のこされた動物たち

一昨日のこと
反原発関係でお友達になった方から写真集を送って頂いた
(Mさん有難うございました)


                images_20120217133228.jpg

画像クリックで産経ニュースの書評に飛びます 


本の帯から引用 

私は、ごめんよ、ごめんよ、と謝りながら写真を撮りました。
私にできることは、写真を撮り、今起こっている現実を多くの人に知ってもらうこと。
それしかできないのです。
怒りがわいてきて、チクショーチクショーと呻きながらシャッターを切りました。
この怒りは、私を含めた人間に対してのものです。
私は無力です。 チクショー、チクショー。 畜生は、私たち人間の方だ。(本文より)


仕事中だというのにもう涙があふれ出てしゃくり上げる程になってしまった
いい年をして止められない 涙を止められない
後で読んだ方が良いなんてこともわかんなくなって嗚咽
診察室に入ってきた患者主がビックリしていた

知っていたのだ
この事実
でも観るのが切なくて、どうせだったら観たくなくて、観なくてすむんだったら観ないでいたい
敢えて自分から探すこともなく、彼らのことを客観的にしかとらえようとしていなかった

そう 逃げていたんだ

もう言葉では言い尽くせない
こちらをのぞく彼らの目を正常心で見られない
感情が昂ぶって悲しみがこみ上げて怒りとかそんなんじゃなくて心の中で ごめんねごめんね そう叫ぶことしかできない そんな気持ち
偶然にも以前この日記で紹介させてもらったブログ、その方の写真集だった
お借りした1枚の写真
牛が悲しく訴えている姿を見ただけでもう当時は精一杯だった 
(この写真集の中にもその写真があります)

主人を待ち待ち待ち続け くる日もくる日も主人のいなくなった家を守り続け そして力尽き果てて横たわり2度と立ちあがることがなかった犬
生きているのが不思議なほどやせ細りそれでも仲間と助け合って必死で生きている猫たち
大きな目に溢れるばかりの涙をためじっとこちらをみている牛 そして馬
もうこの子もあの子もこの世にはいないだろう

仲間に寄り添うようきれいに並んで死んでいる豚たちの姿から彼らの切ない沈黙の抗議が聞こえてくるよ
死が訪れる瞬間まで、ひもじくて寂しくてどんなにか怖かっただろうか計り知れたら自分が壊れてしまいそうだ

何が起こっているのかも判らず何故こんな思いをするのかも判らず・・・
ただ真面目に生きてきただけなのに・・・

まだ収束なんて夢のまた夢
冷温停止なんて物理的にありえないのに勝手に濫用
何事もなかったことに無理矢理して今も尚原発を存続させていこうとしている人たち

どうせ犬畜生 猫畜生 だからいいんですか?
どうせ屠殺される産業動物だからいいんですか?

この子達の姿をみても何も感じませんか?
こんな苦しみを罪なき命に強いてそれでもいいんですか?
なんでって心の言葉で語りかける魂の訴えに答える言葉はありますか? 感情はありますか?





本の中には お願いだから生き延びて とあった
でも生き続ける事より1分1秒でも早く苦痛のない天国に導かれて欲しいと願っているあたしがいる

純真無垢な彼らにこんな地獄を味あわせるなんて・・・
人間って本当に恐ろしい

小出氏や広瀬氏の本のようにこの本を皆さんに是非読んで欲しいとはお願いできない
だって痛すぎる 
痛すぎるんです

でも
知ることから始まる 
真の行動は知ることから始まるんだというあたしの信念

だから
知って欲しい
彼らの死が無駄にならないように・・・
彼らがね
始めるあたしたちをきっと天国から応援してくれていると信じているから


東京電力が企業向けの電気料を17%も値上げすると豪語した
値上げをする権利があるそうだ

福島県を壊滅させたその補償の義務は?
果たさねばならぬ義務はそっちのけで恥知らずな権利の主張ですか?
そんなんでいいんですか?


この本を胸にギューッと抱きしめて天国で会おうねって約束する

ああ なんか もう 本当に
                      021724hyogo.jpg


            no3.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゆこさん、こんにちは!
先日メキシコシティから帰国した大好きな先輩(彼女もゆこさん)にいただいたカレンダーを送りました。とってもよろこんでいました♪ありがとうございます。
この写真家の方ちょっと前にテレ朝で拝見しました。
「この大惨事にまず人間のことを考えなければならないことは重々わかっています。。でももう半年たったのですよ。そろそろ動物を救ってあげてもいいんじゃないでしょうか?」
と穏やかな口調で訴えておられました。私も自分の無力さに泣きました。泣くしかできませんでした。

Sugar | URL | 2012年02月17日(Fri)15:22 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年03月10日(Sat)18:02 [EDIT]


e-251Sugarちゃん
お久しぶりです♪カレンダー喜んでもらえてとっても嬉しいな 来年のも頑張るね!
被災された人達には本当に大変であるとその心中察するにあまりありますが涙が出るとか出ないとかの次元ではなく・・・ただこと動物に関してはもう涙しか出ません ごめんね ごめんね 意味もなく謝るしかない 何でだろう
人間は怖ろしい 愚かだ 
出来ることを着実に少しずつでもやっていかないとね・・・

管理室 | URL | 2012年03月25日(Sun)09:53 [EDIT]