FC2ブログ

車と点検と写経


あたしが今乗っている車はもう7年目?8年目??
前の車もその前の車もその又前の車も一応全部新車購入なんだけど買ってすぐぶつけたりこすったり・・・
何台目だったかな 買ってすぐ致命的な事故
院長にみつかると何を言われるか判らないから気が付かれる前に直してくれと後輩に頼んだんだけど
「先輩 無理 これ 足回りまでいってるから 絶対に無理」

でもね この多分もう最後になるだろう今の車は1度もぶつけてもいないしこすってもいない あたしは
でもね 院長が・・・それも何度も・・・
先月末くらいのこと 今回は院長が運転していて縁石に乗り上げる
ガリッ というオーマイガッの金属音
思わず ぎゃっ とあたし
普通こーいうシチュエーションのときは あ!ごめん だよね
それが間髪を入れず
「しょーがないだろう わしの車と車幅感覚がうんだらこーだら☓◎▲ぎゃんぎゃんぎゃん」
なんだよそれ

昨日は半年点検
購入時もっと近いディーラーが良いのにずっとうちの車担当友達が(多分自分のメリットなんでね?)かなり遠いディーラーだったわけで、購入条件が点検とか車検は絶対に引き取りに来ること だったのに数回で反故
往復3時間以上、待たされる時間1時間以上 たまんなかったんだけどなんちゃら統合で近くのディーラーに晴れて変われた!
で・・・家族連れも待機部屋で待ってたんだけど
今の親ってあれはなんだ!!両親とも終始スマホに釘付け ガキ2匹はそこいらわいわいウロウロうざ過ぎ
挙げ句に飲みたい放題食べたい放題机の上ひっちらかして片付けもせず去る
不愉快千万 どんな大人になるんだろうね あれ
あたしの近くに来たら足でも引っ掛けてやろうと思ったけど来なかった(きっと顔が怖かったんだな)

ああ それにしても待ち時間70分 長い 
ガキじゃないけどジっと耐え待つのが辛すってスカーレットに(チャット)

スカーレット
「まぁ待っている間ワタクシにしてくれたみたいに般若心経写経して担当の人にさしあげなさいきっと有り難くてひれ伏すわよ!

まじか なので履行したら営業の人、ひれ伏さず鳩豆になっていましたとさ
間違えてないかな 謎w いや ど真ん中間違えてるって 


     IMG_7842.jpg


でなんか帰る時誘導してくれるおじさん、バックミラーに豆より小さくなるまでずっと出口で頭下げてるのあれって信号待ちになっちゃってもずっとなわけで キャーって焦って1秒でも早く姿を消したくなるからやめてもらいたいw

あ・・・思い出した
自分ちの駐車場にて院長が自分の車を出す時あたしの車にぶつけた時のこと
急いで往診に出かけたときなんだけど後で良いのに思いっきりすごい勢いで戻ってきて・・・

「わし、今車ぶつけたけどわしの車は直しに出すけどあなたの車は直さないからなっ!!ぎゃんぎゃん」

なっなにそれ??
後で白いマーカーでぶつけたとこ塗ってくれてたけどね・・・


             をいっ

PageTop

インコ?それともオウム?

ちょっとさ サボりすぎじゃないの? ってお怒りのあなたも
砕けた心、少しは元に戻りつつある? って心配してくれているあなたも
久しぶりのアップです よろちこ♪

で・・・月日が経つのが早すぎる
もう7月だよー
はてさて この御方 只今帝国ホテルにご滞在中 


     WS000000_20200701102400e6f.jpg


いいえ これと言って文句はないが 深煎りアーモンドもピスタチオも南部せんべいも大好きだよね

以前のお話↓
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-1401.html

この飼い主さん ついに施設にお入りになる
配偶者が面倒を見ていたけど突然今回鬼籍入に・・・

どーすんのよ 号泣 
ということで幅広く現在受け入れ先を探しているところ 

まぁね もう300年のお付き合いだから彼女の幸せを猛烈に望んでいるわけ
だから全然知らないところに出すのも躊躇かな
どなたか知人関連で希望者いたら何卒よろしくお願い致しまする 

んで なんかさ こんなのも来るし


     fuku_20200701102358255.jpg


かなーり前に 薬依頼のFAXの宛名
◎☓動物園 さま になっていて 
ちっちっ違―う
って憤慨したけど
強ち遠からず近からずじゃね?

ただただ


          虚悲しい


ここ大事  必ず読んでね 
昨日掲載された小出先生の記事です

なんかみんな忘れてるんだよね
コロナなんかよりあたしはあの事故以来ずうううっっと少しも良くならない状況、放射能のほうが段違い平行棒に恐ろしいし大問題だと思っているよ

https://www.tokyo-np.co.jp/article/38847?fbclid=IwAR1rj5F0QuPVYfD5veiH6XmO_a8BNVhn0zHB6p05WaKp_IW1FXrZoPF3kq4

つづきを表示

PageTop

猫の十戒


以前犬の十戒をアップしてみた
読み人知らずの英語 自分なりに勝手に訳して・・・
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-249.html

なんか犬の十戒は悲しい
だから猫の十戒を作ってみた 笑
これは 猫と (特に言うことを聞かない猫らしい猫) 暮らしたことのある人だったら笑えると思うw


どうぞ ご覧あれ


     キャネット

1
あたしの一生は結構長いわ 覚悟してね
なるべく1人でいたいのよ 1人が好きなの ここ肝心
ベタベタしたいんだったら犬族にしたほうがいい  あたしを迎える前に考えるべきね

2
あたしには何も期待しないこと あたしもあなたに期待はしない やることやってくれたらそれでオケ

3
あたしのしたいようにさせること それだけであたしは幸せよ 

4
思い通りにならないあたしのこと叱ったりお仕置きなんて論外よ
あなたには仕事も友達も他に楽しいことが沢山あるでしょ あたしだけだなんて愛情の押し売りはやめてちょうだい

5
話しかけてもいいけどしつこいのはお断り
そうねーあなたの話す言葉は判らないけどあたしがしてほしいことの猫語はちゃんと理解すること

6
嬉しかったことはその場で忘れるけど嫌なことされたら絶対忘れない ちゃんとお返しするからね

7
嫌なことは一切いや 我慢なんかしてやらない 結構思いっきり咬みつくしオマケにキックもあるわ
そう だから体罰は絶対にしないこと 後悔するのは あ な た

8
あたしのこと頭が悪いなんて決めつけないで まして犬よりバカだとか
あたしは自分のためにしか自分の知恵を働かせない 犬とは違うの 判ってね
あなたの機嫌の良し悪しなんてどーでもいいのあたしには 

9
いくらあたしが長生きしても化け猫じゃああるまいしあなたより長くは生きられないの
あたしの旅立ちを見届ける大役を授けてあげる

10
あたしが虹の橋を渡るまで側にいなさい 特別に文句を言わずモフらせるわよ
辛いから見ていられない とか あなたがいないところで死んで とか そんな勝手は許しません

ほんとはね あなたが大好き 愛しているの あたしの次になんだけどね


注 FBにアップしたのとちと違いますw


PageTop

あべのますく のおかげさま

今日はドコモから配信されてくるニュースが面白かったので紹介するね 
筆者は石原壮一郎氏

 * * *
「おかげさま」という言葉は、もっとも美しい日本語のひとつ。具体的な行為や相手に感謝を伝えるときにも、神仏など目に見えない力に漠然と感謝するときにも使えます。いろんな場面でサラッと「おかげさまで」と口にできるかどうかが、一人前の大人か否かの境目といっても過言ではありません。

 長引くコロナウイルスとの戦いによって、経済もひとりひとりの心身も激しく疲弊しています。誰もが怒りやイライラの感情に支配され、世の中全体がギスギスした雰囲気に包まれている今だからこそ、大切にしたいのが「おかげさま」の気持ち。

 コロナ禍における政府の対策でもっとも評判が悪かったのは、全世帯に2枚ずつ配布するとした布製マスク、通称アベノマスクではないでしょうか。最初に話を聞いたときには、多くの人が激しく意表を突かれてひっくり返りました。

 安倍首相が配布を表明したのは4月1日。厚生労働省のHPによると、50日ぐらい経った5月21日現在、配布が始まっているのは13都道府県のみ。あとは「準備中」となっています。ウチにもまだ届いていません。そうこうしているうちにドラッグストアなど店頭にも、まあまあ妥当な値段で高性能のマスクが並び始めました。

 アベノマスクに関するあれやこれやに対して、批判したり嘲笑したりするのは簡単です。しかし、もうこれ以上マイナスの感情は抱きたくはありません。困難を承知で、美しく清々しい「おかげさま」という言葉と、トホホの極致であるアベノマスクを結び付けてみましょう。これも、大人としてひと皮むけるための修行です。

「アベノマスクのおかげさま」と言える10の気づき

① 大ブーイングを受けるのは明らかなのに、誰も「やめたほうがいい」と言えなかった。そのことで官邸が絶望的に感覚がズレていて、自浄能力がないことを教えてくれた

② それでも無理やりな理屈で擁護する声がネット上に散見されたことから、人の価値観はさまざまだなあという思いや、ネットの裏に広がる闇のようなものを感じさせてくれた

③ あれに466億円だか90億円だか、いずれにせよ巨額の税金を使い、さらに検品に8億円もかけるらしい。それを聞いて、政府は計算が苦手だということがよくわかった

④ いつまでたっても配布できないことで、たぶん優秀なんだろうと思っていた日本のお役所のシステムが、じつはけっこうポンコツだということを教えてくれた

⑤ 巨額の契約なのに何だか不透明だったり不良品があまりに多かったり、どんな時でもお金儲けが上手なひとがいて、お役人はそういう人に騙されやすいことがわかった

⑥ 閣僚のみなさんは、ほとんどアベノマスクを着けていない。もしかしたら安倍首相は、想像以上に人望がなくて尊敬もされていないんじゃないかと心配な気持ちになった

⑦ 布マスクは、ウイルスの感染には効果が薄いとされている。それを政府が推奨したことで、日本人たるもの重視すべきは「世間の目」であるとあらためて認識させてもらった

⑧ 店頭にマスクが並び始めて値段も下がったのはこの政策の成果だと言い張っている姿を見て、政治家という人たちがいかに臆面もなく自己を正当化をするかがわかった

⑨ 多少は配布されているはずの東京都でも、これを着けて歩いている人は見たことがない。日本人の美意識や恥の感覚はまだまだ捨てたもんじゃないと感じさせてくれた

⑩ あのタイプのマスクを久しぶりに見て、小学校の頃の給食当番を思い出し、甘酸っぱい気持ちにさせてくれた。実際に付けたら、もっとありありと思い出すかもしれない

 ああ、こんなにたくさんの気づきを与えてくれていたなんて。もしかしたら、極端にダサいマスクにしたのも、不良品がたくさん混じっていたのも、製造に至る過程や配布がグダグダなのも、こうした恩恵を国民に与えようという深慮遠謀があったのかもしれません。

 確実に言えるのは、まさにアベノマスクのおかげさまで、国民全体の危機感(黙って政府の言うことを聞いていたらとんでもないことになる)は高まりました。多くの人が不自由な自粛生活に耐えて、今のところ新しい感染者が減っているのも、多くの批判を受けて政府が一律10万円給付を決めたのも、アベノマスクのおかげさまです。

 アベノマスクというでかい石ころから広まった波紋は、どんどん大きな波となっていきました。検察庁法改正案の今国会成立が見送りになったのも、驚きの展開で黒川検事長が辞職することになったのも、広い意味ではアベノマスクのおかげさまと言ってもいいでしょう。

 ありがとう、アベノマスク! やがて届いたら、静かに手を合わせ、複雑な感情を抱きつつ、あらためていろんな意味で「ここで気を緩めてはいけない」と自分に言い聞かせたいと思います。

PageTop

その㉓ 完


公開論議における総括Ⅲ ㉓
http://www.go.tvm.ne.jp/~koide/Hiroaki/remark/sotensya/Q-No23.pdf

回答㉓
前回の私からの回答(6 月 25 日付)で、私は「前回も明白にお断りしたことですが、石川さんと私の双方が認める「不毛の議論」のために、私の時間をこれ以上使うことはお断りします」と書きました。その文章に続けて私は「石川さんが日本語を理解できることを願います」と書こうとしたのですが、これだけはっきり書いているし、余計なことを書くのは余りに失礼だと思い、やめにしました。しかし、どうしたことか石川さんから7月3日付「公開論議における総括Ⅲ」なるものが届きました。再度書いておきますが、「何故、不毛の論争を繰り返す愚を理解されないのか不思議でなりません」と書かれてきたのは石川さんです。余りに馬鹿げた作業に時間を使うことはお互いにとって無益です。石川さんとの不毛の議論のために私の時間を使うつもりがないと書くのはこれで三度目ですが、日本には「仏の顔も三度まで」、「三度目の正直」という諺があります。何故、石川さんの議論が不毛か、いくら書いても石川さんには理解する気がないようですが、最後にもう一度だけ書いておきます。

石川さんは今回の文書でも、例によって「愚痴」「自己陶酔型の論調」「綺麗な風船」「環状論」とレッテル張りに終始するだけで、私の主張自体には反論しないまま、ただただ具体策、具体策というだけです。すでに今回のやりとりで23回目になりましたが、原子力は資源的に貧弱であること、その様なものに夢を掛けたことが間違いであること、高速増殖炉は実現しないし、プルトニウムには手を染めるべきでないことを私はデータを付けて示しました。また、今後は何よりもエネルギー消費を減らすことが大切であること、そして、長期的には太陽エネルギーに依存するしかないことを、それぞれデータを付けて示して来ました。

さらに、電力供給という意味では原子力から即刻撤退することも可能であることを、これまたデータを付けて示しました。前回の石川さんの文書には、「この程度のことは、責任を有する人々、そのすべてが承知していることです」とありましたが、本当にそのことが理解できているならば、「原子力立国計画」など廃止して、一刻も早く原子力から撤退する政策立案作業に入るべきなのです。そうできるなら、後は、石川さんも言うように、具体的にどのような代替燃料の手当をするか、どのようにエネルギー消費量を減らしていくか、どのような発電設備を今後、建設していくかという立案作業があるのです。そのためには、ドイツでもスウェーデンでもそうしているように、多様な組織、個人が集まり、一つずつ問題を解決していく作業が必要なのです。

しかし、石川さんが「国の政策を決定する際、『その時々の権力者が中心となるのは世の常であり、万国共通』といっても過言でありません」(2007 年2月 8 日付、1 頁)と書いてきたように、現在の日本の国は、原子力の周辺に群がって利益を得てきた人たちだけで政策を作ってしまいます。そのため、先日の東洋町も含め、原子力施設を押しつけられた多くの人々が苦難に喘いできました。石川さんが「日本は民主国家であり、独裁国家ではありません」(12 月 20 日付)と書いてきたように、こうした政策立案作業は特定の個人がするのではありません。すでに何度も書いたように、多くの利害関係者が集まって一歩一歩作っていくべきものです。政策立案作業に関わっていない石川さんと私が議論することなど元々意味がありませんし、そんな議論をするために私の時間を使うつもりはないと何度もはっきりと書いています。ただし、どのような検討が必要になるかについては「2010 年日本エネルギー計画」も示して、石川さんにも勉強をお勧めしました。それに対しては、石川さんは無視しただけで、いつまでたってもオウムのように具体策・具体策と言うだけです。そんなに具体策がお好きなら「安倍イニシアチブ」の具体策をこそ問うべきだとお勧めしましたが、自分の不都合なことは石川さんは無視してしまいます。もっとも、私は石川さんが何をしようと興味がない旨表明してきましたし、今でもそうです。石川さんはお好きなようにおやり下さい。ただし、石川さんの求めるような議論は誰にとっても不毛ですから、誰も石川さんの相手などしないでしょう。そうすれば石川さんは自分の思いこみだけを繰り返し、相手に対して悪口雑言を浴びせるわけですから、誰だって石川さんを嫌います。NUMO すら石川さんを嫌っているとのことで、そうだろうと納得できます。私も石川さんの不毛な議論の相手をするために私の時間を使うことはお断りします。

何度も書いてきたように、私は愚かな国の政策に苦しめられてきた人たちに寄り添えるように、私の時間を使います。 以下には、今回の文書で石川さんが書かれていることに対してお答えします。

石川さんは「小出さんは以前、風力発電も「提要エネルギー」と述べられ、「太陽光発電や風力発電の一斉停止はない」と断言されましたが、私に一斉停止の事実やその可能性を指摘され、さぞ驚愕されたことでしょう」とあり、余りの馬鹿らしさ「驚愕」しました。この件もすでにきちんとお答えしたとおりです。「石川さんは東通村の風車が倒れた時に、『ウィンドファームにあるほかの24基の風車すべての運転を取りやめている』と書いてきましたが、これもまた些末な事実を棒大に誇張しているだけです。六ヶ所の風車が倒壊したからといって米国の風車が影響を受けるようなことなどありません」(2007 年 2 月 13 日付 2 頁)。

また、風車の風切音が周辺住民に苦痛を与えることがあることは周知のことです。したがって、風車の建設にもきちんとした環境影響評価が必要です。

石川さんの今回の文書には「小出さん、東京電力ワシントン事務所が『原子力 eye』に真面な意見を書いたからなんだと言うのですか」とあり、石川さんはとことん人の主張を理解する気がないのだと改めて分かりました。私が前回の回答でそのことに触れたのは、石川さんが「日本(先進国)は民主国家であり、国民に対し、抑制社会への移行を強要することはできません。貴方には、そういった民主社会の仕組みが理解できないのでしょうか」と書いてきたことに対する回答です。チェイニー副大統領が米国民に抑制社会への移行を強要できないとの理由で、エネルギー浪費を加速する政策をとったのです。それに対して東京電力ワシントン事務所すらが、そのようなエネルギー政策は不当だと言っているのです。せめてこの位のことは理解してください。

高レベル放射性廃物を都会におくことについては、石川さんは「搬入港から電力本社ビルまでの輸送方法など・・・」と書き、私の提案に対して「感情的な愚論」とこれまたレッテルを貼って済ませてしまいます。私は高レベル放射性廃物の安全な保管方法を知らないと何度も書いています。であるからこそ、そのような廃物を生む行為、原子力発電をまずやめるべきだと主張しているのです。都会であろうと過疎地であろうと、港に荷揚げし、それを輸送することにはもちろん危険が伴います。しかし、過疎地の住民にはその危険を押しつけてもよくて、都会の住民にはいけないという論理に私は与しません。さらに、都会の人たちにこの問題を知らせてこなかった国のやり方が汚いと主張しています。石川さんは「私たち国民一人ひとりに課された問題である」と書いていますので、結構なことです。エネルギーをふんだんに使ってきた都会の人々をこそ、この問題に向き合わせ、どうすればいいか考えさせるべきと私は思います。

最後に、石川さんは「質されれば答える、と述べながら、『原子力安全・保安院の分離独立』問題に対する小出論は記されておらず」と愚痴を書いていますが、もともと私は「質されれば答える」などと一度も言っていません。前回の私からの回答に「自分の発言には責任を持つつもりですので、私の発言に対するご質問であれば、それがどなたからのものであれ必ずお答えします」と書いたとおりです。「原子力安全・保安院の分離独立」問題など瑣末なことだと私は思ってきましたし、発言したこともありません。当然石川さんと議論したいとも思いません。そんな議論をしたければ、石川さんが別の相手を探せばいいだけです。

前回の回答に私は「私の周りの多くの友人・知人が、石川さんなど相手にしないよう私に忠告してきてくれましたし、今でもそう忠告してくれます」と書きました。それに対して石川さんは「小出さん、貴方自身でここまで述べてもまだ己の未熟さに気づきませんか。常識ある読者の多くが気づいていますよ。貴方の周りにいる多くの友人・知人ですら以前から気づいているのです。故に、議論を中止するよう忠告されたのです」と書かれてきて、ここでまた私は噴き出しました。石川さんが言う「常識ある読者」がどのような人かもちろん私は知りません。しかし、私の文章をここまでねじ曲げて読むのは、いかにも石川さんらしいと言うべきなのでしょうか? 改めて付け加える必要など全くないことですが、私の友人・知人たちが私に石川さんとの議論をやめるよう忠告してくれた理由は、石川さんの議論が余りにも不毛であるからです。そんな議論に時間を費やすことが余りにももったいないと心配してくれるからです。何度も書いてきたように私自身もそう思います。ただし私は、石川さんの議論がどうして不毛かを明示することで、石川さんの厄災が他の人たちに及ばないようにしたいと思いました。そのため、すでに 23 回ものやりとりをしてきましたが、私からこれ以上書くことはまったくありません。今回の回答の冒頭に書きましたように、私から石川さんへの回答は今回で最後にします。仮に、梱包がお好きな石川さんが配達記録を付けて文書を送ってこられたとしても、これ以上お相手しないことを明言しておきます。後はお好きな相手を探して、お好きなようにおやり下さい。せめて、石川さんに日本語の読解力があることを願います。     以上




仏の顔3度まで・・・いや こんな失礼な人に対して小出先生は3度どころか数えられぬほど寛容だった
お疲れさまでした というのが正直気持ち
質問者のあまりにもあまりを読んでいるだけでムカムカを抑えられずにいても小出先生の回答を拝見すればすっっーとそのムカムカが治まるのが不思議

ご苦労さまでした? にゃんだって? この厚顔無恥さはメガトンアベ級 
で許せることと許せないことがこの世の中にはある
小出先生と質問者が似ているだって? 鏡に写った姿だって? ざけたことを言うんじゃねええええええっ
貴様のような品がないことと崇高なことの区別もつかない野郎に金輪際 小出先生に関わって欲しくないのは言うまでもなく あんたの乗っている妄想列車はもう宇宙の果に飛んでいってくれって感じです
なんか本当に こんな人がいるんだなっていう初めての経験
あたしのまわりにはいなくて良かったバレッタカルカッタ 
でもたまに というか結構大笑いしてしまった事実も否みません

笑う ということは本当に素晴らしいことだというのは以前ご紹介した
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-1557.html
質を問わず 笑う ということが良いことだと言うのだったらかなり笑わせてもらったわけね

質問者がどんな得意顔をして次から次へこんな妄想持論を展開していたんだろうかと見たい衝動に多々駆られたとも言っておきます
この レッテルこうがん質問者(睾丸でも抗癌でも紅顔でもない厚顔だよ)の無知さ加減と小出先生の素敵な為人が更に深まった議論?展開はここで本当にお終い
長々一緒に怒って呆れてくれて 更に原子力が如何に不必要で諸悪の根源なのかの理解を深めてくれた数少ない3K読者に感謝

最後に 小出先生の回答を、読みやすいように勝手に段落を変えました 原文はこちらから ↓
http://www.go.tvm.ne.jp/~koide/Hiroaki/remark/sotensya.htm


                            3hyogo23.jpg



PageTop