恨みのギフト券

今日は休診日
自宅でノーエアコン耐えていたが夕立にて窓しめたら釜ゆで地獄
いそいそと 犬舎 帝国ホテルへ下り脚立に腰掛け読書をしてましたが何か?



こんなもんがでてきた


            DSC_2153.jpg


それも10枚20枚じゃあない  沢山 ズッシリと・・・
数えたくない・・・


            DSC_2154.jpg



院長に発見される前に全部こっぱミジンコ、ビリビリにして燃えるゴミの奥深くに埋葬 ナムー
何だかちょっと悲すーーーーーーーーーーーい 


西武デパートご利用のみなさま
カードのポイントは永久不滅だけどクラブオンカードは期限ありですからっ!



数える と言えば・・・
数えられないほど次から次へとお出ましのこれ


            081023DSC_2176.jpg


            0810231DSC_2162.jpg


なんだこれって これですよ これっ 


                 081023DSC_2162.jpg


            081023DSC_2175.jpg


レボリューションつけたにも拘わらずもうずっと出てくる 
その都度ぎゃんぎゃん騒ぎながら院長が水で流し界面活性剤を塗布 (排水溝に


            081123DSC_2177.jpg


あたしも激しくそー思う 


あたしが ダニー と名付けた老齢の彼は じろう と言う名前だった
昨日、無事に保護者が迎えに来てチェックアウト
(宿泊費はないがダニ駆除薬代金は頂きました)

ヨカッタ
本当にヨカッタ

真夜中 それも丑三つ時過ぎてから 呪文のように
お家に帰るのだ お家に帰るのだ お家に帰るのだ 
お家に帰るのだーっ
・・・」

と唱えつぶやきながら1時間以上もダニー爺さんの行きたい方へゆるゆる歩いた
が、悲しいかな ぐるーっと回って行き着いた先はうちだった  撃沈

ここはおらんちだ
ぬしんちじゃねーだよ  ひぃいいいぃ


これから先お盆休み預からねばならない子も一応チラホラ
凡がいない分お部屋はなんとかなるだろうけど先ずダニー爺さんの身体を洗わないと・・・・とか

こんな年じゃ譲渡先なんてみつけられるわけない
じゃっ なにか?
がまかつ支配人の栖、帝国ホテル中庭か・・・とか

果てしなく考えは頭の中を巡り巡り明け方4時まで眠れなかった

だ か ら  ヨカッタ
管理はイマイチ杜撰だけどきちんと説明したらダニのこととか判ってくれて何より
「じろう 何処行っていたんだ こいつはめっぽう雷が嫌いでね すみませんね 迷惑かけて・・
じろう 心配してたんだぞ じろう 良かったな」
その言葉に嘘はないようだったし 何よりヨカッタ あたしがヨカッタ


凡 と言えば・・・

別邸Dちゃんちで手篤いもてなしを受け滞在ちう


            L8520038.jpg


8年以上ともに生きた前の子、コールも晩生、ブルママとDちゃんちを行ったり来たりの優雅な生活だった
で 訪れたあたしをちらりと横目で訝しげに見
「あんただれ? お呼びでないよ」
みたいな薄情を絵に描いたような態度に失望したのは記憶に新しい

だから凡なんてたったの2年半だもの 同じようなことだろうとなーんも期待もしていなかった


              L8520041.jpg


そう・・・・ あたしを見た瞬間、顔を振るわせて喜こぶ凡 感涙


            L8520051.jpg


注: 画像に見えている舌はあたしのじゃなくて凡のベロです 


あたしたちの1日はこの子たちの1週間から10日に値する
Dちゃんちに移動する前より更に腰が悪く立つのも難儀になっていた
Dちゃん、重くてごめんね
バトンタッチしてしまって本当に申し訳なく思っております 


                        081023hyogo.jpg


            L8520007.jpg


いい感じです いまのところ


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する