FC2ブログ

Photogenic


暑い  ムシムシして不愉快指数爆裂 

さてスカーレットファンのみなさまお待たせ致しました 
今回と次回 2つに分けてどどーんと行くよーっ

平素スカーレットのにゃんわん達は往診に院長が馳せ参じる
が 昨日・・・待合室に・・・ご降臨 びっくり それもにゃんこ抱えて・・

あたし
「どっどーしたの  明日往診する約束にしてたよね なんでまた今日 

スカーレット
「ちょっと聞いて下さる 今駅で変な男の人がしつこく言い寄ってくるのよっ 
写真撮らせてくれないかって・・・嫌です ワタクシ写真嫌いですからって断っているのにずっと後ろから付いてくるの あろうことか 裸じゃなくていいからですって  失礼なっ  ☓○▲□◆☆★ 

診察台に乗っていたにゃんこと飼い主さんもびっくり

それにしてもとんでもないヤツがいるもんだ
回し蹴り&正拳突き に匹敵する失礼 それもかのスカーレットさまに 

でなぜお見えになったかといえばチャチャの口に腫瘍ができたのを発見したとのこと
チャチャはもと野良猫 ぼーっとしているお坊ちゃまではないので口の中なんておいそれと見せてはくれませぬ
で軽く鎮静させてみると・・・

なにこれ  
腐りかけてグラグラした下顎犬歯に毛玉がくっついでいるだけやん

スカーレット
「きゃー ゆこちゃん 何その持ち方 つまむみたいに持ち上げないで  可哀想じゃない ああ もっと丁寧に あああ そんな乱暴なっ」

って意識ないんだから大丈夫 全くもう ○○さいな 

数本残り少ない歯を抜歯、これで犬歯は全部なくなった 
これで反撃されても怖くなし 歯槽膿漏で口が臭いこともなし

麻酔から覚めてちょっとギャーギャー騒いでいたけど落ち着いてきたのでお帰りに・・
心配だから駅まで車で、またそのおっさんがいたら駅員に助けを求めよと告げ仕事中だったので別れる


スカーレットからのラインメッセージ

『帰り道、東久留米駅改札前で チャチャはニャアオーンと雄叫びみたいに。
見知らぬ老婦人が近付きあら猫ちゃん、どうしたの?としげしげ覗き込むの。
悪い歯を抜いたのでと、やり過ごすつもりが、☓☓動物病院?あそこなら安心よ、先生の腕がすごいんだと評判なんだから、哭いても心配いらないわよって。
百も承知の助と言いたかったけれど、したり顔で説明なさり始めたので聞いていました。約数分。

電車を降りてバス待ち中 80歳のご婦人が 猫が大好き 私の猫はと語り始め 私がバスを降りるまで 夫は検事 阪大病院で医療過誤 10年間医療裁判して、ああだこうだと話し続け わたしが降りる時には 手をとって お名残惜しいことです、どうかお元気でお幸せにと言われたわ。 非常に❔な1日でした。


                     スカーレット


明日は選挙だね
悩む・・・

PageTop

New era

スカーレット宅にお茶に呼んで頂く

あたし
「ねね あれ聞いた? あまりにもあまりだよね 願っていません

スカーレット@眉をしかめる
「はぁ~」ため息

己の稚拙さを全く恥じることのない尊大な現総理大臣に
お健やかであらせられますことを願っていません
と祝福された天皇皇后両陛下は今、上皇上皇后陛下にあらせられます
勿論あたしは彼らの幸せを心から願っている

で天皇陛下になった浩宮君
そして皇后 びっくりしゃっくりこれっきり 事ある公式行事にこの上ない笑顔でお出ましに・・・
もっと前からできたんじゃね?
某大国大統領とも通訳なしで談笑 すんばらしい
でもなんか上皇后陛下のお気持ちを拝察させていただくと同じような笑顔で微笑ましく拝見できないあたし 
ま そんなことはどーでもいいとして

久しぶりに見せてもらった品々
勲章に掛け軸、銀杯などなど すべて上皇陛下から拝受した逸品ばかり


     IMG_5081.jpg


    IMG_5082.jpg


     IMG_5084.jpg


特に素晴らしいのはスカーレットの母君が直々に頂戴したという貞明皇后の櫛


     IMG_5086.jpg


本当にあまりにも素敵すぎてため息が出るほどの細工
裏側の細工も素晴らしいの(撮るの忘れた
これぞ日本の職人魂 
ああ こういう技術を後世につなげていく必要があるんでないの? この国日本

素人目からみても第一次産業と第二次産業蔑ろにし過ぎ
色んな部門で1番だった日本が今はもう総なめだめだめになっている
こんなんでいいの


        nai!_2019060319223715b.jpg

PageTop

チャトとツクシの物語 完

         
         12_20171207161017b51.jpg


長らくお待たせ致しました 
色々忙しかったのです  
10月初っぱなから11月終わりまでまた3年ぶりにイスラエルから友達が来ておりました
そのお話はまたゆっくりと・・・

ざけんなよこのアフォ  ってお怒りのあなたも そうよね 色々あったのね いいのよいいの  って心寛大なあなたも いよいよこのシリーズ最終話であります 

チャトが亡くなり、そしてM子さんも鬼籍入り
数ヶ月があっという間に経ってしまった
そんなとある日スカーレットからお願いのメール 

スカーレット
「ゆこちゃん、悪いんだけど一緒に行って欲しいところがあるの ランチご一緒しましょう!」

なに  どこ  なにしにいくの  なに なあに 

行く先はM子さんが毎日通い詰めていた某猫カフェ
何故に  今更  なんでまた 

スカーレット
「きっとね つくしが淋しがっている筈なの だって毎日M子さん行っていたのですもの・・
ちゃんと、つくしに もうM子さんはあなたに会いに来られないのって伝えないと! それがケジメっていうものだわ」

うん 相手が話して判る人間だったらそうだよね
でも・・・つくし  猫でしょ猫 

んで 猫カフェっ初体験
うーむ
猫は好きだけど はっきり言って猫カフェは好きになれません
帝国ホテルもさぞかし香しいだろうが(慣れっこになっているけどね)あの独特の匂い つーか 臭い
とてもじゃないけどあそこでなんか食するなんてあたしには無理
そーいう物理的な事は二の次三の次で、なんかねー 動物園だって大嫌いなんだもの
同じ路線で好きになれないってこと

さてつくし君
スカーレットが徐に話しかけ写真を見せたら・・・


            P1010112.jpg


スカーレット
「つくし、判る  M子さんよ 云々かんぬんにゃんたるちあさんたるちあ・・・」
その話にジッと耳を傾け、その上、なななんと摩訶不思議
ジーッと写真に見入ってました 

スカーレットの猫語が理解できたのだろうか・・・

M子さん かなりの資産家
没後可哀想な動物たちにその寄付するらしいと小耳に・・ 
どうしよう CAJAの会にびっくらするくらい寄付頂いちゃったら・・・
うげーーーーーーーーっ ドキドキ ハラハラ


            SCN_0001_20171207161020b3e.jpg


全額 国境なき医師団と某国立の施設へ寄付されたそーです はい
盲導犬関連に行かなくてヨカッタヨカッタ


PageTop

チャトとツクシの物語 4


G-mailって本当に便利 
メール内で M子さん で検査かけるとその時のやりとりがパッと出てくるー


某月某日

あたし
でM子さん大丈夫なの?

スカーレット
ウ…今日は大丈夫だった。
看護師が電話してきて、M子さんが話したいって、半分聞き取れなかったけど、身内じゃないし、忙しいのだから無理してこないで良いって。
M子さんの本音は来て!って事、天邪鬼ですからね。
それで直ぐに行ったら アパートから印鑑やらマイナンバーカードやら持ってきて弁護士に預けろとか、麻のブラウス持ってきてとか・・・
夜、大家さんにお願いして、家の中捜ししてようやく見つけたわ。
50分ほど病室にいたけど、ずっと手を繋いでいたのよ。寂しくて心細いのよ。
明日は2時に来ると言ったら、はい、って素直でした。
他界した父上が部屋に迎えに来ているのだとか、怖い‼ 何も食べられなくなってもう骨組みだけみたいになっていて、手足は動かないし状態はかなり悪いと思います。

あたし
そうか・・・最後にチャトがスカーレットの事探したんだねぇ
なんか切ないね
色々没後のこともお願いできたし本当に彼女にとってはスカーレットに巡り会ったことが人生最大の良かった事じゃないのかしらね
できればもっと前に知り合っていれば(M子さんにとってだよ)更に良かったのかも知れないねえ大変だろうけど頑張って
でもスカーレットの身体の事が1番心配だからきちんと大事にしてね
私で出来る事があったら何でもするから言って頂戴
南無~ マリア様にもお願いしよう

スカーレット
チャトは家の裏庭が公園への通路だったから、M子さんと知り合う前からよく知ってる野良猫だったの。
始まりは公園で意地悪されて水の器を何度も遠くに捨てられるので裏庭に水を常備してほしいって話しだったの。
時々は餌もあげてたし。
M子さんとは2年少しの付き合いだけど、映画見たり動物園行ったり絵画展やら外食やらジャズ聴きにいったり、それなりに愉しい事もしたのよ。
孤独な人だから最期の時間に寄り添ってあげたい。一人ぼっちで寂しい中で逝かせたく無いだけ。
ゆこちゃんの仰有るようにチャトが私を呼んだのね。だから自分は私に迷惑かけないように3ヶ月で死んだのだと思います。

あたし
なんか泣ける
人間の事には泣けないけどチャトの気持ちを思うと・・・
変な人でもチャトにとっては掛け替えのない人だったんだよね
お互いに支えあってたんだね
なんかなーって思う
最後にスカーレットに会えたこと 本当にM子さんにとっては神さまからの最高のプレゼントなんだと思うよ
チャトの絵でも描いてあげたら喜ぶかしら?


スカーレット
喜ぶとは思うけど間に合わないでしょうよ。
無宗教の人だから、死んだらゴミになるだけと言ってるから、虹の橋の話しをしてあげてる。
この世をさると、チャトが貴女を見付けて駆け寄ってくるの、そこでは貴女もチャトも若くて元気で、チャトが道案内をして一緒に虹の橋を渡り天国へ行くのよ。もうチャトと別れる事は無い!って。
それだけは信じて、たぶん信じているみたい。
私なんか犬猫大集団で待ってるから賑やかよと話してるの。
私の最期の日々に誰が手を握ってくれるやら…ゆこちゃんかな?だったらいいなぁ。

あたし
手だけじゃなくて足も握っていてあげるよ
って私の方が先かも知れないじゃーん
スカーレットが死ぬなんて考えられないし考えたくもない
つーかやっぱり身近な人の死はこれといった理由なくこたえます
どっちかというとM子さんの場合は今の苦しみから解放されることが死ぬことだろうと思うから落ち込まないでね
絵はやめておく
来年のカレンダーにはチャト載せるってお伝え下さい!

スカーレット
必ず、今日一番に話すわ。
わたしは大丈夫、落ち込まない。
ゆこちゃんが思うとおり苦しみから解放される、楽になると思うから。

あたし
だね みんな死ぬんだもの!!


そしてその某月某日の数日後

スカーレット
M子さんが未明に亡くなりました。
昨日夜は呼び掛けるとわかってはいても目を開けないし、手を握ると僅かに握り返すだけ、枕元で早く楽になりチャトに会えますように、チャトに早く迎えに来るようにと祈りました。
通じたのかもしれません。
2年半あまりが終わりました。
ご遺体は今朝斎場へ移り連休あけに荼毘にふされる事に。
私は行きません。
命のある間に出来る限りの事はしたから。
M子さんなら、それでいいわよ!と言うでしょう。

あたし
うん それでいいよ
昨日の夜 M子さんが亡くなるって思った 何故か
お疲れ様でした
M子さんの人生で1番有り難かったのはスカーレットに会えて看取ってもらったことだと思うよ
暑いね
疲れてるでしょ 
ゆっくり休んでね
チャトもありがとうってきっとスカーレットに言っていると思います


まだ
                  つづくhyogo

あ・・・カレンダーにチャト入れるの忘れた・・・滝汗


PageTop

チャトとツクシの物語 3


チャトの遺骨はスカーレットのお墓に納骨することに・・・
何故

更に不可思議はM子さんが以前飼っていたんだかこれも野良ちゃんで看取ったのか判らないけどその子のお骨まで納骨すると・・・
何故  どうして  Why 

人の事をとやかく言えないのは重々承知しているが、いくらなんでも人が良過ぎ 
というかM子さん変過ぎ 

そういえばスカーレットに毎年頼まれる年賀状のイラスト
スカーレットんちの子を描くんだけど、なんでそこにチャトが入ってないのか怒っていたって・・
ううむー 

チャトと全然知らない猫が入ったのはここです 


            お墓2


            お墓1


            P2015_0430_111013.jpg


余命宣告されているはずのM子さん
入院することもなく、チャトが亡くなった後もスカーレットとの友誼が続く
多分他に友達という友達が全くいなかったんだと思う

チャトに先立たれたそーんなM子さんが通い出した(それも連日)場所、それは某猫カフェ
すべての猫は由緒正しい純血種なのに1匹だけチャトにそっくりなミックスがそこにいた
その名前 つくし

想像するにいくら猫が好きだと言ってもこんなに連日通い詰め、他の客のところへ行けばあからさまにヤキモチを妬き、洋服だのおやつだの貢ぎ続ける客は多分その猫カフェ始まって以来M子さんが最初で最後のような気がする

M子さんの近況話をスカーレットから聞く度に いい加減にしなよね なんて牽制していたけど、だんだん彼女の日課である猫カフェ通いも厳しくなり、自宅で過ごすことも叶わなくなる 
 
そして入院・・・


                    つづくhyogo


PageTop