後日談


              10_20171014230222546.jpg



前述、今回の盲導犬の話

やっぱり譲渡したのはアイメイトだった 

真夏炎天下での訓練してるのもここ
ラーメン屋さんの前でフラッと入り口に寄り蹴られてる盲導犬をみたのもここ
フォークで刺されただのへったくれだの皮膚炎を見逃してお涙頂戴大騒ぎしたのもここ
12才までこき使ってボロボロにしてお払い箱にしたのもここ
もう上げたらキリがない程お粗末な団体がここアイメイト 

聞くところによると近々寄付金集めの立派なパーチーを開くそうで、それもあって直ぐに対応したのだろう
一時引き上げたとの知らせを聞いて少しはホッとしたのも束の間
これをみよ  画像クリックで大きくなります

22448307_1129127760557813_7963384090216455537_n.jpg

         
回収 
なんだって 

廃品回収じゃあるまいし、協会自体が犬を物化しているこの紛れもない事実
なんて傲慢なっ  で程度が低すぎる 

平然と 回収 
偉そうに 何が回収じゃっ 

この言葉
盲導犬に対しずっと可哀想な思いをさせて申し訳なかったとかそういった気持ちが全く感じられないのは私だけ 

兎に角最低 ビックリビックリ
不愉快過ぎて毛が逆立ちそう

憤りを感じるのなら 回収 するだけじゃなく 利用者を動物の愛護及び管理に関する法律で告発、書類送検にするぐらい頑張るべき
で 譲渡 ではなく 貸与 にしきちんとアフターフォローをすべき 

回収 意味
一度配った物や使った物などを、また集めること

でこの被害を受けた犬の詳細を明示してほしい
何年苦しい思いをしてきたのだろう
そしてもうお役ご免 普通の犬の生活にもどして欲しい 解放して欲しい

果たしてこのアイメイトという団体
仕事ができなくなった盲導犬たちのフォローきちんとしているんだろうか?

そういえばどこだかのファミレスに罵詈雑言、大騒ぎしてたのの盲導犬もアイメイト譲渡の犬だったみたいね 
言葉なくなる・・・

ああ 1日でも早く使役犬の中から盲導犬がなくなりますように・・・

            x_20161121190248ce6_20170812191149541.jpg


今回虐待されていたこの盲導犬が保護されるにあたり尽力してくれた団体RJAVさんのコラム
以下どうぞご覧下さい 

https://www.facebook.com/RJAV.Net/posts/1895961217084659


特に気になったところ抜粋します

【盲導犬の代替を】
多くの方も感じている事と思いますが、兼ねてからRJAVでは盲導犬の扱いと必要性に疑問を持っていました。代表自ら過去にボランティアの経験で接した複数の盲導犬ユーザーの方から、盲導犬への複雑な本音を聞いています。『盲導犬は仕事中は外に繋いだまま。夜になるまで炎天下、大雨、強風にさらしたまま。職場に入れる事は許可されていないし無理を言えば解雇になるかも知れず仕方ない。』似たような話は数名からお聞きしました。『自転車と同じ。盲導犬を拭くのも面倒だ。』『盲導犬の日々の運動なんて無理。』『できれば盲導犬の世話は一切せずに利用したい。』『自分の事もままならず、疲れて果てて帰宅してからは盲導犬には最低限の事しかできない。』『収入が低く盲導犬への支出が厳しい。』『休日家に居ればやる事があり盲導犬を構っていられない。』『歩かない時は盲導犬の存在が負担となる。』 
一方で盲導犬の関係組織は、当然ですが盲導犬とユーザーの美談のみ発信してきました。
これまで盲導犬の存在は日本の福祉の象徴とされ、人間に忠実な犬、体を張ってユーザーを守り死んだ有能な犬、犬は訓練を自ら楽しんでいる等々。それは利用する側、盲導犬で生活している側の論理でした。1939年日本初の盲導犬の時代は遠く、犬の習性・生理・本能を尊重しペットをわが子とする世代からは否定されつつある概念です。盲導犬をどんどん増やし、視覚障害の方すべてが利用する事が幸せでしょうか。多くのユーザーを抱えながら、それしか選択肢を与えない組織、また盲導犬育成に巨額の補助を続ける国の税金の使い方にも疑問を感じます。少なくとも盲導犬を虐待しているユーザーは、幸せでもなく満足もしていない事は明らかです。一部のユーザーの方たちの盲導犬への「虐待」が社会問題化し、貸与の基準の甘さと盲導犬組織の管理能力が問われています。


PageTop

Sad cruelty


クリックすると 動画 & キャンペーン に飛びます  

          盲導犬


前から前から盲導犬は反対と訴えている
なんだ こいつ 怒りがこみ上げる

一体なにしたっての?
ふざけるなっ 
おまえに盲導犬を付与される資格など皆無

ゲートがなければ盲導犬が線路に落ちても全く不思議のない光景

この一場面
怯えて震えるこの子の姿
このたったひとこまからこの子が常時どんな状態下にいるか一目瞭然

アイメイトは人間
人間でしょ?

どこだかのだれかが
人間のアイメイトを24時間つけられるゆとりのある視覚障がい者なんていない 
とか馬鹿げたことを言ってたけど犬だったら24時間こきつかってもいいんかい 
健常者が一緒だったら出動させるな というあたしの主張には 
どの世界に健常者が一緒だったら弱視の人が眼鏡をかけずにでかけるかって
犬と眼鏡を一緒にするな 
釣られたくなくて無視が1番だと思ってたけどこの記事みて思い出しちった

盲導犬に拘わる税金は決して少額ではござらん
数百万って少額ですか 

盲導犬育成費に巨額の税金を使うよりも、多くの視覚障害者が安全に歩ける街づくり、そして人間のガイドヘルパー確保に資金を投入する方が建設的だし福祉的だと強く考えますが如何でしょう  

数少ない一部の利用者がタダで盲導犬もらえて それも1頭だけじゃなく何頭も
家族の一員だなんて言っておきながら平気で御用済みは返品 

決して需要が供給を上回ることがないという不公平さ 矛盾さ
ボロボロになった御用済みをそれこそ巨額のケアしている友達も怒り絶大だかんね 盲導犬システム 


あたしにとってはごく一部の虐待があるだけで盲導犬廃絶に足る理由充分

頭が大丈夫か(あたしのね)とか知識がなくて愚か だとか よくぞ言ってくれました 笑止


                 1126hyogo.jpg


PageTop

阿波踊り


盲導犬と楽しもう 阿波踊り
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/asahi/nation/ASK896WY8K89PUTB00K

をぃ・・・・

この殺人的な猛暑、大音響+雑踏の中
暑さに弱い犬を、何時間も人間の勝手に付き合わせるのがそんなに楽しいかっ

踊る阿呆も見る阿呆・・・・・アフォは人間だけにしてくれ


               x_20161121190248ce6_20170812191149541.jpg


PageTop

盲導犬ヴァルデス非業の死


http://buzzmag.jp/archives/38899

また悲惨な事故が起きた
後方注意の音を消している?トラックに轢かれて可哀想に死んでしまった盲導犬
視覚障がい者も亡くなったそうだけどね

こんな事故
人間のアイメイトだったら起こらなかったでしょ

まず驚いたのが10歳まで働かせているという事実
大型犬の10歳は小型犬でいう12~3才の高齢犬
大体一昔前までは7~8歳が寿命だったんだからね
耳も目も衰え歩くのさえ多分大変なのが大型犬の10才だよ

犬としての色んな自由を奪われただただ視覚障がい者のため働かされ
そんな酷使から解放されることもなく挙げ句にこれか

何だと思ってるの この子たちのこと 

こういう悲劇を恥ずかしげもなくピカピカの美談に祭り上げるstupidな人間たち 
んで 泣ける とか 偉いね とか まんま受け止めて騒ぐギャラリーたち
どう考えたっておかしいだろー
どうして気がつかないの 

何度でも言う
この事故は美談でもなんでもない
人間のアイメイトだったら絶対に起こりえない事故 断言する

人間ができることは人間がするべき

盲導犬は偉くなんかない
  
無報酬で死ぬ一歩手前までこき使われる奴隷と同じ
人間が勝手に作ったすりこみからみなさんどうか目を覚まして 


            x_20161121190248ce6.jpg


PageTop

盲導犬ピエール



               F1010152.jpg
 

僕の名前はピエール
某団体卒業ラブラドールだよ

僕の2番目のパパとママ 今のパパとママはね 
ずっと大きな保護わんこを待っていたんだって
でもCAJAの会には大型わんこの募集がなくてそれで僕 迎えてもらえたんだ

動物病院に連れて行ってもらったよ
生きているのが不思議なくらい痩せていて身体のあちこちに大きなタコ
栄養状態が悪くて毛並みはボソボソ 
その上心臓が驚く程悪かったんだって
心臓の薬は必須で最初から1番重篤な患者に出す薬になったんだ
でもとっても楽になったよ
すごーく高い薬なんだって
パパママごめんなさい

歯がボロボロで歯槽膿漏も酷くて 
でも麻酔なんてかけたらそのまま死んじゃうから処置はできないってずっと歯槽膿漏の薬も飲んでます

僕を診てくれた先生が怒ってた

「利用するだけ利用した挙げ句、こんなにボロボロにしてお払い箱か 
一体何なんだ  酷いじゃないかっ 
もっと早くリタイアさせるべきだし、大事にケアするのが当たり前だろうに・・・」



もう忘れてしまいそうな程前だけど僕にも優しいパパとママがいたんだよ
僕を産んでくれたママとはたった3ヶ月も一緒にいなかったから忘れちゃったけど、その後まだ子供だった僕を育ててくれた彼らの事は覚えています
ここが僕の家だってずっと思ってた

だけどね 違ったんだ
お別れの日、パパとママは泣きながら僕に 
頑張れよ 良い子でいろよ 立派になれよ 
って言ったよ

僕頑張った
でもね それから先の事はもう思い出したくないんだ
辛い? 苦しい?
うんとね なんて説明したらいいのか判らない

僕は笑うことをやめたんだ

長かったな
とっても長かった
狭くて汚いクレートが僕の大半いた場所だ

いっつもお腹が空いてたよ
でもそれが普通なんだって思ってた

思う様にならないと僕に当たり散らすご主人様
僕はいつもドキドキしてた

仕事のある日はご飯もお水ももらえないんだ
暑いときは本当に苦しかったよ

走ったらいけない 吠えてもいけない
やってはいけないことが沢山沢山ありすぎて・・・

本当は思いっきり走りたかった
季節の匂いを身体全体で嗅ぎ取って思うままに遊びたかった
でも僕はずっとじっと我慢したよ

そう
11才になるまでずっとずっとずうううっと我慢し続けたんだ

こんな風に身体を小さくして寝る癖がなかなかぬけなかったけど・・・


            20140921090415_20161005172333a4e.jpg


            F1010127.jpg


足を思いっきり伸ばして寝るのって気持ちがいいね


            F1010197.jpg


旅行にも連れていってもらったんだよ
僕どうしたらいいのかわからなくなっちゃったんだけど・・・
とってもとっても楽しかった 


               F1010150.jpg


甘えるのは本当に心地よいんだ
温かくて優しくてホッとするんだ
ドキドキなんてしなくていいってこんなに楽なんだね


            F1010130.jpg


今僕はとっても幸せです

くちゃいお口でキスしても全然嫌がらないパパとママ
いつも優しく抱きしめてくれるパパとママ

夜寝てるとき たまに思い出して夢をみちゃうけど目を開けるといつもパパとママが側にいてくれる
どうしたの  って僕を撫でてくれるんだ

僕はパパとママが大好きです

いつまでこうしていられるか判らない
多分僕に残された時間はあとちょっとしかないんだと思うけど・・
でもね 
僕は本当に本当に今とっても幸せです


現オーナーのT夫妻から・・・

「足のパッドが 季節 時間を問わない歩きで ヘチマ状態・・なので今は 散歩の時、靴下を履いています。
レトリバーなのにボールをくわえることもできず、遊ぼうともせず、湖に連れて行っても飛び込んで泳ごうとしないピエール・・・
でも、亡くなったムックが嫌がって一度も着たことがないレインコートは すんなり着てくれました。
爺さん2人お昼寝写真見て下さいね!」



            F1010141.jpg

               F1010136.jpg


ピエールが来たときの記事はこちらでどうぞ 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-1319.html

人間ができる事は人間がやる 
これ当たり前のことでしょ 

もし人間より犬の方がアイメイトに適しているという具体的な例があったら教えてくれ
それは人間のbenefit を優先考慮したものではなく、animal welfare に健全と則った理由でなければならぬ


                      060728hyogo_20161005192703f4e.jpg


PageTop