬉しいお知らせ 


            1224524DSC_2720.jpg


苦節4ヶ月 
数え切れないほど抱きしめて頬ずりして頑張ろうって話しかけたことか・・・
そうだよ 何度もうダメかと泣いたんだから・・・
まぢ です 

それは平成24年8月 お盆前、真夏の暑い日だった
ハチは♂の猫飼っている人だったらご存じの致死率No.1、泌尿器症候群(FUS)
来院時には尿路閉塞発生から時間経過多大、状況的にはレベル5 
急性腎不全を呈し、BUNの値がウワーッツ!!とダントツ
ちっこが溜まっていた時間を考えると膀胱アトニー免れず 

何とか陰茎の先からフラッシュして尿道確保
そしてしつこい程に膀胱洗浄
ストルバイトを洗い流す

陰茎の先は苦しくて激しく舐めた様で炎症多大、
通常はカテーテルを挿入し続け尿道を確保するのだけどワクチン未接種にて入院叶わず
まず一晩様子をみてもらうことに・・

で期待は空しくダメダメの再度閉塞
翌日更に炎症が酷くなっていて陰茎からの尿道確保が不可能に・・・orz

これ最悪 んでこんなケースは初めて
陰茎から3cm程度奥の尿道にも炎症があるようだった
まずこの炎症が治まらない限り積極的治療が望めず、約3週間毎日麻酔かけて膀胱から直接排尿

♂猫の尿道は無茶苦茶細くて長い
ほんの少量でもストルバイトの砂粒が簡単に尿道を閉塞させてしまう
この疾病に関しては♂猫飼っている人のために後述します

いつまでもこんな状態での処置、続けられるわけもなく
まず最初のオペ
開腹して膀胱からアプローチ
尿道を確保成功
実際に確認したかった膀胱


            122524DSC_0162.jpg



膀胱が肥厚する=膀胱アトニーっていうのはゴム風船が伸びきって小さくならないのと同じ
そんな風にハチの膀胱はでろ~んになっていて予想よりずっと肥厚が酷かった 

でも流石院長 何時も乍らお見事 短時間できれいな傷跡100点


            122524DSC_0163.jpg


トムキャットカテーテルを挿入し固定(チンチンの横に縫い付ける イタタタ)


            tomcat.jpg           


常時尿を排泄させ膀胱に尿を貯めず自力でアトニーを修復してもらう
してもらわないと困る だから期待する
これ2週間
その間ずっと 垂れ流し です 臭いし掃除も大変 泣

ハチの尿道は特別細いという今まで類のない動かぬ事実
カテーテルを外し自力排尿期待大だけどやっぱりダメ 再度カテーテル挿入 これ繰り返すこと3回

でも唯一の救いは、この間(手術直後から食欲旺盛)至って健康
当初ガツンと上がっていたBUN(尿素窒素 腎臓値)も正常にもどって他臓器にも全く異常なし
体重も全く変わらず 増えたくらい 

で・・最後の手段として選択されたのが 尿道口形成術


            122524DSC_2577.jpg


            122524DSC_2706.jpg


            122524DSC_2708.jpg


            122524DSC_2709.jpg


            122524DSC_2705.jpg


            122524DSC_2724.jpg


            122524DSC_2723.jpg


この手術はぶっちゃけた話、おちんちんを切除し(尿道奥の径が若干太くなっている部位まで)広げ♀の陰部と同じように形成するもの
あくまでも最終手段である理由は術後手術部位が狭窄してしまう可能性が高いこと
今まで数え切れないほどFUSの治療をしてきたけどこの手術に至ったのは10件に満たない
幸いなことに狭窄してダメになったケースは1件もない

でもね ハチの場合尿道の奥も細くて今までに類をみなく手術が困難極まったわけ
ダメかも これでダメだったらもうお手上げ 
開腹手術の3倍時間がかかって 何かどよ~んとした雰囲気漂い、院長にはもうしつこく聞くのも憚られ、ただただ麻酔の覚めるハチを撫でて泣いたあたし

でも 院長の腕は確かだった
こーいう時だけだけど院長に後光がさしてみえるわけです

術後芳しくない尿の出具合をみてもうダメなんだって絶望的になったけど 院長が
「手術は大変だったけど成功だ 傷口も落ち着いている 絶対に大丈夫」

本当にそうだった
えらい すごい 流石院長!!
ただ鼻を垂らしているだけじゃなかった パチパチパチ 

術後暫くして今までで一番いっぱいそれも太く音を立ててジョボジョボちっこが出るようになった
もう嬉しくて嬉しくて万歳しながら踊りたくなったよ 


入院中毎日会いに来てくれたハチのお父さん、お母さん
院長もハチも頑張ったけど、この4ヶ月 至れり尽くせりで介護した あたしが一番頑張った 

ハチはね
無茶苦茶良い子なの
多分慰問活動にも参加できる珍しい位大人しく非攻撃的な猫
本当に良い子なんだけど唯一困ったちゃんがこれ 


            122524DSC_0188.jpg


トイレに入る度にこれです 号泣
砂をこれでもかとまき散らす
本当だったら蓋付きのトイレにしたいところだけどエリカラつけてるから無理
悲しかった・・・笑


            122524DSC_2845.jpg


                      1225124hyogo.jpg


                 010125DSC_2833_20130104015734.jpg



何故か昨年未明から空手始めました 笑

猫泌尿器症候群(FUS)に関しての詳細はこちらから 
♂猫家族にいる方は必見だよ~ん

F・U・S (feline Urologic Syndrome) 猫泌尿器症候群 


排尿障害と血尿を特徴とする猫の泌尿器疾患で、特に♂猫は、粘液とリン酸マグネシウム結晶(ストルバイト)の凝塊からなる栓子や残屑のために尿道閉塞を起こすことがあります。閉塞が持続した場合、急性腎不全に陥り、尿毒症に至り致命的な状態になる可能性が考えられます。(慢性腎不全に移行した場合猫は人工透析で延命したり、腎臓移植などの処置は難しく一般的に不可能)

尿道閉塞が長時間に及び継続した場合は、尿毒症だけではなく膀胱アトニーを併発し死亡に至ることも少なくありません。
(膀胱に分布する神経の麻痺、或いは膀胱膨満の結果膀胱菌組織の収縮が起こらなくなり排尿の随意性がなくなって尿閉や失禁を起こす状態→すっかり広がりきった膀胱が伸びたゴムのようになって元の大きさに戻らなくなること その状態では尿が膀胱内に溜まっても尿意を催さなくなる)

この病気の原因は猫の体質に関係し遺伝するものと考えられています。1度この病気になると一生ものという厄介な病気です。


症状

1)排尿困難及び頻尿
トイレの中で排尿動作を何度も繰り返すが、排尿は陰茎からポタポタと落ちる程度か全くみない。その為飼い主は排便姿勢と勘違いし便秘間違える場合がある。又、陰茎をしきりになめたり、トイレの中ではなくいつもと違う場所で排尿したり、排尿中に叫んだり身体をよじり苦しんだりする場合もある。

2)血尿

3)尿道閉塞を伴わないものは、元気・食欲ともに変化はみられないが、尿道閉塞が持続し腎不全を呈した場合は尿毒症の症状を現し元気・食欲の現象或いは消失、嘔吐、体温の低下をみることがある。
そのような状態を放置し症状を悪化させると意識朦朧そして意識不明になる可能性もある。

このような状態(特に尿道閉塞)になったら直ちに(電話連絡をしてから:当院が不在時には速やかに他院を探すこと)連絡して下さい。この病気に関しては様子をみている猶予はありません。時間の経過は即手遅れに繋がります。膀胱炎を起こした後は特に気をつけて下さい。膀胱の炎症によって膀胱内の上皮が剥離し、尿中のストルバイトと絡み合い大きな塊になり尿道を閉塞させる危険性が高まる為です。

♀猫は尿道が太く短い為自然と尿と共にストルバイトなどは排出され殆ど心配ありません。♂猫は♀猫とは対照的に尿道がとても細く長いため尿道閉塞が起こりやすいのです。
この疾病は♂猫特有のものと言っても過言ではありません。

予防

再発の可能性が高い為予防が非常に重要です。

1)食餌 決められた処方食以外は決して与えないこと(市販のフード、牛乳、チーズ、等の乳製品・煮干し・魚の骨などは禁忌)清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしておく。(利尿を促すため)

2)適度な運動 肥満の防止

3)トイレはいつも清潔に保つ 多頭飼育の場合は複数のトイレが必要

4)処方された薬を症状が改善されても必ず指示を厳守すること

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年01月05日(Sat)11:21 [EDIT]


その後

ハチ「おかえりー」
K「ただいまただいま(なでなで)ちっちした?」
「してないよー」おっさんの声が・・・大変!早速おなかをもみもみ、しっぽまではあげるのだが・・・ああー
部屋にはおなじみのバッグがでてたりして。でもしばらくするとガサゴソ、ザクザク立派な小山ができてます。
ホッ!やれやれ。何とかセーフ!深夜、朝方は自分で立派な山を作ってるのに、なぜに私が帰ってくるまで長時間やらぬのだ?
「昼間はずっとこたっつに入って動かないぞ」冬眠常態か・・・・・
ハチの自主トイレは1日1回きりですかねー???
でも日が暮れる頃突然2階に走りあがったり、外にでたくてそわそわしたり、猫じゃらしで遊んでおくれとはしゃぎだすハチでした。にゃん!

ハチ渡邉 | URL | 2013年01月12日(Sat)10:37 [EDIT]


e-247ハチママ
外ダメ ハチ 笑
やはり膀胱アトニーが完全に治りきってないのでしょうね
1日1回は少なすぎるので機会ある度にお腹をマッサージ 膀胱を優しく刺激してトイレ促して下さい
パパもしっかり頑張って!
ハチのトイレ係に任命します>ハチパパ
レクチャー忘れていたら再度致しますから来院下さいにゃ!!

管理室 | URL | 2013年01月15日(Tue)12:38 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013年01月23日(Wed)01:25 [EDIT]