ふるさと壊滅

数日前の急患
しっぽの先からの流血が止まらないって・・・

ようはこうだ
どっかにぶつけたしっぽの先が気になって気になってしかたなくて
自分で 食いちぎって しまった
痛いんじゃないかと思うのだけど・・・

痛みを知らぬ男はこのお方です 


            012124DSC_4381.jpg


飼い主
「もう大変なんです 家の中が血だらけで・・・怒りん坊で触らせてくれないし・・兎に角どこにもぶつからない程 すっごく短く しちゃって下さい 

なにやら家の中で一番偉いらしい お天下さまなんだこの子が・・
あたしにはすこぶる良い子で大人しいんだけどねぇ
飼い主さん優しすぎるんだと思う

院長
「すごく短くと言われても悪くないところまで切り落とす訳にはいかんよ 
取り敢えず骨が出ちゃってる所は処置します 
それとは別だけど主人であるあなたがもっと勉強してしっかりリーダーシップとらんと駄目だ 」

で処置したシッポ 
なんか滑稽 プッ


            012124DSC_4377.jpg


んで訓練士を紹介 
犬より飼い主家族が揃って訓練を受けてもらうようによーく説明
この犬種、扱いが難しい理由が沢山ある
あたしは見た目通り可愛くて家庭犬としてふさわしい犬種だとか、ど素人が飼いきれる程簡単な犬ではないと思っている
前にも日記にあげたような気がするけど・・・機会があったらまたうpしましょう


            012124DSC_4384.jpg




簡単ではない と言えば・・・

知人が執筆した本
『原発は福島県をつぶした』

あたしがいくらぎゃーすぎゃーす騒いで原発事故がどんなに酷いものかほたえても所詮は実際に経験しているわけではないから薄っぺらな感じを否めない
でもこの本の著者 破岩(はがん)氏は実際に今まさにその災いを被っている被害者当人である
本の中で語られる諸事実は切実にそして揺るぎなくあたしの心をギューッと掴んで放さない
是非みなさんにも読んで欲しい一冊です

まさにその通りだと思うことばかりだけど中でもこちらを紹介します


怒り

第1
「裏切られた」と言うことだ
「安全」と言ってきた
町が、住民の生活が豊かになると言ってきた
だが、いま、安全でも豊かでもない
不安と惨めさの渦に巻き込まれてもがいている
誰が裏切ったのだ?
国民は騙されたのだ
政府も電力業界も国民を裏切ったのだ
これを怒らずにいられますか?

第2
すべてが奪われたこと
これまでやってきたこと、積み重ねてきたことのすべてが奪われた
しかも自分たちのものだけではなく、祖先から伝えられたものも奪われた
その上、子孫に残し、伝えるべきものも奪われた
これを怒らずにいられますか?

第3
原発事故は初めての経験で、戸惑うことばかりである
ところが、安全・心配ないと言って来た政府も事業体も、はては専門家と言われる人たちも、どうしていいのか「わからない」のだ
一体これはどういうことか
この平和な世の中に、わからない、危険なものを持ち出してくるとは、一体どういう魂胆か?
これを怒らずにいられますか?

第4
放射能から避難している人たちは誰しも先が見えないと口を揃える
福島県民はみな、先が見えないのだ
実は、政府も電力業界も、いやいや日本国民のみならず世界中の誰にも、先が見えないのだ
世界中に散らばっている原発が次々と事故を起こすことは十分考えられること
たぶん、必ず、原発の老朽化とともに、起こるはずだ
人類の先はますます見えないではないか
これを怒らずにいられますか?

第5
何事もそうだろうが、関係のない人は関心を示さない
福島県から遠くの人たちは原発事故の重大あを重く受け止めていないように見える
離れている地域では原発再稼働の動きが見える
新型の原発は大丈夫だと、テレビ出演してしゃべった愚かな学者先生もいた
こういう人たちは自分の利欲だけを求めて満足している
人間という生き物は、どうしてこうも飽くなき欲望を抱くのか
これを怒らずにいられますか?

まっとうに生きて来たわれわれは、生存のために、怒りをぶちまけねばならない




本を読み終えて・・・いまあたしはこう思う
頑張れ福島 頑張れ東北 頑張れ日本
津波の被害に立ち直れても原発事故の被害に立ち直ることは厳しい
不可能だと断定しても過言ではない
頑張れと言われても物理的なものだけではなく夢とか希望とかみんなまとめて失ってしまったら一体なにをどう頑張ったらいいんだ 
どんな風に頑張ったら悲しくて辛くて涙がこぼれない日々が帰ってきてくれるんだ 

                        012124hyogo.jpg


この本読んで欲しいと言ったけどアマゾンとかで売ってません 汗
多分自費出版
著者を直接紹介しますので希望者はこちらに連絡下さい
3kdiary@gmail.com


            no3.jpg



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご紹介ありがとう

関東に住んでいると、これまで何気なく手にしていた食材の多くが、東北に依存してきたのだと買い物をするたび考えます。
正月のセシウムの数値の急増を知るにつけ、私達もともに被爆しているのだと、すぐ近くで起きている事故なのだと改めて認識していますが、やはり東北の生の声はなかなか届いてこないのが実情です。
だから、この本はぜひ読んでみようと思いました。
早速注文してみます。

rhythm | URL | 2012年01月22日(Sun)23:20 [EDIT]


メコン川岸で栄える犬密輸ビジネス

www.cnn.co.jp/business/30005404.html?google_editors_picks=true

是非、見てください

ノンポリ | URL | 2012年01月26日(Thu)12:12 [EDIT]


e-247rhythmさん
有難うございます 宜しくお願いします

e-247ノンポリさん
拝見しました
中国でも同じような(こちらは毛皮をとるためらしい)画像をみて胸がえぐられるようでした
この子達の目が訴えていること、少しでも伝えていけたらとは思いますが人間ってなんて恐ろしい生き物なんだろう
諸悪の根源は叡智溢れるではなく残酷極まりないホモサピエンスですね
でもこういった愚行を阻止できるのも私達人間です
一体でも何ができるだろうと頭がクラクラします
ごめんねごめんね
早く神様に導いてもらってくれと思うしかなくて悲しくてたまりません

それにしても食肉か・・・
これから先どんどん人工が増えていって(日本ではなく中国インド)食糧難になるのが明白
あうー苦しい

管理室 | URL | 2012年02月06日(Mon)12:06 [EDIT]