一周忌


一昨日知人A姉さまの1周忌法要があった
真友Dちゃんとあたしはこの姉さまに本当に本当に可愛がってもらった
あたしたちの大好きで大切な姉さまだった

住まいが遠いのと晩年は体調を崩していた姉さまとは平素なかなか会うチャンスがなかったけど手紙や電話(アナログです)は欠かすことなくいつも寄り添ってくれていた
去年の6月、Dちゃんから号泣嗚咽の電話
Dちゃんが泣くなんて滅多にない事だから実母が他界したのかと思いきやそれは姉さまの訃報だった

あっというまに1年が経ってしまったなぁ
親族だけの法要なのに赤の他人のDちゃんとあたし

お坊さん
「わたしはつい先日ペースメーカーを入れたばかり 病み上がりなのでお経を間違えたらごめんなさい」

ん 
それから式が始まるまで自分の病気の話を延々とするお坊さん・・・・

でいざお経が始まってすぐ・・・
おっおっお経が 変すぎる 

で やってもうた 久しぶりにやらかしてもうた 
Dちゃん笑ってる
だめだ やめて やめてくれー

足を必死で抓っても堪えきれず吹き出すあたし 
とまりません とめようと思えば思う程 とまらないんだっつーの

涙は流れ鼻水まで垂れ・・
必死でバッグの中を探すが あ 忘れたのはお数珠だけじゃなくてハンカチもティシューも 

ポーチの中に歯磨きシートを発見 びりっと破いて一応紙だ 助かった
と目頭を押さえたら これミント
ひいいいいい 目が痛い
んがっ もだえ笑うあたしが具合悪く見えたのか お隣に座っていた某老人ホームの理事長が覗き込む

見ないでくれー 笑いがとまらん  助けてぇ・・・orz

いい年ぶっこいてこげな醜態
どーしましょーーーーーーーーーーー

式の後、また長い説教
これもまた何故かご自分の話ばかりなり
永遠と続きそう

[私はですね 小さい頃から身体が弱くて、仏門にに入って徳を積んだわけですが、雷に打たれるという事故にあっても私だけは助かったという功徳の甲斐がうんぬんかんぬん」


お願い もうこれ以上笑かすのやめて・・・


                 1288hyogo.jpg


PageTop

続く訃報


先週のこと
仲良くしていた知人が亡くなった
まだ若いのに・・・
横断歩道を渡っていて信号無視ノーブレーキの車にはねられて・・・
なんで 
いっつもニコニコ微笑んでいて
回りの人みんな明るい気持ちにする可愛い女性だった
あたしのカレンダーを毎年とっても楽しみにしてくれて・・・
どうして 
悲しい 

そして院長の叔父も鬼籍入りした
彼は自分の人生をネパールに捧げた人だった
過去記事はこちら 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-443.html

若い時結核で片肺をなくしたというのに、ずっとヘビースモーカー
ムスタンという高地、空気の薄っすい所で暮らし94才まで生きながらえた
遙か遠く彼の地で鳥葬にして欲しいって言ってたけどそれは叶わなかったねぇ 叔父さん

あれだね
こんなに長生きできたのは、環境ホルモンみたいな文明の弊害と一切関係なく暮らせていたからだろうね
あたしはそう思う

天寿全うと突然の不本意な死
何がどこでどうなっちゃってこうなるのかあたしにはよく判らない
いつどこで自分だってどーなるか判らない
今日も1日有難うって感謝し過ごすべきだなって痛切に思ったりする

                    61828hyogo.jpg


只今帝国ホテルには水玉王子が滞在ちう 


            1 DSC_1223


            2 DSC_1217


            3 DSC_1218


            4 DSC_1212


            5 DSC_1213


            6 DSC_1216


            7 D SC_1214


PageTop

Farewell 追加


朝一番でDちゃんから知らせが・・・
「ヤマちゃんが亡くなったよ」

ヤマちゃんは昨日日記にあげた鬼籍入りの姉さまがDちゃんに、かれこれ10年以上前託した4匹の猫の1匹だ
ああ 姉さまが1人じゃ淋しいからきっとヤマちゃんがついていったんだ
それか姉さまが連れて行ったかだね


その昔 姉さまは近所の野良猫ちゃんたちに餌付けをしていた
で勿論不妊オペをして回りに迷惑をかけないようにそっと世話をしていたのに近所から苦情が出てね



「今Dちゃんのお家には何匹猫がいるの?」

から始まって・・・
面倒をみてきた4匹の猫 ヤマちゃん チャーちゃん、ミーちゃん、クロちゃん この子達の余生を家の中で心配なく暮らさせてやりたい 
そー言うことだった

ゆこちゃん どうしよう 
聞くところによると エフなんちゃらっていう難しい病気に全員罹患しているんだってって

ああ FIP 猫伝染性腹膜炎ね そらーみんな直ぐ死んじゃうわ 不治の病だから

じゃあ4つまとめて迎えましょ ってことになり・・

彼らは超野良ちゃんで餌付けしていた姉さまも触れるような輩ではなく、勿論全く人慣れしていないので家の中で離すの不可、大きな3段ケージを4つも購入しその中で暮らしてもらうことに相成った
まぁ 長くても半年は生きないと思ったから・・・orz

問題は毎度毎度ご飯をあげるとき、更に問題はおトイレ換えるとき
もうね まぢ本気の猫パンチの応酬、恐ろしくていちいち命がけですから・・・

なにげになんとか1匹一番元気そうな子に鎮静剤かけて調べてみる 
本当にFIP かどうか


じゃじゃーん 陰性
その上エイズも白血病も陰性 

全員調べたけどみんなシロでした
えーえーえーえーえーーーーーーーー 

それから苦難の道をDちゃんは歩み始めたわけである 笑

と言っても朝な夕なに面倒をみてこよなく愛し大切にしたのはDちゃんのだんなちゃん k君であり、だからK君だけには慣れたんだけどね


目が合っただけなのに すんごい形相で しゃああああああああああああっ って吹きまくってた
ごらぁ 近くに来てみやがれ 触ってみやがれ ぶっ殺す 

信頼関係できるとこんなに穏やかになるんだよね


            10295079_391527851014178_8679663927704651065_o.jpg


1人になっちゃったチャーちゃんが ヤマちゃんのこと探して鳴くんだって
Dちゃんほろほろしています

みんな天国に行けるから
そう 行けるから

天国が相当賑やかになってきてるね
こっちに残された人が少なくなって・・・

合掌 

PageTop

Farewell


               June_2016060718171903d.jpg


大好きで大事でたまらない人を亡くした
突然だった
信じられない
今もまだ彼女がもういないんだって認識できない

Dちゃんと一緒に昨日お別れをしてきた
Dちゃんの号泣 初めてかも

ため息が出るほど美人だった姉さま
永遠の眠りについてしまったそのお顔もとってもきれいだった

誰も見ていないときに
今にもふっと目を開けそうな姉さまの額に
こっそりお別れのキスをした
今まで看取って来た子達にいっつも漏れなくしてきたように

勝手に逝ってしまうなんて許さない
許さないんだから・・・

あたしのこのブログが大好きでいつも楽しみにしてくれていた
アナログ人間だからまとめて印刷して送っていたの
ここ3ヶ月分をちょうどポストに投函したあとの訃報だった

御主人が 
一緒にお棺に入れてもいいかなって
良いに決まっています 

悔し涙じゃない涙 久しぶり

思い起こせば府中にある超ド級の動物愛誤団体にお互い騙されて酷い目にあったのが知り合ったきっかけ
それからは陰に日向に温かくあたしたちの活動を支援、本当の身内以上の関係だった

姉さま ハワイに連れて行くって約束したのに
その前に温泉行こうよって誘っていたのに
こんなに早く急に突然逝っちゃうなんて酷いよ 酷すぎる



でも
姉さまらしい潔い逝き方だ
ずっとずっとすごいって思ってたけど最後の最後まですごいよ 姉さま
これからはね
あたし達がそっちに逝くまでみんなと一緒にお空の上から見守って下さい

姉さま 笑顔の素敵な姉さま
あたしに辛い事があると一緒に泣いてくれた姉さま
いつもいつも気にかけてくれてあたしのこと大大大好きって言ってくれてた姉さま
あたしも姉さまのこと大大大大大好きでした 今も大大大大大大好きだよ

写真立てに入った姉さまが笑ってあたしを見ています
姉さま
いっぱいいっぱいありがとうございました



黒い服 悉くチャックがあがらない
これもあれもこれさえも!!愕然
友達に礼服を持って来てもらうが朝着てみたらあらまたびっくり
力いれたら破れそう
まずい 非常にまずい まず過ぎる・・・・

なんてあたしは細かったんだ 

                   060728hyogo.jpg

PageTop

狸のクッキー


                 5_20160509184108789.jpg

ガ━━(゚Д゚;)━━ン! 
あっという間に連休過ぎちゃいました
みなさん ゴールデンウィーク どうお過ごしでしたか 
あたしはしっかり 仕事 でした


さてさて・・・そんな世間では連休初日の出来事
とっても感動することが・・・

話すと長すぎるから経緯は割愛
まぁ このブログを観てくれている人には周知、狸の福のその後です

初めての人に軽く説明
去年の今頃知人が保護してしまった狸、色々事情の果てに私の仲良しに迎えてもらう (半ばより9割押しつけに等しく)

可愛くて大人しい赤ちゃんの時じゃなくてです
ずっと可愛いままでいてくれる いてくれる筈 
そのまま何とかって思ってたけど、やっぱり狼は狼、狸は狸、決して犬じゃない 痛切に思い知らされた 

凶暴で触るなんてとんでもない 放獣ができない今安楽死も考えた

悩みに悩み誰を恨むこともできずどうしたものかと・・
無性に苦しく悲しくどーしょーもない気持ちで一杯になって・・・

試行錯誤しながら でもその命をつないでくれたKちゃん
心から感謝しています 

彼女の日記は以前もお知らせしたしここにもリンク貼ってあります
こちらです 
http://fuku2015.blog.fc2.com/

みなさん是非応援して下さいね 


そんなKちゃんが持って来てくれたクッキー


            DSC_1068.jpg


1つ1つ顔が違うんだよ
お手紙を読んでそして1つクッキーを手に取ってKちゃんの優しい気持ちを思ったら涙がこぼれて止まらなかった

Kちゃんの手紙

「5月6日に保護されたので正確な誕生日が判らない福、なのでフクという名前に因んで4月29日をお誕生日としてお祝いしました。無事に1才を迎えられたお祝いにクッキーを焼きました。召し上がって下さい。今後も福共々宜敷お願い致します」

Kちゃん本当にありがとう
できる限りのフォロー勿論して行きます
これからもこちらこそ宜敷お願いします

クッキーすごく美味しかった 

で 福クッキーが持っている苺、ドングリだと間違えてごめんなさい
中に入ってるあたしの大好きな(わざわざ入れてくれた)ピーカンナッツ、くるみと間違えてごめんなさいw

また作ってね 


                      092827hyogo2_20160509184111a9c.jpg


            13133120_738088679666731_4445628851291647202_n.jpg

PageTop