あけましてお年玉下さい♪


                 JAN


きっさまーーーーーーーー あれだけ誓いを立てたのにこんなにサボって良いと思ってんのかぁああああ 
と憤りのあなたも
年末年始忙しかったのね お疲れさま 
と優しい心のあなたも

あけましておめでとうございます 
一応喪中だから おめでとう って言ったらNGですが・・・
あけまして お年玉 下さい 
だったら何となく良いような気がします

そこで一句

松も開け ハッと気づけば クリスマス


1年が経つのが早い
早すぎる なぜ どうして WHY 


あたしのお正月
大晦日はいつも通りDちゃんちで大御馳走
蟹シャブ んまーーーーーーーーーーーでした 


            P1010022.jpg


その後は恒例の 年越し蕎麦 
年々DちゃんだんなちゃんのK君 お蕎麦茹でるの上達してます
もうビックリするくらい大きなお鍋で一気に茹でるのだ (写真撮り忘れ 次回ね♪)


            P1010024.jpg


翌元旦は 真友ミミちゃんの生家 上野ホテルにある料亭からの高級高級おせちをこれまたDちゃんちで・・・
こちらも うんまーーーーーーーーーでした 


            P1010026.jpg


そんなありふれたお正月とは段違い平行棒
スカーレットさまのお正月はこちら すんげー 
リッチ過ぎます はい


            DSC_0185.jpg


NHKの番組観てたら スカーレットがっ 


            DSC_0206_20170108232749bca.jpg


とってもキレイで目立ってました 
流石あたしのスカーレトさまさま 笑


勿論飛行機はビジネスクラス、お泊まりのおホテルは本物のインペリアル
スイートっつーんですよね デラックスルーム
もう あたしの給料の2年分 とほい目 


そんなスカーレットさまのお土産はこちら 


            DSC_0188_20170108232751c1b.jpg


真ん中の白いのは、それこそ本物のザッハトルテ
Dちゃん 
「はっはっ箱は 
このインペリアルトルテ、入っている木箱がとっても可愛くて大事らしい
が! スカーレットさま
「かさばるので置いて来ました」 ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

みんな素敵なお土産だったけど 中でも一番気に入ったのはこれ 


            DSC_0193.jpg


このぶーちゃんは幸せを呼んでくれるらしいよ 

なにはともあれ・・・


            DSC_0199.jpg


PageTop

ういろうの幸せ


みなさんのおかげで既に1500人以上の方が賛同してくれました
目標8000 これからも呼びかけお願い致します♪
このような施設は他にも沢山あると思います
未だにそれらが是正されない現状下、この施設が閉鎖されることによって 他の同類施設も閉鎖されるよう今回のプロジェクトを成功させ、礎にしましょう 

            uodKxmzhtRhmCfK-800x450-noPad.jpg



昨年はスカーレットさまにとって辛苦の年だった 
次から次へと愛子供たちが旅立って・・・(犬と猫です
たまりにたまったお骨をいよいよ納骨するとな・・・
「ゆこちゃんの都合の良い日にお付き合いお願いね」

で行って参りました ザ・納骨

あまりにも広く大きいお墓にびっくり 
更に石屋さんも来ててびっくり 


            お墓2


            お墓1


院長のお墓はこの動物用お墓より小さい 

ロザリオとか今までその子その子が使っていたお宝とかみーんな一緒に納骨

スカーレット
「まだ空間がかなりあるわ 安心した」


            P2015_0430_111013.jpg



納骨の後 美味しいイタリアーンを御馳走になりました 

スカーレットからのメール
休日を潰させてしまいましたが ゆこちゃんと一緒だから涙無くお骨納められた気がします。
沢山並んだお骨壷を見て、本当に賑やかで みんな仲良く私を待っててくれると思ったわ。


そうそう
みんな待っていてくれるんだよね
大切な命が自分の元から去って行ってしまう これはどんなことをしても抗えない自然の摂理
亡くす度に漠然と存在する死への恐怖が薄らいで行く
あたしの場合

メソメソしてなんていられない

最後に看取った大きな大きなラブラドール 優しい侍と書いてゆうま
優侍は動物愛護相談センター多摩支所出身、その先代ラブラドールは個人の放棄
スカーレットのご主人 パパちゃまにとって 犬=ラブラドール 
いや  と言うより ラブラドールでない犬は犬ではござらん と言っても過言ではない状態
優侍が旅立った後、今度迎える子はラブ以外にはありませんって域だった

でもね 大きな子は本当に大変
なのであたしは全く違う子を迎えてもらうように画策してた
候補は ういろう

ういろうは何年も前飼育放棄で多摩支所にいた子
もうね、ずっとずっと狭いケージに押し込められていたもんだから足のあちこち、こんな所に何で?って言うほど沢山タコができていたよ
でも涙が出るほど良い子なの
温和さ希有、なのでCAJAのふれあい犬としてのお仕事を何年も続けて来てくれました>Dちゃんちに居候
学校動物、小学校慰問、老人ホーム慰問 ういちゃん頑張ったよね
ういろうには幸せになって欲しい
もうスカーレットんちの子になれば絶対に至福間違いナッシング 

その旨提案した時のパパちゃまの返事@メール
貴女がそんなに推奨するういろう君も頂きます。でも私にとって犬はラブラドールしか考えられないのです。もし貴女がまた縁づけて下さらなかったら不本意ではありますがお金を出しても手に入れたいと思っています。
勿論スカーレットからは却下ですが

足が短く小さなミニチュアダックスは威風堂々とした(特に優侍はでかかった)ラブは全く以て違う生き物だというパパちゃまの認識
それも判る事は判るんですけどねー

有無も言わさず喪もまだ開けぬうちにういろうをスカーレット宅にお婿入り

パパちゃまのお膝の上から一時も離れずパパちゃまの後を追いかけ、出勤時には淋しいよと鼻を鳴らし、帰宅時には狂喜乱舞  
職業柄いつも厳しい面持ちのパパちゃま お顔がニコニコ緩みっぱなし ステキング
あたしが想像した通り、即座にパパちゃまのハートを射止めたわけであります 

パパちゃまはういろうにこう語りかけているそうです
ういくん、今まで君は色んな所でお仕事をしてきたようだけど、これからはなにもしなくていいんだよ。お父さんの面倒だけみていて下さい

そしてあたしには
「ダックスフンドという犬種はラブラドールにそっくりですね」

・・・・・どこがですか 


最近きたスカーレットからのメール
初トリミング、 カット以外の一通り 炭酸シャンプー オゾンスチーマー 肉球ケア まああ 美しい!
女王陛下の愛玩犬でも通るくらい。
そんなういちゃんを膝に乗せて夕飯したパパは、背中にご飯粒 シバ漬けを落下。
トリミングメニューを見たパパ「お父さんの散髪は四千円なのに…


ういちゃん 良かったね 
本当に良かった
Dちゃんちで有象無象 one of them 状態だったけど 今やひとりっ子(犬では
パパとママの愛情独り占め
この日のために今までがあった そんな感じのういろう
これからも一杯一杯愛してもらいなさい
パパちゃま、スカーレットさま これからも宜敷お願い致し候


            11149473_649756911835997_5846901217224608272_n.jpg



                   051627hyogo2.jpg




PageTop

優侍の飛天


              12_20141209224509820.jpg



優しい侍 優侍 と書いて ゆうま と読む


            120926DSC_2675.jpg


            120926DSC_2684.jpg


ゆうまは今日日ダウンサイジング化した小振りラブとは異なり威風堂々たるラブラドール♂
今から10年以上前にあたしが多摩支所からレスキューした子
詳細はこちらをどうぞ 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-680.html

ラブちゃんを亡くし憔悴するスカーレットに 一時預かりのボランティアしない? って押しつけたのがゆうまだった

ラブちゃんのお話はこちらをどうぞ 

スカーレットの話1~完結編
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-245.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-248.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-253.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-254.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-256.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-258.html
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-260.html

つらつら今思い出す
当初ゆうまは預かり保護犬だった
大人しくて良い子だった先代ラブちゃんと同じ犬種とは到底思えない悪悪ゆうま
そもそも熟考すればスカーレットに預かりのボラなんて出来ようはずもなかったわけでー
数件浮上したオファーを断り続け当時あたしが所属していた団体の代表と大揉めし結局はスカーレット家の一員となったわけにゃーす

昨年耳に肥満細胞腫が出来たのを発端にリンパ転移、この1年闘病の日々を送ってきた
もうダメか もうダメかと思っても復活 
こんだけ大きい子の看病(介護でもある)は本当に大変
スカーレットは頑張りました
抗がん剤、インタードッグありとあらゆる良かれと思われる治療は全てしたし、ビックリする程高額なサプリ、食べるかもしれないという期待を込めて色んなフードおやつを次から次へと手に入れ与え・・ まぁこれぞ犬冥利に尽きるってもんでしょ

「なんだか こうなってやっと私を信頼してくれたような 私の犬になったような感じです。」

ウンチが手についても全然厭わず、寧ろ愛おしむように世話をするスカーレットをみて ああ この人は心底優しい慈愛に満ちた人なんだって再確認したよ
半ば呆れる位手厚い介護 

『ゆうまは世界1 いや 宇宙1 幸せな犬だね』 

あたしが送ったそんなメールの返事は

『私が幸せ者なのよ ゆうまを下さって ゆこちゃんに感謝 家の子になってくれて 沢山幸せにしてくれて ゆうまに有難うと思います。さつき ゆうまに もう頑張らなくていい 私の事は心配いらないからと言い聞かせました。この言葉は父親の臨終の時に言ったのよ。ゆこちゃんがコールに言ったように 潔く逝け とは言わなかったけれどね。凍てつく夜気に月がきれい…おやすみなさい。』

死ぬところを見たくない 子ども達にも見せたくない
平然とそんな理由でセンターに今にも亡くなりそうな老犬を放棄しに来る外道飼い主がちらと脳裏を掠めたよ

あんまり苦しむようだったら とある理由があって入院していた院長が退院してくるから楽に眠らせようと思っていたけどそんな心配をかけず、院長の退院を待ってかのようにゆうまはお空に上りました

ゆうま 
おまえをセンターから出したその日 
嬉しくて発狂してはちゃめちゃに暴れるお前を制しきれずあたしは自分の手の皮がリードで剥けちゃって・・めっちゃ痛かったよ
言うことをきかないおまえを蹴ったりぶったりしちゃったけどゆうま おまえが大好きでした

ありがとう ゆうま
コールも凡もジャイもみーんな待ってくれてたでしょ?
お空からスカーレットとパパちゃまをこれからずっと守っておくれ


            unnamed_20141209224510bc5.jpg


スカーレットにとってこの1年は本当に本当に辛い年だった
よくぞ耐えて乗り越えてくれたと涙出る
自分の命より大事だって聞かさ続けた猫たちがあれよあれよと立て続けに亡くなって・・・挙げ句にゆうままで逝ってしまった
ゆうまの直手うんちもそーだけど、猫の鼻水直吸い見たときは仰け反りもんだった
どんなに好きでもあたしには不可能だってばさ、あれ 


お別れがあるのは必至
でもなにもこんなに沢山のお別れたった1年の内に強いなくてもいーじゃありませんか
神さまあなたは無慈悲です
全国津々浦々、スカーレットファンのみなさま どうぞスカーレットにエールを送ってあげてね 

スカーレット でもでも そーして誰もいなくなっても


                    120926hyogo2.jpg

PageTop

正しい日本語のすすめ

世の中天変地異が次から次へ

竜巻こわひー
どすんの お家が吹っ飛んでいっちまったら・・

記録的ゲリラ豪雨こわひー
どすんの お家が流されちまったら・・

被害に遭われた方達、心よりお見舞い申し上げます
明日は我が身かもだ

それにしてもちょっとすごい雷だったー
ぴかっぴかかーがらがらどっしゃーん
一晩中だもの びっくり
雷嫌いなわんこたち 可哀想に大変だった
雨もかなり降ったし・・・

で前の日に車洗いましたがなにか 

何故洗車かと言えば都内にお出かけだったから
楽しい事ではありませんで顔の病院であります 

まぁいつも通り次回は2ヶ月先ってことで・・・
顔になにかがくっいている感覚がある 痺れている 
その切実な訴え 先生のの答えは
「顔半分の毛細血管が全部寸断されたわけだからね そういった感覚はいつまでも残る可能性はありますよ 雨が降ると痛むとか 違和感あるとか・・」

そっか・・・ずっと残るのか・・・
凡よ 激しく恨みます 

さてその道すがら
尊敬する理事長の某信用金庫に立ち寄り爪の先に火をともすような気持ちで貯めたお金を貯金
案内係の女性、あたしがちょっとお願いごとをしたら振込用紙をメモ代わりに・・・
あたし
「・・・・何でそんな無駄でもったいないことするの?」
その人答えず
メモ用紙代わりにした振込用紙 もう使えないでしょ
大体メモにするものじゃないでしょ 振込用紙

その後に窓口で
その案内係の女性
「手続きが終わるまで お待ちになって頂いてよろしいでしょうか 

思わずあたし
「あなた変な日本語使うね お待ち下さい でいいんじゃないの?」
案内女性
「こういう風に教育されています」

まじか 
まじですか 


それにしても近頃変な日本語が横行していると思ってるのあたしだけ?

『〇〇さまのお宅でよろしかったでしょうか?』
思わず よろしかねーよ って答えたくなる

相づちうつのに
『そうなんですねーーーーーーーーー』
はぁ? そうなんですねって・・・それはあたしの台詞でしょ
それに 聞き苦しいから無意味に語尾伸ばすんじゃない 

ら抜き言葉 なんて当たり前
なんでも よろしかったでしょうか とか よろしいでしょうか とかよろしい がつけば丁寧かってそんなことないでしょ
意味不明
不愉快

かのスカーレットさまもこう仰っています 

わたくし 言葉遣いが人一倍気になるの。
言葉遣いでその人の背景がわかります。今の若い人達って、敬語と同格ごちゃ混ぜ 世の中 こんな変な日本語使っていいのかしらって思うくらい変だわ。
兎に角わたくしには生きにくい世の中ですよ。
ゲームするなら本を読みなさい!テレビは選んで観なさい!学生はちゃんとお勉強なさい!お母さんは子供をしっかり躾け、手をかけ愛情たっぷりのご飯をちゃんと食べさせなさい!
もう言いたいことは沢山だけど・・・ 言わない。
物言えば唇寒し だもの。見ない 聞かない 言わないが平穏です。



            2013-9.jpg
            

スカーレットさま
ご尤もでございます 
あたしの口が悪いのを まぁ! と呆れてるスカーレットだけど、出るところに出たらきちんと話せるから心配しないで
ってだったら最初からそうしろってか・・・w



悪い と言えば・・・このお方 びーだん

各方面から色々親身なご意見を賜り もうこんな状態では自然に帰すこと不可と相成りました 
新しい8つ目だか9つ目だかのプールも新調


            090625DSC_0535.jpg


もうケージの中から解放、どこでも好き勝手な場所に移動 
犬も猫も怖がらないよ

日々顔が超人ハルク化し 態度も好戦的で生意気な わるご になっているピー様


            090625DSC_0519.jpg


こうしてブログアップちうのあたしの足下で思いっきりあちこちつついてます 
痛たいんだよっ あっちいけっ 


                    090625hyogo.jpg


PageTop

失言

今日は日曜日
お天気良くて温かい♪
でも先週の日曜は雨で寒かったよね
そんな中あたしは皇居にいた 

え 
ボランティアの庭掃除  違う
雅楽のご招待を受けたのですよ 雅楽 の
勿論その主はスカーレットさまです

スカーレット
「ゆこちゃん 行きましょう」

あたし
「え? あたし??」

Dちゃん
「私は行きたい」

あたし
「えええええっ??!!」


一般公募が主だったみたいですんごく場違いな人もいたよ
良い席で 椅子が小さくてお尻が・・・ 直ぐ目の前で堪能致しました 睡魔と戦いながら

で初めてお目にかかったスカーレットのお友達はとても素敵なお姉さま
雅楽始まる前の待ち時間が長い間、1列に並んで色んなお喋りしてたわけですがー

あたし
「またどっか一緒に行こう行こう」

スカーレットのお友達Kさん
「来月は1ヶ月フランスなのよ」

あたし
「えー生意気~ 

と口からそんな不遜な言葉が何故出たか今でも判りません
え?!
明らかに目上のそれもスカーレットのお友達に 生意気 とか言いましたね あたし 確かに言っちゃいましたね
あがががが

生意気なのは この あたし です  
ひぃいいいいいいい 

自分で自分の愚かな発言にただただ驚くばかりですぐに訂正も出来ず言い訳も出来ず・・・あうー
後でしっかりお詫びしたけど全然気にせず寛容に対応してもらってホッとしたよ~
どうしちゃったんだ あたし うえーん

Kさんは著名な写真家 お遊びでフランスではなくお仕事ででした うがー
そこでご紹介します
素敵な写真に癒やされて下さい
バナークリックで彼女のHP 素敵な世界が広がります 


            kimizuka san HP


Kおねえさま
その節は大変ご無礼失礼致しました
これからもどうぞ宜しくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます 


            P2013_0421_133152.jpg




え?! と言えば・・・

可愛い子猫を連れてワクチン接種に来院したクライアント

あたし
「アメショーですね?」

飼い主
「いいえ スコティッシュフォールドです」

あたし
「・・・ごめんなさい」

心の声
耳立ってるじゃん
柄も顔つきもアメショーの他の何者でもないじゃん


飼い主
「他の兄弟はみんな耳が折れてたけどこの子だけ立ってて珍しいからこの子にしました」

あたし
「・・・・耳立ってた方が外耳炎とかなりづらいし良かったです あはははは」


                    042825hyogo2.jpg



PageTop