近頃の院長

当帝国ホテル、がまかつ支配人です 

            091723DSC_0434.jpg

さて近頃この支配人が気になって気になって仕方のない院長

『いつもはあそこの枯れ草の上にいるんだ』
『寝ているのは小屋の下か倉庫の下だな』
『じーっと見ているとたまにパクッと口を開けるんだ あれは何か食ってるな 飛んでる虫とかを・・』
『今朝はいつものところにいなかった』
『わしが去年撮ったこの写真のがまかつとあそこにいるがまかつは同じがまかつかな?』


どーでもいいんですけど・・・

あまりにも支配人に気をとられている間に数年来大事に大事に育んできた院長メダカが忽然と姿を消してしまった


            091723DSC_4122.jpg


院長
『めっめっめだかがいないーーーーーーーーー』

そんな院長の今日の出来事

院長@満面の笑み
「わしは大人になったな」

薬を取りに来院した患者主が話に夢中になったのか出したお金を薬と一緒にバッグにしまってしまったらしい
それを指摘できたというのだ
開業○○年以来初めてだって  

そういえば一番酷かったのは早朝叩き起こされ往診
1万円札を出した患者主におつりを渡したらそれと一緒に1万円札もしまわれてしまった事があったね

大人ね・・・ふぅーん


            091723DSC_4096.jpg



            

日本だけの問題ではない
どうして原発などという恐ろしいものが存在しているのか?
とてつもなく毒性が高く私たちの生活だけではない 命を脅かすものが平然と存在しているのだろうか
それも国策だなんて守られて・・・
たかが電気だ
されど電気とは言わせない
原発の危険、高濃度放射性物質、核のゴミ
すべてきちんと説明されてそれでも
電気が欲しいから 裕福な生活がしたいから原発が大好きです
そういう人がいるなんて思えない

本当に判らない

福島の事故だけで国の根底が揺らいでいる
国としての存続が危ぶまれている
福島の原発事故と地震の被害 これは全く別物で同じに考えたらダメだ

今稼働していない原発でも万が一地震などで破局的な事故に陥ったら・・・
日本は確実になくなる

一体どうなってしまうんだろう

テレビから流れるお気楽過ぎの情報も何故お気楽でいられるのか頭の中で  の渦が巻いてます

専門誌を読めば読むほど背筋が凍り付く 
東電も原子力保安院も安全なんちゃらっていう国の審査官も、恐ろしいことには 未だにというか今まで (これからもか?)機械工学的、材料工学的、地質学的、地震学的、変動地形学的 に最低限持っていなければならない知識、まともな判断能力がないらしい
地球の歴史を知らず (プレートテクトニクスなど) 地質学・地形学においても ど素人軍団 である彼らが原発推進者なのである


                        091723hyogo.jpg


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する